斎木 外務省に関するニュース

安倍首相 河野談話継続・慰安婦問題謝罪に追い込まれた背景

NEWSポストセブン / 2014年06月24日07時00分

* * * 「総理と毎日会う男」──官邸内でそう呼ばれている官僚が斎木昭隆・外務事務次官だ。新聞各紙の「首相動静」を見ると外遊や地方視察のとき以外、首相はほぼ毎日、官邸に斎木氏を呼び入れていることがわかる。「外交は斎木次官が一手に握り、総理は斎木氏の振り付け通りに動いている。今回の北朝鮮との交渉も斎木氏の主導だった」(内閣官房の官僚)と言われる。 その影 [全文を読む]

河相周夫外務事務次官の辞任は事実上の更迭 佐藤優氏が指摘

NEWSポストセブン / 2013年07月12日16時00分

* * * 安倍晋三内閣は、6月28日の閣議で、斎木昭隆外務審議官(政務担当、60歳)が外務事務次官に、後任の外務審議官に杉山晋輔アジア大洋州局長(60歳)が就任する人事を決定した。河相周夫外務事務次官(60歳)は辞任し、当面、外務省顧問に就くことになった。 外務省顧問に実質的権限はない。外務省では不祥事でもない限り通常2年は次官職に就く。河相氏が次官に [全文を読む]

日中首脳会談実施されれば東南アジア諸国は裏切り者扱いする

NEWSポストセブン / 2014年06月12日16時00分

こうしたインチキ外交をお膳立てしたのが「総理と毎日会う男」と官邸で呼ばれている斎木昭隆外務事務次官だ。ジャーナリストの武富薫氏がリポートする。 * * * 斎木氏が次に仕掛けているのが11月に北京で開かれるAPEC首脳会議での日中首脳会談だ。安倍首相は4月8日、官邸で胡耀邦・元総書記の長男、胡徳平氏(人民政治協商会議常務委員)と面会した。 胡氏と習近平・総 [全文を読む]

内戦シリアで日本人男性拘束 情報少なく、外務省苦慮 海外メディアも混乱の様子伝える

NewSphere / 2014年08月19日18時02分

しかし、外務省の斎木事務次官は、シリアの内戦が調査を難しくしていると述べたと言う。 シリアでは、シーア派から分派した少数派のアラウィー派であるアサド大統領に対する民主化デモが反政府活動へと広がり、内戦に発展した。そこにやってきたスンニ派の過激派組織ISIS(イラク・シリア・イスラム国)は、シリアや周辺国出身のスンニ派武装グループを吸収し、急速に勢力を拡大。 [全文を読む]

米副大統領 安倍氏に対中緊張緩和に日本から動くべきと忠告

NEWSポストセブン / 2013年08月05日07時00分

さらに帰国すると、外務省の事務方トップの斎木昭隆・事務次官を訪中させた。 「お互いに関係を改善する努力をすべきだ。前提条件を付けずに、外相・首脳同士が胸襟を開いて対話を進めていく前に、事務当局同士が話をしていくことが大切だ」 明らかに日中首脳会談の実現に前のめりになっているのだ。 「総理は9月5日からロシアで開かれるG20首脳会談で安倍─習近平会談をセット [全文を読む]

訪中ドタキャン安倍首相 抗日戦争記念館の訪問検討していた

NEWSポストセブン / 2015年09月08日07時00分

しかし、その訪中に強硬に反対したのが斎木昭隆・外務事務次官だ。 外務C:当然です。官邸の一部では、総理が訪中する際に盧溝橋(抗日戦争記念館)まで足を延ばすことまで検討されていた。この7月から新たに反日展示を集めた企画展までやっている場所じゃないですか。 ──安倍首相が本気でそこまで考えていたのか。 外務C:本気でそれをやらせようとした人がいる。親中派は喝采 [全文を読む]

フォーカス