日本 日立製作所に関するニュース

「新エネルギー革命」実現のために日本の政治がすべきこと

週プレNEWS / 2013年06月27日18時00分

これだけ好材料がそろえば、日本のエネルギー問題の未来はバラ色だと期待せずにはいられない。 しかし、日本にバラ色の未来が訪れるのは、あくまで“条件付き”だと言っておかなければならない。 エネルギー問題は非常にスケールが大きいテーマだ。尖閣諸島付近の海域にガス田があると判明した途端、中国が領有権を主張し始め、今に至っても両国の関係が改善しない原因であり続けてい [全文を読む]

国際化時代におけるMBA, DBAの実践的応用セミナーを開催

DreamNews / 2017年03月08日17時00分

サブタイトル:「国際的MBAホルダーでなければ、会議すら呼ばれない時代に!」 3月25日 (土)に東京・銀座で午後1時~4時まで開催【30名限定無料参加】■ 開催趣旨 株式会社ログワークス(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-13-18 オフィスコート代々木 A2、代表取締役:河田容英)は、「間違いだらけのMBA氾濫時代」に、如何にMBAを効果的に運用するか? [全文を読む]

投資も就職も「知名度の高い会社は安全」なのか?

Forbes JAPAN / 2017年06月03日17時00分

東京の丸の内や大手町は日本を代表するビジネス街である。それらを含む千代田区・中央区にどのくらいの数の上場企業があるだろうか。答えは「599社」。日本全体の上場企業は約3600社なので、なんとたった2つの区の中に全体の17%もの上場企業が存在している。それも、日本を代表する会社ばかり。多くの人は、これらの企業が地方の企業を陵駕しているイメージを持っている。こ [全文を読む]

日本のASEAN戦略、「連結性」を重視 タイでは中国と鉄道建設レース

NewSphere / 2015年03月11日11時56分

日本が最近、ASEAN(東南アジア諸国連合)との関係強化に熱心だと、現地メディアや欧米メディアが報じている。最近では、三菱商事とマレーシアの大手金融機関が、ASEAN諸国を対象にした投資ファンドを設立した(マレーシア紙『THE STAR』)。英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は、タイを舞台にした日本と中国の鉄道開発レースを取り上げている。 また、外務省は [全文を読む]

2017年は、大規模投資と減税の「トランプ経済」でお金を増やせ!

プレジデントオンライン / 2017年02月22日09時15分

日本経済は基本的に米国経済に依存しているので、このシナリオが続けば製造業を中心に業績の伸びが期待できる。ただ、製造業はもはや輸出中心の業態ではないため、米国で得られた利益は日本にはあまり還元されない。内需の伸びは外需に比べていまひとつとなる可能性が高い。リスク要因としては、期待先行で市場が過剰反応していないか、政策が実行されない可能性はどの程度か、保護主 [全文を読む]

台湾の脱原発は自滅行為?中国人が語る「原発全廃論」の弊害

デイリーニュースオンライン / 2016年10月28日15時05分

この政策を決定した理由は、日本の東日本大震災時の福島第一原発の事故を受け、国内で原発の危険性を訴える世論が高まったためで、今後の台湾は太陽光や風力など再生可能エネルギー発電の割合を20%まで引き上げる予定です。 ■原発全廃は無謀な計画 現在、世界中で唱えられる「反原発論」に追従した感のある今回の台湾の政策ですが、課題は山積みです。現在、台湾国内では3基の原 [全文を読む]

シリコンバレーにも影響を与えた「トヨタの働き方」

Forbes JAPAN / 2016年03月13日16時01分

壇上で、日本から招かれた『「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論』(講談社現代新書)の著者、酒井崇男がこう言ったからだ。「愛知県豊田市には国道248号線という道路が走っています。国道の東側にはトヨタ自動車の本社と開発部門があり、西側にトヨタの工場があります。世界的に有名なのは、 “トヨタ生産方式”が行われている西側です。しかし、トヨタの利益の [全文を読む]

日立とABB、国内向け高圧直流送電事業に関する合弁会社設立について正式契約を締結

JCN Newswire / 2015年06月15日16時17分

日立の持つ営業ネットワークやプロジェクトマネジメントでの知見、品質保証プロセスと、ABBの持つ最先端のHVDC技術、システムインテグレーション能力を結集し、日本の電力広域連系に貢献していきます。日立とABBによるこの戦略的パートナーシップは、日本の電力システム改革に貢献するものであり、両社はさらに関係を強化し、協業の範囲を拡げることを検討していきます。日立 [全文を読む]

日立の年功序列廃止、日本の人事制度に与えるインパクト

JIJICO / 2014年10月08日15時00分

ソニーも追随?今後、成果主義が企業の主流に? 日立製作所という日本を代表する企業が、日本の人事制度の大きな特徴の一つである年功序列制度を廃止するという発表は、非常に大きなインパクトがあります。実際、ソニーなどもこれに追随する動きがあります。処遇の判断基準を業務内容とすることは非常に明確です。グローバル化が進む中、年功序列制度の廃止を考える企業は今後増える [全文を読む]

日本の家電メーカーが韓国・中国企業に勝てない理由

NEWSポストセブン / 2016年07月06日16時00分

かつて日本製の家電といえば、世界で愛用されたものだった。ところが、今や日本の家電メーカーはどこも業績不振にあえいでいる。経営コンサルタントの大前研一氏が、なぜ日本の家電メーカーが凋落したのかについて解説する。 * * * 日本の家電メーカーの凋落が止まらない。台湾の鴻海(ホンハイ)「精密工業に買収されたシャープは人材流出が続き、不正会計問題で巨大損失を出し [全文を読む]

