新幹線 日立製作所に関するニュース

新幹線輸出、オールジャパン体制始動 アジア鉄道争奪戦、世界強豪勢との競争過熱

Business Journal / 2014年11月28日06時00分

日本の新幹線輸出に弾みをつけようと、ようやくオールジャパン体制が始動した。 10月22日、ホテルオークラ東京で高速鉄道国際会議が開催された。会議にはJRグループなど日本の関係者のほか、高速鉄道計画がある米国や豪州、マレーシア、インドなど、海外からも約70人が参加した。日本の車両や運行技術は世界最高水準との評価が高いが、開業50周年を迎える東海道新幹線などを [全文を読む]

タイの高速鉄道、日本の新幹線採用で合意・バンコク―チェンマイ間で本格的な調査いよいよ開始

Global News Asia / 2015年05月31日18時00分

2015年5月31日、タイが進めるバンコク―チェンマイ間(670Km)の高速鉄道に、日本の新幹線が採用される前提で、明日から現地調査を含めプランの詳細を詰める作業が始まる。 一時、中国が有力と見られていたが、日本側があらゆるチャンネルを駆使して、調査開始の覚書手交までたどり着いた。工事は、2016年上期に着工する計画で、日本がタイに金利1~1.5%程度の低 [全文を読む]

リニア輸出、安倍政権トップセールスの舞台裏 成否占う米国輸出でJR東海との二人三脚

Business Journal / 2014年06月23日01時00分

安倍晋三首相は4月24日のオバマ米国大統領との日米首脳会談で、高速鉄道計画を持つ米国に対し、超電導リニア新幹線の技術を無償提供すると表明した。技術を開発したJR東海も足並みを揃えており、米国でのリニア受注に向け安倍首相がトップセールスに乗り出したわけだ。 リニアのトップセールスは、これが初めてではない。2013年2月、日米首脳会談(米国)で安倍首相はオバマ [全文を読む]

6度の延期を経て開業、台湾「空港鉄道」の実力 新幹線に次ぐ日本企業連合の大プロジェクト

東洋経済オンライン / 2017年04月14日07時00分

2007年1月には台湾高速鉄道(台湾新幹線)が開業し、空港と高速鉄道の桃園駅を結ぶシャトルバスとの乗り継ぎで台北へのアクセスが可能になったものの、乗り継ぎや列車本数、運賃などの面から、空港と市内を結ぶ交通手段としての利便性はいま一つであった。■台北駅―空港を35分で直結今回開業した桃園MRTは、台北駅から桃園国際空港を経由して環北駅までの51.03キロメー [全文を読む]

日立に大打撃。英国EU離脱で「高速鉄道事業」がお先真っ暗

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日20時00分

その最初の大きなプロジェクトは「クラス800」という、何となく日本の新幹線の800系に似た外観の「高速鉄道車両」です。対象となる鉄道会社は音楽産業や航空産業で、かつては風雲児と言われたリチャード・ブランソンが経営するヴァージン系列ということで、ニックネームは「ヴァージンAzuma」となっています。 この「ヴァージンAzuma」ですが、標準軌で交流2万5, [全文を読む]

タイの高速鉄道、日本の新幹線採用で合意・バンコク―チェンマイ間で本格的な調査開始

Global News Asia / 2015年05月29日18時30分

2015年5月29日、タイが進めるバンコク―チェンマイ間(670Km)の高速鉄道に、日本の新幹線が採用される前提で、来週から現地調査を含めプランの詳細を詰める作業が始まる。 一時、中国が有力と見られていたが、日本側があらゆるチャンネルを駆使して、調査開始の覚書手交までたどり着いた。しかし、中国は完全に諦めたわけではなく、水面下で交渉を仕掛けてくるのではない [全文を読む]

“国策会社”JDI、失墜した信用 疑惑まみれの上場&業績下方修正連発の末に巨額赤字

Business Journal / 2015年05月27日06時00分

「もう新幹線は2社(日立・東芝)を乗せて東京駅を発車した。まもなく品川駅で途中停車する。ここでソニーが乗車しなければ二度と乗れない」 品川駅はソニー本社の最寄り駅だ。政府系ファンド、産業革新機構幹部の、新幹線になぞらえたソニーへの猛アタックに敏感に反応したのが、当時ソニーモバイルディスプレイ社長を務めていた有賀氏だった。液晶事業の厳しさを知っていた有賀氏は [全文を読む]

【没落する日本の半導体業界に激震の告発】坂本さん、エルピーダを潰したのはあなただ

Business Journal / 2017年05月14日06時00分

東海道新幹線のグリーン車には、網ポケットに「Wedge(ウエッジ)」という情報誌が入っている。同誌では、2012年に倒産したDRAM(半導体メモリの一種)専業メーカー、エルピーダメモリで社長を務めていた坂本氏が『漂流ものづくり大国の治し方』というコラムを連載している。私は、密かにこの記事を読むのを楽しみにしている。というのは、共感できる意見もある一方、明ら [全文を読む]

中国を破り、インドで日本の鉄道受注が順調ー受注総額4000億円超え

Global News Asia / 2016年02月21日14時47分

日本ではアジアの鉄道整備案件では2007年に開業した台湾の新幹線での3300億円を超える過去最大の規模となった。【編集 : 安麻比呂】 [全文を読む]

大企業で「同期の年収格差」が広がる 750万円に達する例も

NEWSポストセブン / 2015年12月21日11時00分

「管理職になった同期の国内出張は新幹線のグリーン車だけど、出世競争で大きく水をあけられた私は50歳にもなって普通車の狭い座席。こうもわかりやすく差を付けられるとね……。 飲み屋で会えば互いに呼び捨てで昔話に花が咲きますが、“本当は見下されているんじゃないか”と卑屈な気持ちにもなります。給料も大きく違うけど、“払いは割り勘で”というのがせめてもの私のプライ [全文を読む]

ママは何でも知っている―3度の出産で実現する、女性エンジニアの新しい働き―日立製作所 山北じゅんさん

EnterpriseZine / 2015年12月04日06時00分

「日立がスポンサーになっているクイズ番組『世界・ふしぎ発見!』をたまたま見ていたら、夜中に新幹線の車両を輸送しているCMが流れてたんです。これを見て『おお、日立ってすごい!』と思って、日立を受けることに決めました(笑)」 入社して配属されたのが、データベース製品の設計開発を担う「DB設計部」。日立のメインフレーム上で動作するデータベース製品「XDM/RD [全文を読む]

交通機関のテロ対策に人工知能が目を光らせる未来

FUTURUS / 2014年09月21日12時02分

実際に新幹線のシステム開発を請け負い、JR東日本と共にATACSを作り上げた日立製作所はその技術力をもって海外での鉄道事業を展開しているし、逆にJR東日本はCBTCという海外産の無線列車制御システムの導入を決めている。列車運行管理システムが次世代の交通インフラを考えるにおいて、重要なキーとなっているのだろう。 ■ 交通監視システムの革新も必要 しかし問題 [全文を読む]

リスクモンスター、第1回「50年後も生き残ると思う日本企業」 アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年03月12日17時30分

また、鉄道業が3社(JR東日本、JR東海、JR西日本)ランクインしており、新幹線などの鉄道が公共機関として今後も必要不可欠な企業であることを映し出しています。サービス業としては唯一ヤマト運輸がランクインしており、サービス品質の高さに加え、宅配事業が社会インフラとして機能していることを示唆する結果と考えられます。今回のアンケートでトップ20にランキングされた [全文を読む]

フォーカス