勤務 外務省に関するニュース

パソナ 海外勤務者の管理業務をワンストップで提供独自開発システム「AGAVE」で経費精算、社内申請、帯同家族情報を一括管理

PR TIMES / 2016年09月08日16時17分

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司)は、海外勤務者の経費精算や社内での各種申請、帯同家族の情報等を一括管理する独自システム「AGAVE(アガベ)」を用いて、企業の海外勤務者の管理業務をワンストップで提供するBPOサービス「海外勤務者管理業務支援サービス」を 9月8日(木)から本格的に開始いたします。日系企業の海外での事業活 [全文を読む]

大統領府長官に日本通の44歳を大抜擢したプーチンの深慮と外務省の無能

週プレNEWS / 2016年09月21日06時00分

東京のロシア大使館に勤務した経歴を持ち、佐藤さんとも旧知の仲のワイノ氏について今日はお話をいただきたいと思います。 佐藤 プーチンは非常に面白い人事をしています。イワノフ氏以外にも比較的高齢な主要ポストの人物を多く解任しているんです。これはいよいよプーチンが後継世代づくりを始めたということ。そしてプーチンは体制継承について、ブレジネフから学んでいると思いま [全文を読む]

佐藤優氏 後輩と外務省の思い出語り「ブラック官庁」と溜息

NEWSポストセブン / 2013年05月17日16時00分

筆者が勤務していた政務班は3階にあり、職員は男性ばかりだった。そのために部屋は汚く、便所からは悪臭がした。気持ち悪いので、筆者はこの便所を使ったことは一度もなかった。 ある時、陰険な2年上のキャリア職員に便所掃除を命じられた。便器には糞がこびりつき、アンモニアで目が痛くなる。それと、トイレで自慰行為をしている職員がいるせいか、陰毛とちり紙のかけらが大量に落 [全文を読む]

安倍政権大混乱。誰が外務省に東シナ海問題再燃を焚きつけた

まぐまぐニュース! / 2015年08月10日20時00分

通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。現在は半農半ジャーナリストとしてとして活動中。メルマガを読めば日本の置かれている立場が一目瞭然、今なすべきことが見えてくる。 [全文を読む]

中国経済改革機関No.2に習近平氏縁の人物抜擢 一本釣人事か

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

陳氏は浙江省勤務一筋だったが、北京の中央組織の幹部に昇進するのは極めて異例。浙江省は習近平国家主席が2002年から2007年までトップを務めていたこともあり、習氏の意向が強く働いた“一本釣り人事”とみられる。 最近も中国共産党の外交組織トップに、やはり習氏が17年間も勤務した福建省出身の幹部が昇格しており、これも「習近平人事」であることは確実だ。 陳氏は [全文を読む]

“デング熱をはじめとした海外からの感染症に負けない”【新刊】「パンデミック症候群~国境を越える処方箋~」が8月7日に発売

@Press / 2015年08月05日11時00分

著者が外務省医務官として海外勤務を経験してきた中で、「海外生活初心者」が直面する健康管理やメンタルヘルスに対する情報提供の必要性を痛感し生まれたのが本書です。【本書の特長】1.SARS流行渦中で対応にあたった経験から世間が求める情報を伝えます著者は2003年のSARS流行渦中の北京で大使館医務官として対応にあたり、社会のパニック状態への対処を経験しました。 [全文を読む]

出馬表明の石原慎太郎がアメリカのスパイに操られているとの告発本が

リテラ / 2014年11月20日11時54分

近年は評論家として日本外交について舌鋒鋭い批判を繰り広げているが、外務省ではソ連や米国大使館勤務を経て、主に情報分析畑を歩き、国際情報局長という要職にのぼりつめた人物だ。そんな孫崎が、尖閣諸島をテーマにしたノンフィクションノベル『小説外務省 尖閣問題の正体』(現代書館)を上梓し、その中で石原とアメリカとの密接な関係を暴いているという。一体どういうことか。 [全文を読む]

毛沢東は日本軍と共謀していた――中共スパイ相関図

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月16日15時23分

そこには潘漢年をはじめ、同じく毛沢東の命令を受けた中共側の廖承志(りょうしょうし)らが勤務しており、駐香港日本領事館にいた外務省の小泉清一(特務工作)と協力して、ある意味での「中共・日本軍協力諜報組織」のようなものが出来上がっていた。 [全文を読む]

元駐日大使・崔天凱氏の駐米大使起用の狙いは日米の離間工作

NEWSポストセブン / 2013年01月09日07時00分

崔氏はもともと英語が堪能で、国連代表部に勤務経験があるが、外務省報道局長時代に江沢民国家主席の目にとまり、その後、アジア局長、外務次官補に昇格するなど出世階段を上り、2007年10月に駐日大使に抜擢された。 「中国外務省で日本スクールでなく、日本語もできない外交官が駐日大使に任命されるのは異例」と当時、話題になった。 大使在任中は報道局長を経験しただけあ [全文を読む]

尖閣のトラブルごときで米軍は出ない…「中国脅威論」のウソを暴く

まぐまぐニュース! / 2017年04月19日04時30分

またその構成員たる民兵は、主として人民解放軍現役部隊に所属していない28歳から35歳の男性市民(一部必要に応じて女性市民を含む)であり、彼らの任務は、 社会主義近代化建設に積極的に参加し、先頭に立って生産と任務を完遂す 戦備勤務を担任し、辺境を防衛し、社会治安を維持する。随時に軍に参加し戦争に参加し、侵略に抵抗し、祖国を防衛する こととされている。 海上民 [全文を読む]

シリア拘束・安田純平氏を「自己責任」と言うのは正しいのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月09日12時00分