日立と日本アキュレイ、「日立高精度放射線治療研修センター」を開設

JCN Newswire / 2015年09月02日16時41分

高精度放射線治療のサポート体制のさらなる拡充と、放射線治療システム事業の強化・拡大をめざすTOKYO, Sept 2, 2015 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原敏昭/以下、日立)と日本アキュレイ株式会社(代表取締役社長:穂積重紀/以下、日本アキュレイ)は、放射線治療システム「トモセラピーシステム(以下、本 [全文を読む]

日立・iPS研・大日本住友、ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病の再生医療実用化に向け共同研究を着手

JCN Newswire / 2015年07月24日15時56分

TOKYO, July 24, 2015 - (JCN Newswire) - 大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世、以下「大日本住友製薬」)、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所(所在地:京都市、所長:山中 伸弥、以下「京都大学」)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、社長:東原 敏昭、以下「日立製作所」)の3者は、経済産業省およ [全文を読む]

Skeed(スキード)、レッドハット株式会社 会長 廣川 裕司 氏 を社外取締役に招聘

DreamNews / 2015年07月01日16時00分

廣川氏は日立製作所入社後、各種マネジメント経験を経て、日立データシステムズ設立に参画、その後サン・マイクロシステムズ執行役員、日本BEAシステムズ代表取締役などを歴任、2008年のレッドハット代表取締役社長就任後は、長期に渡りビジネスに貢献し、日本市場において事業を拡大してきました。 廣川氏の社外取締役就任により、Skeedは独自の技術を更に洗練・拡張し [全文を読む]

日立ソリューションズ、ビッグデータの高速な分析を実現する「Oracle Exalytics」関連ソリューションを提供

JCN Newswire / 2013年08月20日17時21分

日立ソリューションズは、1993年に日本オラクル株式会社と販売代理店契約を締結以降、オラクル製品の技術者育成に努め、これまでも数多くのシステム導入実績を積み重ねてきました。今回、新たに提供を開始する「Exalytics」関連ソリューションは、専任エンジニアが行うヒアリングに基づいて実施するPoC(実機検証)、環境および運用設計など、「Exalytics」の [全文を読む]

「財務」を経営の武器にしている日本企業10選

Forbes JAPAN / 2016年11月16日08時30分

日本企業の中でも、その取り組みや役割において特徴的な人や組織が出始めている」日本CFO協会専務理事・谷口宏はそう話す。2015年の企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)導入や14年の日本版スチュワードシップ・コード策定により、ROE(自己資本利益率)を目標値にした”攻めの経営”による稼ぐ力の向上や株主との対話の充実が必要になり、CFOの役割は増して [全文を読む]

「ダイバーシティ」は経営戦略! 実践企業10社と今後の展望

Forbes JAPAN / 2016年11月14日15時00分

日本板硝子/森 重樹 社長2006年の英ピルキントン社買収を機に組織変革。グローバルで同一システムを利用した個人業績評価、グローバルマネジメント育成プログラムなどで長期的なグローバルリーダー育成に取り組む。KDDI/田中孝司 社長企業理念の第1章の1つに「ダイバーシティが基本」を掲げ、経営課題としてダイバーシティの推進に取り組む。女性幹部の育成・登用を見据 [全文を読む]

日立、フィリピン・マニラで社会貢献プログラム「第13回日立ヤングリーダーズ・イニシアティブ」を開催

JCN Newswire / 2015年07月23日17時10分

ASEAN・日本から計8カ国・31人の学生が参加、次世代リーダーの育成に寄与TOKYO, July 23, 2015 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭)および日立製作所のアジア地域統括会社である日立アジア社(取締役社長:森崎 裕彦)は、7月27日から7月30日までフィリピン共和国(以下、フィリピン)の [全文を読む]

スパッタリング装置関連技術、特許総合力トップ3はキヤノンアネルバ、米・APPLIED MATERIALS、アルバック

DreamNews / 2015年05月14日11時30分

株式会社パテント・リザルトは2015年5月14日、日本に出願されたスパッタリング装置関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2015年5月14日、日本に出願されたスパッタリング装置関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関す [全文を読む]

日立、スイスABB社と国内向け高圧直流送電事業の合弁会社を設立

JCN Newswire / 2014年12月16日17時08分

新会社は東京に拠点を置き、日立が主契約者として受注する日本国内のHVDCプロジェクトに、ABBの最新技術を導入し、直流システム部分の設計からエンジニアリング、機器供給などを一括で請け負い、アフターサービスも行います。両社の出資比率は日立51%、ABB社49%となる予定です。今回の合意は、日立とABB社が日本の電力システムの改革に貢献するための戦略的パートナ [全文を読む]

日英バイリンガル対象「東京ウインターキャリアフォーラム 2014」開催

PR TIMES / 2014年12月09日16時29分

「東京ウインターキャリアフォーラム」は、海外の大学で学ぶ日本人留学生が帰国する冬休みのタイミングにあわせ、2000年から毎年東京で開催している日英バイリンガルのためのジョブフェアです。海外の大学で学位を取得予定の正規留学生の方はもちろん、日本の大学に在籍する交換留学生や、日英バイリンガルの外国人留学生も対象とします。過去に留学経験や海外での職務経験を持ち [全文を読む]

フォーカス