三菱電機 日立製作所に関するニュース

役員報酬1億円以上が最多の意外なあの企業…不振事業は即切り捨て、常に非情な構造改革

Business Journal / 2017年03月14日06時00分

山西健一郎・三菱電機取締役会長が日本経済団体連合会(経団連)の副会長に就任する。5月31日の定時総会で就任の予定だ。三菱電機出身の経団連副会長は北岡隆氏以来、20年ぶりとなる。 三菱電機は「ほかのエレクトロニクスメーカーに比べれば規模は小さいが、業績は良い」(経団連の元副会長)。 総合電機業界は、日立製作所、東芝、三菱電機という序列だったが、東芝が沈没して [全文を読む]

【エレベータ分野】中国における権利継続件数ランキング、トップ3は三菱電機、日立製作所、東芝エレベータ

DreamNews / 2014年12月18日12時00分

その結果、1位 三菱電機、2位日立製作所、3位東芝エレベータとなりました。 日本企業3社が上位にランクインしており、これらの企業が中国市場を重視している様子がうかがえます。特に1位となった三菱電機の権利継続件数は、2位に300件以上の差をつけおり、同社が中国において意欲的に権利化を進めていることが分かります。また3位の東芝エレベータは、他の4社と比較する [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2016年06月01日14時00分

企業別にみると、前者はゼンリンデータコムの3件、三菱電機の2件など合計11件、後者は東京大学の11件となっています。 2015年に、パナソニックの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機の656件、次いでシャープの422件、東芝の349件と続いています。 2位東芝の最も引用された特許は、東芝ライテックとの共同出願である「LEDシーリングライトな [全文を読む]

最も優れた環境サイトは「サントリー」~日本ブランド戦略研究所調べ~

@Press / 2013年04月01日10時30分

2位は三菱電機で285.0Pt、3位は日立製作所が275.0Ptと続いた。■環境サイト整備状況の調査結果(トップ20)順位/企業名/業界/達成スコア(Pt)*360点満点----------------------------------------------------------------------1 /サントリー /食品・飲料 /297.52 [全文を読む]

シャープの液晶事業、サムスンに流出の危機!日本政府が国家を挙げて必死の抵抗!

Business Journal / 2015年12月26日06時00分

ルネサスは日立製作所、三菱電機、NECの半導体部門が統合して2010年に発足したが、東日本大震災による工場の被災や円高で経営危機に陥った。13年、革新機構は1383億円を出資し、同社株式の69.15%を持つ筆頭株主となった。その後、1万人超の人員削減などリストラを実施し、15年3月期の最終損益は825億円の黒字に転換。16年同期の最終損益も629億円の黒字 [全文を読む]

役員報酬1億円以上が最多はあの企業!なぜ?

Business Journal / 2015年06月30日06時00分

三菱電機 三菱電機は2015年3月期決算企業の中で、役員報酬の1億円プレーヤーが最多となる見通しだ。 6月26日に開く株主総会の招集通知で明らかにしたところによると、執行役23人に平均1億3580万円の役員報酬を支払うという。14年3月期の執行役22人の平均役員報酬は1億1100万円だったので、2480万円増えたことになる。ちなみに、社外取締役を除く取締 [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2015年05月22日11時00分

1位パナソニックの引用された件数の多い特許は、「LED駆動装置」に関する特許(特許第5237727号)や、三菱化学との共同保有となっている「非水電解質二次電池(特許第3193342号)」が挙げられ、前者は三菱電機三菱電機照明の共同出願6件のほか、東芝ライテックによる2件の合計8件、後者は三菱化学の5件、ソニーと日立化成の各1件の合計7件の審査における拒 [全文を読む]

三菱電機、なぜ「変わらぬ人事」?透ける高収益の秘密~安定の業務内容、不採算事業撤退

Business Journal / 2014年03月25日01時00分

三菱電機が4月1日に柵山正樹副社長を社長に昇格させる人事を発表した。山西健一郎社長は会長に就任する。近年は4年に1度、必ず社長交代を実施してきた同社では、今年の社長交代は既定路線。総合電機業界で随一の安定収益を誇る同社らしい人事である一方、「地味な優等生」に変化を期待する声もあったが、今回も外からの声に応える考えはないようだ。 柵山氏は電力システム部門の出 [全文を読む]

「日本企業は自尊心を捨て収益を得た」と韓国メディア

ZUU online / 2017年06月10日12時10分

ソニー 、日立製作所 、東芝 、NEC 、パナソニック 、三菱電機 、シャープ 、富士通 といった8大電機メーカーの2016年4月から2017年3月期の売上は44兆4232億円で、2012年度と比べてわずか0.18%しか増えていないが、営業利益は71.8%増加している。ただ日本8大電機メーカーの売り上げは、サムスン電子の2倍に及ばず、営業利益は最も高い三菱 [全文を読む]

電機メーカー、一斉に減収減益&業績下方修正の異常事態…円高ショック深刻

Business Journal / 2016年09月07日06時00分

実際に日本電産は、1円の円高によって売上高で70億円の目減りとなり、営業利益を11億円圧迫するとしているほか、三菱電機は17年3月期第1四半期(16年4~6月)に売上高で590億円の円高による影響があった。各社とも四半期ごと、月ごとに社内為替レートは見直しを行っているが、実勢は必ずしも追いついていない。 17年第1四半期平均でみると、電機大手はパナソニッ [全文を読む]

