現在 外務省に関するニュース

「日本版CIAなんて絶対できっこない!」なぜなら出世こそ外務官僚の目的だから

週プレNEWS / 2015年08月11日06時00分

しかし、この『正史』の記述はなぜ1949年までなんですか? 佐藤 それ以後の話は現在の工作に影響があるからです。 河合 1950年から継続中の秘密情報作戦は今もあると推測されますからね。で、今度はインテリジェンス業界の世界最高峰モサドも含まれているこの本、『イスラエル情報戦史』です。 佐藤 この本が『正史』と違うのは、書いたのが大学教授ではなく、イスラエ [全文を読む]

「交付金減額という国の兵糧攻めにも沖縄は退かない準備ができている!」鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年05月17日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、埼玉県出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ■「東京大地塾」とは? 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行 [全文を読む]

トランスファーワイズ、国内での本格サービス提供を本日2016年9月7日より開始

DreamNews / 2016年09月07日11時30分

例として、日本法人の社員数を現在の3名から、2017年中には10名まで増員する計画です。*1外務省発表の海外在留邦人数調査統計(2015年10月1日現在)より*2法務省発表の2015年(平成27年)末現在における在留外国人数より現在、全世界でのTransferWise(※1)の利用者数は100万人を突破し、月間の合計送金額は約8億ポンド(約1,100億円、 [全文を読む]

警察がNSCの主導権を握ろうと暗躍している

週プレNEWS / 2013年11月20日14時00分

現在、創設法案が成立間近な「国家安全保障会議(NSC)」。日本の安保・外交における司令塔となる政府の組織だが、水面下では、各省庁による主導権争いがすでに始まっているという。全国紙政治部デスクが明かす。 「日本版NSCに密接に関わる省庁、つまり外務省、防衛省、警察庁が三つどもえの主導権争いを繰り広げています。このなかで一歩リードしているのが外務省です。政府は [全文を読む]

大統領府長官に日本通の44歳を大抜擢したプーチンの深慮と外務省の無能

週プレNEWS / 2016年09月21日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、東京都出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ■「東京大地塾」とは? 毎月1回行なわれる新党大地主催の国政・国際情勢 [全文を読む]

1日で海外ビジネスに必要な情報・ネットワークが揃う日本最大級の海外ビジネス総合展『海外ビジネスEXPO2015(10月27日開催)』の出展企業と後援が決定

DreamNews / 2015年09月10日16時00分

9月現在で参加が決定している出展企業のご紹介及び後援団体についてお知らせ致します。海外ビジネスにご興味をお持ちの方は、是非ご来場ください。2015年9月10 日 報道関係各位 株式会社Resorz 海外ビジネス支援に特化したプラットフォーム「Digima~出島~」は、2015年10月27日(火)に秋葉原UDXにて、1日で海外ビジネスの全てがわかる日本最大級 [全文を読む]

「日本外交の命運は真剣に出世を狙うひとりの外務官僚にかかっている」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年06月21日11時00分

現在は201 7年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、埼玉県出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ■「東京大地塾」とは? 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って [全文を読む]

「基地問題の解決策は沖縄県民だけで編成する『沖縄防衛隊』設立です」鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年07月19日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、埼玉県出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ●「東京大地塾」とは? 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行 [全文を読む]

米・オバマ大統領訪日中止、ケネディ駐日大使召還の懸念出る

NEWSポストセブン / 2014年03月03日16時00分

現在の日米安保条約を「維持するべき」と答えた人は67%で、昨年と比べて22ポイントの急落。この設問ができた1996年以来、最低だった。調査時期は昨夏の7~8月。「靖国参拝を経た現在はもっと低落しているはず」と外務省関係者はいう。 ※週刊ポスト2014年3月14日号 [全文を読む]

【美人過ぎ】北朝鮮の2017年カレンダーが、無慈悲に美人過ぎて入国したいレベルと話題に

秒刊SUNDAY / 2017年01月06日11時45分

北朝鮮といえば、なんとなく怪しげな将軍様に支配された恐ろしい国というイメージが有りますが、現在渡航は自粛してほしいという外務省からの通達が出ております。ということでそもそも行くことは難しいのですが、そうは言っても旅行者を受け入れるような謎なカレンダーが今年も作られているということです。さてこちらは北朝鮮が制作している、2017年の最新版カレンダーということ [全文を読む]

