最近 矢田亜希子に関するニュース

「子どもの存在でお金への考え方が変わった」矢田亜希子がマネー観を語る女性のマネーライフを応援する電子雑誌「美人財布」」vol.7

@Press / 2015年04月08日13時45分

■「美人財布」 テーマは、「ライフステージに合わせた お金の“育て方”」http://bijinzaifu.jp/表紙・巻頭グラビアは、最近では昼の帯ドラマ『花嫁のれん4』(フジ系)に出演し、話題となった女優の矢田亜希子さん。子どもの存在をきっかけに変わったという“お金”への考え方についてインタビュー。また、自身のビューティーケアについても話してくれました [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】おかずクラブゆいPに「キレイになった」の声 彼氏ゲットで美人度UP!

TechinsightJapan / 2017年03月15日13時03分

またやはり恋の力は偉大なのか、最近のゆいPはぐんとキレイになったと評判である。 「ゆいPに素敵な彼氏を紹介しよう!」と企画された番組で、「王子様が現れたと思った」とある初対面の男性に一目惚れしたゆいP。「いま私のことが好きじゃなくても、振り向かせたいと思える人」「もしよかったら私と付き合ってください」と真剣告白し、その一途な思いを男性が受け入れ交際へと発展 [全文を読む]

“非常識写真”投稿で矢田亜希子の足を引っ張り続ける押尾学

アサジョ / 2015年12月31日09時58分

最近のツイッターやインスタグラムではムキムキに鍛えた肉体美写真や、今年1月23日に行われるライブの告知も載せています」(芸能事務所関係者) 悠々自適な生活ぶりとはのん気なものだが、自分が投稿する写真が人に迷惑を及ぼしかねないことには、頭は回らないようだ。「写真の中には、矢田亜希子との間にできた子どもが小さかった頃の姿もあり、『元気にしてるかなぁ‥‥』とか、 [全文を読む]

“押尾の呪縛”から逃れられない矢田亜希子、新ドラマ出演で殻を破れるか!?

メンズサイゾー / 2013年12月25日10時00分

しかし、押尾との離婚後はテレビで見る機会がグッと減り、最近ではメディアに出るたびにネット上では「劣化してる」「こんなに老けて、押尾で苦労したんだな」という声が聞こえてくるようになった。また、昨年『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の人気コーナー『テレフォンショッキング』に出演した際、矢田は翌日のゲストに女優の大竹しのぶを指名したが、「初めまして」と挨拶。交 [全文を読む]

「フジテレビの“検証系番組”はヤバイ!?」視聴者に嫌われても、ヤラセをやめないテレビマンたち

日刊サイゾー / 2013年11月21日17時30分

最近は、同局の『ほこ×たて』が、ヤラセ発覚により打ち切り。翌月にも、BSフジの『風の見た自然たち』でカワセミの映像に虚偽が見つかり、翌週には打ち切りが発表された。 過剰演出体質に批判が集まるフジだが、番組制作会社関係者は「フジの体質は、今のままでは決して変わらない」と話す。 「『ほこ×たて』の件で、局内が反省ムードになるかと思えば、現場の人間はまったく懲 [全文を読む]

ジェームス三木氏「最近のドラマはナレーションが多すぎ」

NEWSポストセブン / 2012年12月30日07時00分

※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろしドラマで肌の露出が減る一方で描写ばかり過激化した理由は?過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開昭和のドラマ性描写回顧 故夏目雅子はNHKで初ヌード披露 [全文を読む]

同設定ドラマ増加理由 “海外で流行”といえば企画通るから

NEWSポストセブン / 2012年11月20日07時00分

最近のTVドラマで目立つのが「海外ドラマからの拝借」だ。ある脚本家がいう。 「昔から、海外の名作を参考にしたドラマ制作はよくありました。しかし最近は露骨すぎる。たとえば、今年3月まで放送していた『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)では、ヒロインの小泉今日子が、男から“ごめん、無理”と書かれた付箋を渡されてフラれるシーンがあるんですが、実は『セックス・アン [全文を読む]

