国仲涼子 ちゅらさんに関するニュース

国仲涼子 初濡れ場公開で魅せた「三十路の琉球柔肌」「誘惑キスで吐息が漏れた」

アサ芸プラス / 2012年07月20日11時00分

国仲涼子(33)がこれまでのイメージをかなぐり捨て、本格女優への転身を見せたのは、6月29日放送の森村誠一ドラマSP「マリッジ」(フジテレビ系)で、「ちゅらさん」の楚々としたえりぃ役とは打って変わった妖しい別の顔を見せているのだ。 国仲の役どころは、主人公・萩原聖人がお見合いパーティで出会った美貌のフリーライター役。2人はすんなり結婚にこぎつけるのだ [全文を読む]

『ひよっこ』で、シシド・カフカが大ブレイク!?

日刊大衆 / 2017年06月20日06時35分

国仲涼子(38)が演じた、ヒロインの上村恵里が人として成長していく様子や人々の情愛を細かく、けれどファニーに描いて大ヒットした。このドラマの核となったのが、恵里の東京の住まいである一風荘だ。ここには柴田幸造(村田雄浩/57)や柴田容子(余貴美子/61)など人間味あるキャラが集い、物語を盛り立てていた。 今回のあかね荘を見たときに感じた既視感の原因は、この一 [全文を読む]

向井理と国仲涼子の結婚報道に深読み続々「また月9宣伝か」

デイリーニュースオンライン / 2014年11月21日17時00分

俳優の向井理(32)と女優の国仲涼子(35)が結婚すると、11月21日のスポーツ紙が報じた。婚姻届は、来月にも提出予定という。2人は2012年1~3月放送のテレビドラマ『ハングリー!』(フジテレビ)で共演し、恋人役を演じた。これがきっかけとなり、プライベートでも交際がスタート。関係者によると、向井はドラマの共演者が集まった食事会の席に国仲を呼び、ツーショッ [全文を読む]

美肌の秘密はこうや豆腐!? 国仲涼子さんが表紙に登場! フィッテ8月号は「即効! おなかやせ」特集号です。

PR TIMES / 2014年06月16日09時26分

国仲涼子さんが美肌の秘密を披露&20代を振り返る 「フィッテ」8月号の表紙を飾るのは、ドラマで活躍する女優の国仲涼子さん。7月7日にスタートするTBSのドラマ、『名もなき毒』の続編となる『ペテロの葬列』に出演します。 インタビューでは美肌のヒケツを披露。肌あれについて悩んでいたときに、親しい友人からアドバイスを受け、たんぱく質をしっかりとることを心掛けた [全文を読む]

「あまちゃん」再放送も好調! 「もう一度見たい朝ドラ」アンケート

NewsCafe / 2015年06月04日12時00分

国仲涼子かわいかったな…。あと個人的には鮎川誠の(ミュージシャンとしての彼とは一味違った)素朴な演技も良かった。[男性/40代/会社員]【2位】「ゲゲゲの女房」(2010年上半期)(12.3%)■内容も良かったし主題歌も良かったですね。[女性/40代/会社員]■向井くんがイケててねぇ…。平日は見られないので、土曜日のイッキ放送を見てました。松下奈緒さんも、 [全文を読む]

国仲涼子、モテ男・向井理を射止めた恋愛体質をドラマで発揮!?

メンズサイゾー / 2015年02月21日15時00分

新婚の杏が注目を集めるドラマだが、昨年末に俳優の向井理(33)と結婚した国仲涼子(35)の評判も上々だ。国仲はドラマの中で"元ヤンの人情娘"というキャラクターで、杏と長谷川の恋を成就させようと奔走するキャラクターを演じている。ネット上には「この可愛さで35歳とかありえない」「キュンキュンするわ~」「向井が羨ましい」といった声が寄せられている。結婚して人気 [全文を読む]

次の出演作が決まらない!? 能年玲奈を襲う『あまちゃん』大ヒットの反動

メンズサイゾー / 2013年09月01日13時00分

かつて『ちゅらさん』に主演した国仲涼子(34)は絶世の美少女として持てはやされたが、役の印象が強くなりすぎて清純派イメージからの脱却に悩んだといわれる。09年の『ウェルかめ』の倉科カナ(25)、昨年の『純と愛』の夏菜(24)らも、朝ドラ出演後は明らかに仕事がトーンダウンした。 [全文を読む]

『あまちゃん』続編熱望の能年玲奈「ほかに大きなオファーがない!?」一方、橋本愛は……

日刊サイゾー / 2013年08月28日09時00分

実のところ、朝ドラ主演後の方向性って意外に難しくて、例えば『純と愛』の夏菜も一本気なキャラクターがイメージとして定着してしまって、後の仕事がトーンダウンしていますし」(同) 前述『ちゅらさん』でも国仲涼子に清純派のイメージがつきすぎて、脱却に悩んだという例もある。能年と違い、橋本は10月からNHK・BSプレミアムで連ドラ『ハードナッツ!』の主演が早々に決ま [全文を読む]

視聴者騒然!? ドラマの中の「心霊現象」

日刊大衆 / 2017年07月10日08時05分

有名なのが、2001年に放送され、国仲涼子(38)の出世作となった連続テレビ小説『ちゅらさん』(NHK)。7月に放送された回で、国仲がしゃべっているシーンの背後に「頬杖をついた少女」らしき人影が映っているというものだ。たしかに少女らしき顔はぼんやりとしており、とても不気味な印象を受ける。真偽のほどは定かではないが、共演者の菅野美穂(39)の顔が、ガラス窓 [全文を読む]

