工場 日立製作所に関するニュース

日立、米国マイアミで鉄道車両工場を開設

JCN Newswire / 2016年03月17日15時55分

TOKYO, Mar 17, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レールイタリア社(CEO: モーリッツィオ・マンフェロット)の米国事業会社、日立レールUSA社(CEO:ジャンパオロ・ヌオンノ)は、3月16日に米国フロリダ州マイアミ・ [全文を読む]

東芝社員1100人ソニー転籍 残留組から「ソニー行きたい」の声

NEWSポストセブン / 2015年11月11日16時00分

10月28日、粉飾決算疑惑で揺れる東芝は、半導体部門の主力工場の1つである大分工場の一部をソニーに売却する方向で調整していると発表した。 現在の予定では大分工場のスマートフォン向け画像センサー(CMOSセンサー)の生産設備がソニーに売却され、同センサーの開発担当者や関係する従業員およそ1100人がソニーの子会社に転籍するという。 大分工場の残りの事業は子会 [全文を読む]

日立に大打撃。英国EU離脱で「高速鉄道事業」がお先真っ暗

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日20時00分

一体何が起こるというのでしょうか? 英国EU離脱で、日立製高速鉄道車両の運命は? 日立製作所は、2015年3月に英国ダラム州というイングランドの北部で、スコットランド国境に近い場所に「ニュートン・エイクリフ工場」をオープンしました。鉄道車両の生産基地であり、ここを拠点に高速鉄道用車両などを製造してゆこうというわけです。法的には英国の特殊な投資法人が建設した [全文を読む]

日立、英国都市間高速鉄道計画向け車両の追加受注等に関する正式契約を締結

JCN Newswire / 2014年04月16日17時26分

また、日立は、英国ダーラム州ニュートン・エイクリフにおいて、日立レールヨーロッパ社の鉄道車両工場の建設を進めています。約8,200万ポンドの費用で建設される同車両工場は、2015年半ばに竣工し、2016年中からClass 800シリーズの生産を開始する予定です。既に、同車両工場に勤務する従業員の採用活動を開始しており、最終的に研究開発施設も含め約730名の [全文を読む]

日本の家電メーカーが韓国・中国企業に勝てない理由

NEWSポストセブン / 2016年07月06日16時00分

2010年に稼働を始めた姫路工場での生産を9月末をメドに終了するという。本来、工場というものは20~30年にわたって生産を続けるのが常識だ。ところが、パナソニックの姫路工場は6年しかもたなかった。なぜ、こんなことになるのか? 家電メーカーが製品を開発するための機械や部品や材料を作った協力企業が、日本の家電メーカーだけではボリュームが小さいため、それらを韓国 [全文を読む]

日立の設備省エネナビゲーションサービス、ウシオオプトセミコンダクターの御殿場事業所で本格稼働開始

JCN Newswire / 2016年06月28日15時08分

フリークーリングシステムの最適運転により熱源システムの消費エネルギーを10%削減TOKYO, June 28, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と株式会社日立プラントサービス(取締役社長:中津 英司/以下、日立プラントサービス)は、工場のユーティリティ設備の最適運転によるエネル [全文を読む]

日立、「野菜工場」をクラウドで管理できるサービス開始

インターネットコム / 2014年05月29日21時10分

工場で高品質の野菜を大量生産するという着想は、どうも電機メーカーを引き付けてやまないようだ。日立製作所は、こうした野菜工場をクラウドを介し遠隔管理できるサービスを本格的に開始した。 最近、先端農業と呼ばれる分野では、施設内の徹底した管理のもとで野菜を生産する試みが注目を集めている。富士通、東芝が稼働休止になった工場を生かしてこの分野に参入した話題は注目を集 [全文を読む]

日立、2014年度4月入社式 社長メッセージ(抜粋)

JCN Newswire / 2014年04月01日17時04分

工場内に、電車の走行試験ができるシミュレータを自前で作ったり、システム構築の手順作りや訓練プログラムなどを整備したりしながら、様々な課題をお客様と一緒に解決し、東京圏輸送管理システムを完成させました。日立には、電力、情報・通信、インフラなどそれぞれの分野で、お客様と困難を乗り越え、完成させたプロジェクトが沢山あります。皆さんも、今後、困難に直面した時にこそ [全文を読む]

日立パワーソリューションズ、自家消費型太陽光発電設備高効率化システムの実証試験を開始

JCN Newswire / 2017年04月05日10時10分

また、本実証試験を活用して経済性や省エネルギー効果を確認し、工場、商業施設、オフィスビルなどをターゲットとした事業化を検討していきます。近年、温室効果ガスの排出削減に寄与し、地域活性化に資する国産エネルギー源として、自家消費型発電システムの導入拡大をめざした、再生可能エネルギー事業者を支援する補助金制度が施行され、自家発電を目的とした太陽光発電設備の導入需 [全文を読む]

日立、ビーコンを活用し施工現場での作業者の行動を見える化する動態管理サービスを提供開始

JCN Newswire / 2017年03月24日13時30分

日立は、本サービスを工場や社会インフラなどの国内外の施工会社向けに提供することで、作業効率の向上と安全性の確保に貢献していきます。施工現場においては、少人数の施工管理者や現場監督者に対して多数かつ多業種の作業者がいるため、作業者一人ひとりの行動を詳細に把握するのが困難です。こうした施工現場において、さらなる作業効率の向上や安全性確保のためには、施工管理者や [全文を読む]