おひとり様生活続ける小泉今日子 韓流ドラマにどっぷりハマる

NEWSポストセブン / 2012年07月01日07時00分

最近は韓流ドラマにどっぷり。もともとクォン・サンウが好きで、彼のドラマを見ては号泣してたんですが、最近はドラマの御曹司がど真ん中。次から次にドラマを制覇してるそうですよ」(テレビ局関係者) そんな“廃人化”のため、誰ともしゃべらない日が何日も続くときがあるそう。そんなときは親友に電話をする。「私、3日もお風呂にはいってない」って。すると相手も同じ状況だ [全文を読む]

タモリもやる気ゼロ......『笑っていいとも!』テレフォンコーナー改新の断末魔

日刊サイゾー / 2012年04月14日08時00分

以前は、曜日ごとに趣向を凝らしたコーナーを考えていたが、最近は頭打ちで、曜日レギュラーの入れ替えも頻繁」(同) もはや、『いいとも』の顔であるタモリ自体のやる気のなさが目立ち、同番組と比べ、自分の好きなテーマを取り上げる『ブラタモリ』(NHK)と『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)では生き生きした表情を浮かべているだけに、そろそろ潮時のような気がしてならないの [全文を読む]

上川隆也「最近実生活では缶コーヒーの文字が読みづらい…」

NEWSポストセブン / 2012年01月30日16時00分

最近、実生活では缶コーヒーの文字が読みづらい…そんな僕が、ドラマのなかでふたごに振り回され、中年の体にムチ打って駆けまわっています」 『ステップファザー・ステップ』は、累計100万部超のロングセラーとなっている宮部みゆきの同名小説をドラマ化したもの。上川が「20年余の役者人生で名前のない役は初めて」と語る通り、台本上の役名も「俺」という正体不明の孤高の [全文を読む]

美味しい料理は料理番組だけじゃない!?日本ドラマの名(迷)料理人10選!

日本タレント名鑑 / 2016年02月13日09時55分

最近、男子が活躍する料理番組が流行っています。それだけでなく、男女ともに料理ブロガーや家庭料理の達人が料理本を出したり、バラエティ番組にもひっぱりだこ。料理そのものもそうですが、料理をする手際の良さや、真剣な姿が人の心を引き付けるのかもしれません。 そして、それはドラマでも同じこと。魅力的な料理や料理人は、ドラマの素敵なスパイスになります。今回は、日本ドラ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】おかずクラブ、肩出しドレスで悩殺。セクシーなゆいPに春日も惚れ直す?

TechinsightJapan / 2015年12月16日12時40分

最近はオードリーの春日俊彰が『ジョブチューン 人気芸人のヒミツ大ぶっちゃけSP』(TBS系)にて、ゆいPが好きな女性のタイプであることを明かして話題になっていた。 2015年後半に大ブレイクしたおかずクラブは、年末年始のテレビ番組に引っ張りだこであろう。来年もぜひ、活躍してほしいものだ。 ※画像は『小沢一敬 ozawakazuhiro Instagram』 [全文を読む]

朝ドラヒロイン“ひとり負け”夏菜の迷走が止まらない!? 押尾学事件の余波が、ここにも……

日刊サイゾー / 2015年01月23日11時00分

おそらくシャーロットも、そんな状況をよく理解して、日本で勝負してみようと思ったのだろう」(テレビ誌記者) そんな中、最近、あまり目立った活動をしていないのが、2012年10月~13年3月まで放送された『純と愛』のヒロイン・夏菜だ。ドラマ初主演の同作でオーディションを経て見事にヒロインの座を射止めたが、ドラマの放送終了後の目立った仕事といえば、連ドラは『ダブ [全文を読む]