それをひとくくりにして危険な国だから全土について渡航制限というのは、自分たちが勤務したくないからだと勘ぐられても致し方ない面があるのです。 そんなことを口の中で呟きながら、安田さんの無事な姿を思い浮かべています。(小川和久) image by: Facebook(tarik abdul hak) 『NEWSを疑え!』より一部抜粋 著者/小川和久地方新聞記 [全文を読む]

横井裕・新駐中国大使が着任、初の記者会見開催―中国

Record China / 2016年05月17日13時50分

「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組出身で、前後して外務省中国課長、上海総領事、駐中国公使など、計4回、延べ10年の中国勤務経験をもつ「知中派」として知られる外交官だ。2010年に退任した宮本雄二・元駐中国大使に次ぐ「知中派」の起用となった。 菅義偉官房長官は横井氏の起用について、「中国勤務経験が豊富な中国専門家。わが国にとって重要な日中関係を一層強 [全文を読む]

語学を活かせる職場を求めて日本人・外国人63ヵ国のバイリンガル人材が集結

PR TIMES / 2016年03月31日11時27分

その中で、海外勤務経験を尋ねてみると、半数が海外経験を持っており、その内約7割は留学経験者であることが明らかになりました。約半数が22-25歳と比較的早い段階で海外勤務を経験しており、海外への留学後に、留学先で就職したのではないかと考えられます。また、約半数は3年以上の海外勤務経験を持っていることが明らかになりました。[画像2: http://prtime [全文を読む]

DC日本大使館、チャイナ・スクール不在の怪

Japan In-depth / 2016年03月27日00時00分

次期の中国駐在大使に内定したチャイナス・スクール長老の横井裕氏が二度もワシントン勤務をしたのもその代表例だった。いまこそワシントンでの中国ウォッチが重要なのになぜこんな現象が起きるのか。大使館の上層部に直接にその疑問をぶつけてみたが、明確な答えはなかった。やはり日本外務省の単なる年功序列の硬直人事、柔軟性や機動性の欠落人事という印象だけが残るのだった。 [全文を読む]

習近平主席 離婚によるショックでエリートコース放棄の過去

NEWSポストセブン / 2013年11月05日07時00分

習近平主席が「バツイチ」で、離婚歴があることは公然の秘密だが、習氏が離婚による精神的なダメージで、当時勤務していた中央軍事委員会での国防大臣秘書というエリートコースを捨てて、地方の末端幹部に転じていたことが分かった。香港誌「名声」が報じた。 これまでの“定説”では「地方で末端の民衆と国家建設に邁進したい」とか、「北京の周辺から出ることができない“籠の鳥”に [全文を読む]

中国 「優しくすれば優しくしてくれる」外務省発想は災いの元

NEWSポストセブン / 2012年02月20日07時00分

私はかつて香港の総領事館に外務省特別研究員として2年間勤務したことがありますが、「中国」というとそれだけで位負けするという体質があるようですね。 ※SAPIO2012年2月22日号 【関連ニュース】「対中外交ではアメリカを利用しろ」と中曽根康弘氏が提言APEC開幕 欠席した場合に外交的ダメージを受けるのは実は中国中国の軍事関連情報や分析 世界でワシントンが [全文を読む]

外務省はすでに注意を喚起――米朝関係は“決戦前夜”?

週プレNEWS / 2017年04月17日06時00分

もう“決戦前夜”という感じです」 神奈川・横須賀の在日米海軍基地に勤務する、ある米軍関係者はこう語る。 「第7艦隊のイージス艦は弾道ミサイル対処のために出港し、すでに所定の海域で迎撃準備OKの状態。また、空母『カール・ビンソン』を中心とする第1空母打撃群など第3艦隊の艦艇も続々と朝鮮半島沖へ向かっており、デフコン(戦闘準備態勢)が『レベル1(非常時)』に近 [全文を読む]

日本人は国連好きなのに国連を知らない、外務省の本音は「国益」よりも「対米一辺倒」―国連勤務25年の教授が批判

Record China / 2016年11月25日05時10分

13年まで国連職員として勤務。その間、国連本部の安全保障理事会や、PKO、安保理改組、ルワンダPKO、アフガニスタン和平交渉、イラク問題など一貫して、世界の平和と安全保障の問題に心血を注いだ。発言要旨は次の通り。 国連事務総長と日本の外務大臣との会談の場に同席し、日本が国連に何のメッセージも発しないことに驚き、国連を世界政府や世界連邦のような存在だと見てい [全文を読む]

金正恩に衝撃 エリート一家の亡命

Japan In-depth / 2016年08月27日23時00分

英国では約10年勤務し北朝鮮体制宣伝を行っていたが、本国に呼び戻されるのを前に、先月半ばごろ亡命を決行した。亡命理由に「子どもの将来」を挙げていることから、亡命の背景には子息の「意識変化」が絡んでいると考えられる。テ氏の亡命は、金正恩政権に大きな衝撃を与えている。テ氏の亡命が衝撃的なのは、彼が英国大使館を実質的に牛耳る党組織担当公使だっただけではない。彼の [全文を読む]

嵐・櫻井翔だけじゃない?“エリート官僚”を父に持つ芸能人

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日15時07分

外交官として国連代表部勤務のほか中東やアフリカを中心に大使館をまわり、外務省退官後は大学教授というポストにおさまっている。また、意外なところでは、タレントの神田うのの父親も旧通産省の元官僚だ。神田は父親の赴任に伴い、1歳でインドネシアのジャカルタに移住して3年の海外生活を経験している。 そして、これらエリート官僚の中にあっても、桜井氏の経歴はひと際飛び抜け [全文を読む]

フォーカス