現在 松下由樹に関するニュース

『ナースのお仕事』はリアルな医療現場を反映、関係者から賞賛の声

AOLニュース / 2014年11月04日12時12分

去る10月30日・11月1日の二夜連続で放送された特別ドラマ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)について、放送終了後の現在、おもわぬところから賞賛の声が相次いでいる。 特番を含め、最後の放送からおよそ12年の時が経過したこの作品、これだけの歳月を経ても変わらず、むしろその魅力が増している主演の観月ありさや松下由樹、伊藤かずえといった豪華な顔ぶれが織り成すその [全文を読む]

松下由樹から「略奪」の過去も……再婚報道のマイラバakko、その“したたか”な一面とは?

日刊サイゾー / 2014年05月17日09時00分

02年に藤井が、06年に小林が脱退したことで、現在はakkoのソロ・プロジェクトとして名前を残した状態だ。 プライベートでは、デビュー翌年の96年に小林と結婚。2児をもうけたが、08年に離婚した。小林は当時、離婚理由を所属事務所のホームページにて「家庭とマイラバの両面で二人三脚で歩んできた2人ですが、音楽的に方向が違ってきたことを含めて、だんだんと足並みが [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

しかし、現在のドラマと言えば3カ月クールが基本。気が付いたら終わっていた・・・なんて事も多く、後からじわじわタイプの作品も増えています。 人気作にもそれぞれありますが、今回はそんな「じわじわ評価ドラマ」をいくつか集めてみました。 放送前から好評価。放送中にじわじわ!右肩上がりで伝説の作品に!放送中に話題を呼び、大きく人気が上昇した作品といえば、最近ではやは [全文を読む]

<現役弁護士が観る「最後の証人」>倉科カナの座ったままの「異議あり!」は残念…だけど次回が楽しみ

メディアゴン / 2015年02月13日00時48分

事故は、現在の不倫相手、島津の信号無視が原因であったが、島津は権力で事件をもみ消していたのだ。末期がんで余命短いことを知った美津子は、自分の命と引き換えの復讐を計画する。島津に近づき不倫関係を結び、夫とも不仲を装い偽装離婚までして、ホテルでの密会を重ねる。そして事件の日、結婚を迫って断られ逆上したとみせかけてステーキナイフを島津に向ける。ホテルから逃げる島 [全文を読む]

不倫略奪から7年間の交際の末に破局。一青窈の現在とは?

messy / 2014年10月28日17時00分

しかしネット上では「一青窈が歳とったから、小林が捨てたんだろ」「小林は若い女しか相手にできない」などなんとも辛辣なコメントがあふれており、さらに小林の新しい交際相手として現在小林がプロデュースしている歌手salyu(34)の存在もクローズアップされている。 [全文を読む]

コブクロ、新曲「SNIFF OUT !」がテレ東ドラマ主題歌に決定

Entame Plex / 2016年01月05日11時19分

昨年も、ドラマでは『DOCTORS 3 最強の名医』主題歌、ロッテ Ghana CMソング、現在公開中の映画『orange』主題歌を担当するなど、積極的にタイアップ楽曲を制作してきたコブクロ。連続ドラマ主題歌は14作目となるが、テレビ東京系列での主題歌は初。 このドラマは小泉孝太郎演じる、マイペースで世間知らずの “究極のKY”なキャリア警視・小早川冬彦 [全文を読む]

コブクロ テレビ東京と初コラボのドラマ主題歌決定

dwango.jp news / 2016年01月05日08時15分

ドラマでは『DOCTORS 3 最強の名医』主題歌、ロッテ Ghana CMソング、現在、人気公開中の映画『orange』主題歌を担当。そして、2016年1月からのドラマ主題歌も決定した!!連続ドラマ主題歌は14作目となるが、テレビ東京の主題歌は、初となる。このドラマは小泉孝太郎演じる、マイペースで世間知らずの “究極のKY”なキャリア警視・小早川冬彦が [全文を読む]

「ナースのお仕事」復活で松下由樹がネット上で人気 「柔らかそう」「まだいける」

AOLニュース / 2014年10月31日19時25分

フジテレビ系の人気ドラマシリーズ『ナースのお仕事』が、10月31日夜と11月1日夜の二夜連続の特別ドラマとして"復活"することを受け、現在、番宣のために情報番組などに出演している松下由樹(46)が、「かわいい!」「いい感じになってきた!」とネット上で話題となっている。 1996年に観月ありさの主演でスタートしたこのドラマ、準主役の看護師・尾崎翔子役で松下が [全文を読む]

アミューズシネマセレクション 20 世紀映画祭 開催決定!

PR TIMES / 2013年10月26日10時18分

総合エンターテインメント事業を展開する株式会社アミューズは、80 年代から現在まで、香港や韓国、中国とのコラボレーションによる良質な作品をいち早く手掛け、また多くのミュージシャンによる企画作品を制作するなど、オリジナルな視点で映画に関わって参りました。そして、このたび「アミューズシネマセレクション 20 世紀映画祭」と題した映画上映イベントを実施することが [全文を読む]

フォーカス