アメリカの悪玉になぜ叙勲?「ジャパン・ハンドラーズにばかり頼ることは日本の国益につながらない」

週プレNEWS / 2015年11月19日10時00分

どちらも現在のオバマ政権とは関係のない人物。なぜ、いま彼らに勲章を贈ったのでしょう? ファクラー 逆に、こちらが訊きたいですよ。ラムズフェルドはジョージ・W・ブッシュ政権で国防長官を務め、アフガニスタン侵攻、イラク戦争に踏み切って中東の泥沼にアメリカを巻き込んだ張本人。今でもアメリカ国内では、彼の名前を聞いただけでブーイングする人も少なくない。叙勲というの [全文を読む]

安倍政権大混乱。誰が外務省に東シナ海問題再燃を焚きつけた

まぐまぐニュース! / 2015年08月10日20時00分

現在は半農半ジャーナリストとしてとして活動中。メルマガを読めば日本の置かれている立場が一目瞭然、今なすべきことが見えてくる。 [全文を読む]

外国人特派員は集団的自衛権をどう思っているのか? PART2 米露ジャーナリスト編

週プレNEWS / 2014年07月25日06時00分

2005年から『ニューヨークタイムズ』東京支局に勤務し、現在は支局長を務めるアメリカ人のマーティン・ファクラー氏は、あくまで日本の問題だが、場合によってはアメリカへ不利益になるという。 *** アメリカの反応は「日本がようやく一人前の同盟国になった」と喜ぶ声ばかりではありません。これまで日本がイラク戦争などで行なってきた後方支援、またODA(政府開発援助) [全文を読む]

孫崎享氏 安倍・オバマ関係は歴代首脳と比べ非常に悪い状況

NEWSポストセブン / 2014年01月15日07時00分

現在、靖国参拝などをめぐり安倍晋三政権が置かれている危機的な国際情況を、日本人は分かっているのか──。外務省OBの孫崎享氏(元外務省国際情報局長)、天木直人氏(元外務省駐レバノン大使)の2人が緊急対談した。孫崎:先日、鳩山(由紀夫)元首相に会ったんですが、鳩山氏は年末にルース前駐日大使と会談して、こんな話を聞いたというんです。「日本では靖国参拝についてアメ [全文を読む]

【ジャパン・プラットフォーム】東南アジア水害被災者緊急支援実施決定

PR TIMES / 2013年10月17日13時12分

東南アジアに頻発する台風被害への緊急支援を決定 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、以下JPF)は、現在東南アジアで発生している台風による水害に対し、緊急支援の実施を決定しました。現在加盟NGOのうち1団体がベトナムでの支援を決定、他数団体も支援準備を開始しています。支援活動は皆様からのご寄付により成り立っています。どうぞご支援よ [全文を読む]

安倍・トランプ会談を世界は「成果」ではなく「焦り」と見た

NEWSポストセブン / 2016年12月14日16時00分

なぜならこれらの諸国は、現在の国際秩序が続いた方が、国益に適うと考えているからだ。他方、ロシア、中国、北朝鮮、イランなどはトランプの当選に期待していた。そうすることで、新たな国際秩序が生まれる可能性があるからだ。 トランプは政治家としての経験がまったくない。従って、過去の経緯や国際法に関する知識が不可欠である外交について、トランプはこれから猛勉強をするとと [全文を読む]

今、安倍首相に求められる決断。北方領土問題を解決するために何をすべきか?

週プレNEWS / 2016年12月10日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、東京都出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ■「東京大地塾」とは? 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行 [全文を読む]

南シナ海裁定で完敗した中国、世界の「判決を支持」反応に逆ギレ

まぐまぐニュース! / 2016年07月18日05時00分

しかし現在、国際法を無視、他国の領海を侵略している、「世界のモンスター」に変貌しつつあります。大衆はいつも、指導者が「より強気」に「国益」を守ることを求め、それがますます国を孤立させる原因になる。 今回の仲裁裁判所の判断。一見、何の影響もないようですが、長期的には中国共産党の政体を破滅に導く第一歩になることでしょう。 image by: Wikimedia [全文を読む]

日本の領海に侵入! 中国海軍の「下品な行動」に外交部も混乱

週プレNEWS / 2016年07月14日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、東京都出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ■「東京大地塾」とは? 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行 [全文を読む]

民主と決別し新党大地が自民と組む? 裏切り者だ!批判に当事者・鈴木宗男が真意を語る

週プレNEWS / 2016年03月21日06時00分

現在は2017年4月公民権停止満了後の立候補、議員復活に向け、全国行脚中! ●佐藤優(さとう・まさる) 1960年生まれ、東京都出身。外務省時代に鈴木宗男氏と知り合い、鈴木氏同様、国策捜査で逮捕・起訴される。外務省退職後は大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、作家・評論家として活躍 ●「東京大地塾」とは 毎月1回、衆議院第二議員会館の会議室を使って行な [全文を読む]

フォーカス