『ひよっこ』有村架純は新しい朝ドラヒロインだ 脚本家・岡田惠和の狙いを読む

リアルサウンド / 2017年06月26日06時00分

『ちゅらさん』のえりぃこと古波蔵恵里(国仲涼子)は、初恋を信じるピュアなヒロインで、一見すると明るく真面目な朝ドラヒロインの類型に見える。しかし、岡田はえりぃを天然の少し変わった女の子に設定し、彼女の純粋さに触れた人々が勝手に救われていく話として、朝ドラを読み換えた。 これは岡田が『恐るべしっっ!!! 音無可憐さん』(テレビ朝日系)等の少女漫画原作ドラマ [全文を読む]

『あさが来た』今世紀朝ドラ最高視聴率を達成! これまでトップだった『さくら』のヒロイン・高野志穂はいずこへ……

日刊サイゾー / 2016年04月04日20時30分

<NHK連続ドラマ小説 今世紀の全話平均視聴率ランキング> ※平均20%超の作品のみ 1位 『あさが来た』 15年度後期 波瑠主演 23.5% 2位 『さくら』 02年度前期 高野志穂主演 23.3% 3位 『ほんまもん』 01年度後期 池脇千鶴主演 22.6% 3位 『花子とアン』 14年度前期 吉高由里子主演 22.6% 5位 『ごちそうさん』 13 [全文を読む]

『あさが来た』五代様 ワイルド路線から切り替えたその瞬間

NEWSポストセブン / 2016年04月01日07時00分

ヒロイン恵里(国仲涼子)の弟・恵達を演じた山田孝之さんが、このドラマをきっかけにブレークしたと思います。 そうした朝ドラからすてきな俳優さんを発見する楽しみや喜びを『あさが来た』でも味わってもらいたかったんです。なので、すでにテレビで活躍している役者さんではなく、歌舞伎などの伝統芸能や音楽、スポーツで活躍している人から探しました。 自分でそうした有名人の名 [全文を読む]

新朝ドラ主演の波瑠 『あまちゃん』最終選考まで残っていた

NEWSポストセブン / 2015年09月24日07時00分

ドラマの中で、ヒロインの恵里(国仲涼子)は『えりぃ』と呼ばれていました。私の家族もその愛称で呼んでいました。『えりぃがこうなって』とか、まるで自分の家族のように親しみを込めて話していたんです。 そんな会話を聞いていて、“女優さんが演じた1人の役が、こんなに視聴者に浸透していくってすごい!”と子供心に感じていました。朝ドラは、あって当たり前の朝の光景の1つ。 [全文を読む]

【週間TV番組ガイド】「ウソを見破る独自の手法」他3番組

NEWSポストセブン / 2015年01月16日16時00分

(3)『おとなの修学旅行 ~沖縄離島編~』1月25日(日) BS-TBS 19:00~20:54 国仲涼子が沖縄の離島を案内。沖縄出身で、小浜島が舞台となったNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」に主演した彼女が、西表島、石垣島、波照間島、西表島から水牛車で渡る由布島、石垣島の南南西に位置する黒島などの魅力を紹介する。 ※週刊ポスト2015年1月30日号 [全文を読む]

西島秀俊 同世代一般女性との結婚だったら祝福されていた説

NEWSポストセブン / 2014年11月28日11時00分

さらには、向井理(32才)が国仲涼子(35才)との結婚を発表するなど、この状況に全国の女性から悲鳴があがっている。そこで、2名のご意見番に登場していただき、思いの丈をぶちまけてもらった。 作家でライターの島田佳奈さんは、西島の結婚を「まさかの裏切り」と喝破する。そして向井と違って、選んだ相手が一般人だったことに注目する。 「彼女たちはいわゆる『プロ彼女』と [全文を読む]

『ミヤネ屋』だけじゃない ドラマでも多発していた幽霊騒動

NEWSポストセブン / 2014年07月17日07時00分

また2001年に放送されたNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』では、リビングで会話をする国仲涼子(35才)の背後の窓から、頬杖をついて部屋の中の様子をうかがうように国仲を見つめる顔が映っているのだ。 続々とスタートしている今クールの新ドラマにも、もしかしたらゾクゾクな映像が紛れこんでいるかも!? ※女性セブン2014年7月31日・8月7日号 [全文を読む]

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

過去には『ちゅらさん』の国仲涼子(34)や『てっぱん』の瀧本美織(21)など、その後の話題がいまひとつパッとしなかった。本人も次回作がコケて“結局『あまちゃん』だけか”と言われるのを恐れて、『あまちゃん2』発言を連発してしまったんでしょう」 もともと同じ事務所の先輩・新垣結衣(25)に憧れ、モデルとして芸能界入りした能年だが、今回の大躍進に周囲では微妙な空 [全文を読む]

向井理の元カノが「極妻」で鮮烈濡れ場を披露!

メンズサイゾー / 2013年03月13日14時00分

昨年12月に一部週刊誌が報じた向井理と国仲涼子の「IKEAデート」。共演者キラーとして知られる向井と、数々のイケメンと浮き名を流してきた国仲という組み合わせだけに、「モテ男とモテ女の交際か」と騒がれた。さらに、年明けの1月には国仲が愛犬を連れて向井の自宅を訪れ、翌日昼にはすっぴんでマンションを後にするという半同棲疑惑も浮上。いずれにせよ、かなり深い仲になっ [全文を読む]

フォーカス