江角マキコが“ママ友”からの壮絶イジメ体験を告白 「地味ファッションが基本」の芸能人ママたち

日刊サイゾー / 2014年07月31日17時30分

最近の“芸能人ママ”たちは、一般人の“ママ友”に溶け込めるよう、単色スーツやナチュラルカラーの私服など、極力、地味目な格好を心がけているといいます。それだけ、周囲から注目されてしまうということでしょう」(同) 業界での評判は悪くないものの、「威圧的」「発言が押し付けがましい」などと誤解されることも多い江角。ただでさえ目立ってしまう芸能人にとって、“ママ友” [全文を読む]

「いいとも最終回」タモリへの表彰状だけじゃない、ビートたけしのスゴいスピーチ

AOLニュース / 2014年04月05日10時00分

最近では新垣さんとの一度壊れた友情も復活し、今では2人で元気に作曲活動に勤しんでおります」と、タモリから「やめなさい(笑)」と言われながらもギリギリを攻め続けるたけし。終始タモリを含めた会場全体を笑わせ続け、最後には「A女E女」復活を望む会会長・イジリー北野とまとめていた。そんなビートたけしのブラックなネタだらけだが爆笑のスピーチは過去にも沢山ある。林家三 [全文を読む]

【ウラ芸能】矢田亜希子、「新女王」になった?!

NewsCafe / 2014年03月10日15時00分

最近は新ステマの女王という異名をとっています」デスク「ステマってなんだっけ?」記者「チッ! ステルスマーケティングの略です。消費者に宣伝と気づかれないようにPRする手法のことですよ…」デスク「ああ、タレントがブログで"これお気に入りです”とかなんとかやるやつな。それが問題あるってか」記者「もちろんですよ。矢田の場合は以前に問題化したタレント、ほしのあき(3 [全文を読む]

“裏のフィクサー”に銃弾2発! 政界、警察、国税、暴力団そしてバーニングとの因縁は……?

日刊サイゾー / 2013年10月14日16時00分

ここ数年、安藤氏のメッキが次々と剥がされたこともあって、一時は、安藤氏の息子が経営する赤坂のすし屋――一説には一人、3万円以上取る超高級な店――に、芸能関係者が日参していたにもかかわらず、最近では距離を置くようになったという。 そうした虚像をまとってきた安藤氏に対して、恨みを持っている人物は少なくないといわれている。2001年に“芸能界のドン”と呼ばれる周 [全文を読む]

昭和のドラマ性描写回顧 故夏目雅子はNHKで初ヌード披露

NEWSポストセブン / 2012年12月25日16時00分

テレビドラマと性描写は切っても切れない関係にあるが、最近ではBPO(放送倫理・番組向上機構)などの存在もあり、過激な描写が減っている。今では「脱ぐなら映画で」が当然となり、テレビで脱ぐ女優はほとんどいない。しかし、1970~80年代にかけてのテレビドラマには、大物女優が濡れ場を厭わないだけの重厚さが備わっていた。 たとえば1980年に放送され話題を呼んだN [全文を読む]

「フジは韓流に頼り過ぎ。手抜きで数字取れぬ」と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月17日16時00分

テレビ局が使えるお金が最近ますます減っているという。今はどんな状況にあるのか。現場スタッフがテレビ業界の実態を語り合った。 日本テレビ系報道番組ディレクターA:ドラマ現場は制作費の削減で頭を抱えている。カネをかけない方針が、そのまま数字に出てしまっている。 フジテレビ系ドラマ番組プロデューサーB:フジテレビの『家族のうた』と日本テレビの『クレオパトラな女た [全文を読む]

酒井法子の情報解禁に異変、いよいよ“芸能界のドン”がおでましか

サイゾーウーマン / 2012年11月02日13時00分

ここ最近、決まった時間に必ず外出していた酒井は、まったく姿を現さなくなっているのですが……」(週刊誌記者) 復帰が近付くこの時期になって、酒井側がこれまで行ってきたメディア対策も、ガラリと様子が変わってしまった。その背景には、やはり“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション社長の存在がチラついているそうだ。 「明らかに、バーニング御用達の各媒体に、優先し [全文を読む]

フォーカス