外務省 海外安全情報に関するニュース

【ビザなしで旅行できる国の数ランキング】世界最強はドイツ!日本は何位?

TABIZINE / 2017年04月17日07時30分

ビザなしで観光できる国の数ランキング そもそも大前提として、世界に国はいくつあると思いますか? 日本の外務省によれば平成27年5月15日の段階で世界の国の数は、196か国(日本を含む)。あくまでも日本が承認している国の数で、ここ最近ではニウエ、南スーダン、クック諸島が承認されました。ある地域を国と考えるか考えないか、立場によって世界の国の数は変わってきて [全文を読む]

日本が朝鮮半島危機を「楽しんでいる」?韓国メディアがその理由を分析=韓国ネット「あまり韓国に関心持たないで」「歴史は繰り返させないぞ」

Record China / 2017年04月13日17時30分

2017年4月12日、昨今の北朝鮮情勢を受け日本外務省が韓国への渡航注意情報を出したことなどについて、一部韓国メディアは「日本が朝鮮半島危機説をあおっている」と報じている。このうちSBSテレビは、「やや厳しく言えば」と前置きした上で、日本政府が朝鮮半島の緊迫した状況を「楽しんでいるようだ」とし、「日本が危機感を増幅させている理由」について報じた。 11日、 [全文を読む]

外務省が韓国渡航で注意喚起、韓国メディア「米国だってしてないのに」

Record China / 2017年04月13日16時00分

2017年4月12日、環球網は記事「日本外務省、在韓邦人に対する渡航注意情報を発信=『米国ですら注意情報を出していないのに』と韓国メディア不快感」を掲載した。 日本の外務省は11日、韓国に対する渡航注意情報を出した。翌12日、在韓日本大使館は在韓邦人、渡航予定者に対して最新の情報に注意するよう促す海外安全情報を出した。米空母カールビンソンの派遣など、朝鮮半 [全文を読む]

篠原信一があの”世紀の誤審”を再現 「あれは誤審ではなく実力不足」と本音をポロリ・・

PR TIMES / 2017年03月28日09時18分

外務省 たびレジ登録促進イベント事後レポート】外務省(東京都千代田区霞が関2-2-1)は、春の海外安全強化月間キャンペーンの一環として、3月27日(月)に成田空港第2旅客ターミナル本館3階出発ロビー南側 スカイリウム(千葉県成田市古込1-1)にて、海外安全情報メール配信サービス「たびレジ」をPRする「たびレジ」登録促進イベントを実施しました。[画像1: [全文を読む]

外務省が海外安全対策活動にまさかの「ゴルゴ13」起用

しらべぇ / 2017年03月26日06時30分

(画像は外務省海外安全ホームページのスクリーンショット)ゴルゴ13。この男の顔と名前を知らない人は、恐らく少数派だろう。デューク東郷と名乗るこの男は、数々の神がかり的な狙撃を果たした人物。1km先のフットボールを撃ち抜くようなクレイジーな業も可能にし、世界各国の政府から恐れられている。ゴルゴに狙われた者は、まず間違いなく命を落とす。彼はまさに世界最高のスナ [全文を読む]

国内の留学会社で初 外務省の「たびレジ」と連携 テロ事件や災害など留学先の緊急情報を迅速に入手可能に

@Press / 2016年09月27日11時00分

海外留学の手配を行うネスグローバル株式会社(本社:東京都新宿区)は、近年頻発するテロ事件や自然災害など、海外渡航者の様々なリスクに対応するために、国内留学会社で初めて外務省が提供する海外旅行登録システム「たびレジ」への自動登録サービス連携を2016年9月27日(火)に開始いたします。 ネスグローバル: https://www.nes-global.com [全文を読む]

海外旅行者・出張者の危機管理に対応 外務省の海外旅行登録システム「たびレジ」への自動登録を8月17日に開始

@Press / 2016年08月18日18時00分

創業46周年、世界66店舗(国内42・海外24店舗)で旅行手配事業を展開する株式会社IACEトラベル(本社:東京都中央区、代表取締役:西澤 重治)は、海外渡航者の様々なリスク対策や危機管理のために外務省が運用する海外旅行登録システム「たびレジ」への自動登録サービスの提供を2016年8月17日(水)に開始致しました。 ■高まる海外における危機管理の需要 ~サ [全文を読む]

H.I.S. 業務渡航サービス拡張外務省の『たびレジ』への自動登録!高まる危機管理に対応。

PR TIMES / 2016年03月30日13時26分

この度、近年頻発するテロや自然災害・伝染病などによる海外出張者へのリスクに備え、また高まる企業様の危機管理に応えるべく、業務渡航においてH.I.S.と法人契約を締結している企業様のご希望に応じて、外務省が提供する海外旅行登録システム『たびレジ』への自動登録サービスを提供することとなりました。なお、自動登録サービスのご提供には、H.I.S.の法人営業グルー [全文を読む]