工場管理のIoT関連技術、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金

DreamNews / 2016年06月28日11時00分

株式会社パテント・リザルトは2016年6月28日、2016年5月末までに日本の特許庁に出願された「工場管理のIoT関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2016年6月28日、2016年5月末までに日本の特許庁に出願された「工場管理のIoT関連技術」について、 [全文を読む]

シリコンバレーにも影響を与えた「トヨタの働き方」

Forbes JAPAN / 2016年03月13日16時01分

国道の東側にはトヨタ自動車の本社と開発部門があり、西側にトヨタの工場があります。世界的に有名なのは、 “トヨタ生産方式”が行われている西側です。しかし、トヨタの利益の95%以上を生み出しているのは、東側の開発部門なのです」国道の西側こそ、世界に名だたるジャストインタイム、KANBAN(かんばん)、7つのムダ削減など「トヨタ生産方式」が生まれた場所。しかし、 [全文を読む]

実は収益基盤が「とても心許ない」東芝、本当の危機…改革という名の単なる「縮小」

Business Journal / 2015年12月24日06時00分

すでに中国企業との製造販売提携や海外工場の売却などを進めているが、ここにきてシャープとの同事業との統合話が出ている。これも、明らかに「負け組事業の統合」であろう。 このような企業間における事業統合の発想は、日本の半導体産業が苦境に陥るなかでその復興を掲げて、2003年に日立製作所と三菱電機の同事業を統合して発足したルネサス・テクノロジに遡る。同社は10年に [全文を読む]

パナソニック、「パナソニック」全否定で別会社化 総入れ替えの構造改革完了

Business Journal / 2015年09月08日06時00分

パナソニックが照明器具の2工場を9月末に閉鎖する。生産ラインは別工場に移管し、約10億円を投資して生産の自動化を進めるという。これにより、照明器具の生産能力を従来より数%高め、営業利益率も高めるという方向。具体的には、2016年3月期で照明事業の営業利益率を6.1%へ上げることを目指すとしている(15年3月期は4.7%)。 報道に接したとき私はてっきり、津 [全文を読む]

日立、台湾・台中市で変圧器の新工場を竣工

JCN Newswire / 2015年06月02日16時16分

グローバルサプライチェーン構築に向けた戦略拠点として活用TOKYO, June 2, 2015 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)と台湾の技術提携先である華城電機股●有限公司(菫事長:許忠明/以下、華城)との合弁会社である日立華城変圧器股●有限公司(菫事長兼CEO:松本 雅喜/以下、日立華 [全文を読む]

「日本企業は自尊心を捨て収益を得た」と韓国メディア

ZUU online / 2017年06月10日12時10分

総合電機メーカーの日立製作所は、産業電機や重電機ITインフラ事業など、企業対個人間取引(BtoC)から企業間取引(BtoB)に軸足を切り替え、三菱電機も利益率が高い工場自動化事業に注力している。 韓国経済新聞は自動車部品にも注目する。自動車産業は、多くの工程で自動化が進み、プラットホームの変換がめったに起こらない構造で部品メーカーの利益率は高い。超小型モー [全文を読む]

日立、多品種少量生産工場の作業進捗見える化と作業改善を支援するシステムを提供開始

JCN Newswire / 2017年05月31日15時00分

これらのシステムは、IoTプラットフォーム「Lumada」の産業分野向けソリューションコアであり、多品種少量生産工場における生産リードタイムの短縮を可能にします。近年、製造業においては、急速なデジタル化の進展による顧客ニーズの多様化に伴い、多様なニーズに即応できる生産システムの構築が求められており、「人・モノ・設備」などの現有リソースを最大限に活用し、生産 [全文を読む]

日立製作所の挑戦を支えるCFOの冷静な視点

Forbes JAPAN / 2016年11月18日08時30分

工場プロフィットセンター制、製品事業部制、カンパニー制との一連にも見えるが、非連続の組織変革と理解してよいのか。スムーズにいくのか。確かに、非連続だ。とはいえ、BU制については、1年程度議論し、それぞれのBUトップには6月に発表した「中期経営計画」のドラフトを書いてもらった。その過程で、業績を伸ばすためには、プラットフォームをうまく活用しなければという共 [全文を読む]

日立、保守点検員訓練施設「日立風力保守トレーニングセンタ」を茨城県日立市に開設

JCN Newswire / 2016年04月26日16時43分

TOKYO, Apr 26, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、風力発電システムにおける高度な保守サービスの提供を目的として、日立事業所埠頭工場(茨城県日立市)内に、保守点検員向けの訓練専用施設である「日立風力保守トレーニングセンタ」を、7月に開設します。本センタは、2MW風 [全文を読む]

シャープの液晶事業、サムスンに流出の危機!日本政府が国家を挙げて必死の抵抗!

Business Journal / 2015年12月26日06時00分

ルネサスは日立製作所、三菱電機、NECの半導体部門が統合して2010年に発足したが、東日本大震災による工場の被災や円高で経営危機に陥った。13年、革新機構は1383億円を出資し、同社株式の69.15%を持つ筆頭株主となった。その後、1万人超の人員削減などリストラを実施し、15年3月期の最終損益は825億円の黒字に転換。16年同期の最終損益も629億円の黒字 [全文を読む]

フォーカス