ルネサス黒字化の立役者・作田会長をトヨタが解任?自動車メーカーの聖域を侵し怒り買う

Business Journal / 2015年04月21日06時00分

●トヨタが経済産業省に働きかけて誕生した「日の丸半導体」 ルネサスは三菱電機、日立製作所から分社化して設立されたルネサステクノロジと、NECから分社化したNECエレクトロニクスが経営統合して、2010年4月に誕生した半導体メーカーである。 11年3月に発生した東日本大震災で自動車用マイコンの主力拠点である那珂工場(茨城県ひたちなか市)が壊滅的な打撃を受け、 [全文を読む]

三菱電機、万年3位でもなぜ脚光?徹底した“奇策なし”改革で利益率業界トップに躍進

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

業績回復が鮮明になりつつある日立製作所と東芝の陰に隠れて存在感の薄い「総合電機万年3位」の三菱電機が、「売上高5兆円」の成長戦略をぶち上げ、珍しく脚光を浴びている。 同社は昨年11月10日に開いた投資家向け経営戦略説明会で、2020年度までに連結売上高5兆円以上、営業利益率8%以上という数値目標を掲げた成長戦略を発表した。この中では同年5月に開いた同説明会 [全文を読む]

最も優れた環境サイトは「サントリー」 ― 日本ブランド戦略研究所調べ ― 2位はキヤノン、3位は日立製作所

@Press / 2014年05月02日09時30分

■環境サイトの整備状況の調査結果(トップ20)順位/企業名/業種/総合スコア----------------------------------------------------------------------1/サントリー /食品・水産 /280.02/キヤノン /電機・精密 /269.23/日立製作所 /電機・精密 /254.64/東京ガス /電 [全文を読む]

やはり日本のエレベーター技術は高かった!日立のエレベーターが世界最速を達成―中国メディア

Record China / 2017年06月09日13時20分

これまでは、三菱電機が2016年7月に上海市の中国最高層ビル「上海中心大厦」に納入したエレベーターが世界最高速で、分速1230メートルだった。 記事は、日本のエレベーター業界が発展しているのは、中国の不動産業の発展と密接な関係があると分析。その他の業界同様、中国のエレベーターと日本のエレベーターの差は、主にブランド力とハイエンド製品にあると指摘した。(翻 [全文を読む]

家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、京セラ、三菱電機

DreamNews / 2017年03月08日11時00分

その結果、「総合力ランキング」では、1位 パナソニック、2位 京セラ、3位 三菱電機という結果となりました。 2013年5月のランキング当時に1,598件であった調査対象全体の有効特許件数は、2017年2月時点では全3,642件と約2.3倍に急増しています。なかでも京セラは、当時25件から262件と急増しているほか、三菱電機は、当時47件から190件へ、 [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

三菱電機を含めた3社では水力発電システム事業を日立三菱水力として統合。三菱重工のX線治療装置事業の譲渡先は、日立である。 ■選択と集中を進める両社の未来 両社は、事業の統合・再編や譲渡など選択と集中を進めており、経営資源を伸長分野に投入することで、さらなるグローバル展開や成長に取り組む姿勢を鮮明にしているといっていいだろう。東京電力福島原子力発電の大事故に [全文を読む]

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson

DreamNews / 2016年06月10日11時00分

1位NTTの最も引用された特許は、「デマンドサイドマネジメントシステム」に関する特許(特許第4864809号)および「電力量デマンドコントロールシステム」(特願2001-142673)で、それぞれ後発の特許8件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別にみると、前者は東芝の4件をはじめ日立製作所、東芝、SONY UK、ATB Automatisie [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車、スズキ、東レ・108円 ヒロセ電機、商船三井、オリンパス、日本ガイシ・109円 オークマ・110円イ [全文を読む]

電機大手が総崩れ、停滞鮮明で深刻な状況…シャープと東芝は経営危機、日立も三菱も減益

Business Journal / 2016年06月02日06時00分

残る日立製作所、三菱電機、NEC、富士通もいずれも減益基調で、東芝やシャープほどではないにしても停滞感が強かった。 8社のうち、増収だったのは日立と三菱電機の2社だけで、それも日立は前期比2.7%増、三菱も同1.6%増だから微増、ほぼ横ばいに近い。ほかの6社はいずれも微減だが、シャープは11.7%減と2ケタ減収だった。●ソニーとパナソニック復調、ソニーは地 [全文を読む]

鉄道車体関連技術、特許総合力トップ3は日立製作所、川崎重工業、日本車輌製造

DreamNews / 2016年01月12日11時00分

そのほか、三菱電機は「乗客に映像情報を提供する映像情報配信表示システム」や「空調システム」など、近畿車両は「鉄道車両製造の合理化を図るのに好適な内装ユニット」などの出願が見られます。本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「鉄道車体関連技術」にてご覧いただけます。 ■価格:100,000円~(税抜)お申し込みは下記URLをご参照ください。http: [全文を読む]

フォーカス