訪韓自粛の波、急拡大ーベトナムの日系企業・訪韓禁止

Global News Asia / 2017年04月29日19時55分

2017年4月29日、今月11日に外務省は、「韓国への滞在・渡航を予定している方、すでに滞在中の方は最新の情報に注意してください」とする海外安全情報を発表した。これに対して韓国政府は危機を煽っていると猛反発を見せたが、東南アジア諸国もそれに追随する動きへとシフトしそうだ。 現時点では、ベトナムやタイなどの政府レベルでの同様の注意や韓国への渡航自粛などは出し [全文を読む]

韓国観光業界にさらなる打撃、中国人に続いて日本人も…―中国メディア

Record China / 2017年04月24日19時10分

キャンセルが相次いでいる背景には、日本の外務省が「韓国に滞在、渡航する人は朝鮮半島情勢の最新情報に注意するように」と促す海外安全情報を出したことがあるとみられている。この安全情報をきっかけに、韓国への修学旅行を予定していた中学や高校からキャンセルが出たという。 韓国の観光業界は、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐって中国人観光客が激減し、大きな [全文を読む]

日本株は「5月大型連休明け」が正念場になる 「選挙」「地政学」のリスクは5月に持ち越しも

東洋経済オンライン / 2017年04月23日18時00分

またその前の4月11日には外務省から、韓国への滞在・渡航を予定している邦人に対して海外安全情報(スポット情報)が出されている。スポット情報は短期的に危険が高まった地域への注意を促すものだが、弾道ミサイルが降ってくることを理由とした注意喚起は異例だ。日本の投資家は、今までの地政学的リスクとは次元が違う、「リスク当事者」としての気持ちの悪さを感じているかもしれ [全文を読む]

「日本人シェフが逃げたので店を閉めます」韓国の飲食店の貼り紙が話題に=韓国ネット「サムライ精神はどこに?」「私でも同じことをする!」

Record China / 2017年04月20日20時20分

また、日本の外務省も菅官房長官の発表に先立ち、韓国を訪れる日本国民に対し朝鮮半島情勢に関する情報に注意するよう求める海外安全情報を発信していた。 これについて、韓国のネットユーザーからは「日本人の短所はあまりに神経質なところ」「かわいい」「裏切り行為。日本人には情がないの?」「怖がりだね(笑)。日本人のサムライ精神はどこに?」「日本人はメディアの情報にすぐ [全文を読む]

篠原信一が「世紀の護身」タスキ着用で河北麻友子とニコリ

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

2000年に行なわれたシドニー五輪柔道男子100kg級の銀メダリスト・篠原信一が、外務省が主導する海外安全情報メール配信サービス「たびレジ」の登録促進イベントに登場した。ニューヨーク出身の河北麻友子とともに同サービスをアピールした。 同大会の決勝でフランスのダビド・ドゥイエと対戦したが、「世紀の大誤審」により、金メダル獲得を逃した篠原。今回のイベントでは、 [全文を読む]

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア

TABIZINE / 2016年11月06日16時00分

それ以来、日本の外務省が提供する「海外安全情報ホームページ」上でリビアは「レベル4」の退避勧告国(渡航してはいけない)とされています。そのため、我が家はその脱出以来一度もリビアに戻っていません。 今回は、そんな「帰れなくなった国」リビアのお話をさせて頂きたいと思います。 青く美しい地中海と強い日差しの記憶 (c)Naoko Kurata 筆者にとって初めて [全文を読む]

【ダッカ襲撃】日本人7人が死亡 政府専用機は羽田から現地に夕方出発予定

Global News Asia / 2016年07月03日14時58分

2016年7月3日、外務省によると、被害者家族らが、政府専用機(ボーイング747-400型機)で羽田からダッカに向けて夕方出発する予定だ。 岸田外務大臣は「今回の事件を受けて、バングラデシュについては、すでにテロの一層の注意を改めて呼びかける海外安全情報やスポット情報を出した。さらに全世界についても、テロの危険についての注意喚起を呼びかける広域情報を出すと [全文を読む]

【タイ】平成27年度第4四半期のタイの治安などの傾向

Global News Asia / 2016年04月20日09時00分

まず、タイの深南部3県と呼ばれるヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、およびソンクラー県の一部は、以前より日本外務省より危険情報「レベル3(渡航中止勧告)」が出されている。3月だけでも40件以上もの爆発事件もしくは銃撃事件が発生しており、いかなる理由であってもこの地域への渡航は中止にするべきであるとしている。 タイ国内で発生した日本人の犯罪被害におい [全文を読む]

海外旅行、どこの国へ行くのが安全? 世界の最新治安ランキング

TABIZINE / 2016年01月05日07時30分

※2015年度の「世界平和度指数」は、フランスの同時多発テロ以前に発表されたものですが「外務省 海外安全ホームページ」を参考に第1位〜第10位までの国の渡航状況を確認したところ、どの国も危険情報は見られませんでした。 渡航先の安全情報を確認するには? 海外旅行を計画される際には、観光スポットや現地ならではの食べ物などを調べることに加え、渡航予定の国の安全 [全文を読む]

フォーカス