結婚 松下由樹に関するニュース

独身なのが不思議な美女ベスト10。3位は鈴木京香・49歳…

女子SPA! / 2017年09月27日08時47分

9月1日に結婚を発表した武井咲(23)。武井以外にも黒木メイサ(29)や仲里依紗(27)など20代前半で早々に結婚した芸能人がいる一方で、独身を貫いている女性芸能人もいます。 結婚する・しないは個人の選択ですが、仕事が忙しすぎてタイミングが合わないのか、それとも譲れない理想があるのか……。「なぜ未婚なんだろう?」と思う人を調査しました。 アラフォー以上の美 [全文を読む]

『警視庁ゼロ係』小泉孝太郎のKY役に反響 松下由樹&安達祐実の強烈キャラも健在

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月22日12時50分

劇中、小早川が捜査中に同期で同じく警視の伊達(駿河太郎)を寺田にお勧めし「今年こそ幸せな結婚してほしいんです。世界中の未婚女性に、寅三先輩でも結婚できるんだぞ!って勇気と希望を与えたいんです」といつものKY発言をすると、寺田は「結婚結婚って、結婚がすべてじゃねぇ~!!」と叫ぶシーンなどもあり、放送後にSNS上では「いや~ホントこのシリーズの小泉孝太郎さ [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

一見、良い感じに見える二人ですが、光の衣装が燃えれば千代のせいにされ、幼馴染の金持ちが無理やり結婚を迫り、ユリのデザインが盗まれて疑われて退職、実は光と兄妹かも・・・、光のお父さんの会社が大変なことになる、光とみさ子が婚約する・・・、さらには、ゴーストデザイナーになったり頑張って作った花嫁衣装をとりあげられたり、恩師を裏切るハメになったり・・・。まぁ見事 [全文を読む]

松下由樹から「略奪」の過去も……再婚報道のマイラバakko、その“したたか”な一面とは?

日刊サイゾー / 2014年05月17日09時00分

「彼と知り合ってからはもう何年も経っているのですが、始めの頃はお互いなんとも思っていなかった」というが、「いろいろな話をしていくうちに、ビックリするくらいイメージが近いと言いますか、お互いの目指す方向が限りなく近い」と気づいたことが結婚に至った理由だと明かしている。 My Little Loverは、akkoとギタリスト・藤井謙二を小林武史がプロデュースす [全文を読む]

芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(4)久本雅美は結婚願望をアピールするが…

アサ芸プラス / 2016年09月20日09時57分

さまざまな事情がかいま見える中、久本雅美(58)はいまだに結婚願望を猛アピールしている。 今年8月、自著の出版会見で周囲の男性について「私のことが好きなのか、お金目当てなのかわからないのよ」と笑いを誘いつつ、「諦めてないわよ」。「現状は、心を寄せる宗教活動が忙しいようですね。久本がかわいがる後輩芸人のいとうあさこ(46)も同じです。都内の私立女子高御三家、 [全文を読む]

やはり圧勝!「幸せになってほしい」独身女性芸能人ランキング

しらべぇ / 2017年02月21日06時30分

結婚が必ずしも「女の幸せ」ではない――といった価値観が定着しつつある昨今でも、女性は「ずっと1人でいるなんて」と思われがち。年齢を重ねた独身女性は、素敵な人ほど「(結婚して)幸せになってほしい」といった意見にさらされることが少なくない。しらべぇ編集部ではアラフォー以上の独身女性芸能人をピックアップし、全国20~60代の男女1,381名を対象に「幸せになって [全文を読む]

小林武史、愛娘・HARUHIプロデュースに「完全コネじゃねーか!」と批判の声 一青窈との不倫の「罪滅ぼし?」の声も

おたぽる / 2016年06月12日12時00分

HARUHIは、96年に結婚した、My Little Loverのボーカル・akkoとの間に生まれた次女だという。 「映画が公開された当初からウワサはあったものの、『週刊女性』によって親子であることが公にされると、HARUHIの歌声を聴いたことがない人からは『完全にコネ採用だね』『横文字系アーティスト多すぎて、誰が誰だかわからん』などと批判の声が殺到。その [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(2)熟女優の舞台裏 黒木瞳「初対面で挨拶しない」共演者は無視 檀れいは代理店幹部に「ボディタッチ攻撃」

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

ですが、03年に結婚してから状況が一変しました」(民放ディレクター) 確かに、結婚直後に江角の「年金未払い」が発覚、社会保険庁のイメージキャラを務めていたこともあり大問題に発展した。さらに03年以降はフジテレビのドラマ出演がみごとに皆無となっている。結婚でスタッフ受けが悪くなるとは、女優とは難儀な仕事である。 「明るくて話しやすいけど、敬遠されがち」と評さ [全文を読む]

結婚しないテレビ美熟女14人(1)

アサ芸プラス / 2012年06月26日10時59分

松田聖子が3度目の結婚を発表する一方で、近年の世相を反映してか、芸能界でも目下、独身熟女が増殖中。はたして彼女たちは、どんなオトコ関係を送っているのか。 G乳を押しつけてメロメロに 都内の約2億円マンションでの同棲生活が発覚‥‥といえば、浅野ゆう子(51)である。6月12日、「女性自身」の報道によって明るみに出たその相手は、故・田宮二郎の次男で俳優の田宮五 [全文を読む]

「まるでリベンジポルノ」不倫告白の一青窈が怖すぎる……“お相手”小林武史の心中や、いかに!?

日刊サイゾー / 2015年09月29日11時00分

小林は女優の松下由樹と長く交際した後、当時自らが所属していた「My Little Lover」のakkoと1999年に結婚。2人の子どもをもうけたが、05年ごろに一青と知り合い、07年に不倫交際が発覚した。妻との関係がおかしくなった小林は「My Little Lover」を脱退し、その後に離婚。晴れて一青と同棲していたため「略奪愛」といわれてきたが、その関 [全文を読む]

不倫略奪から7年間の交際の末に破局。一青窈の現在とは?

messy / 2014年10月28日17時00分

これまでに小林が過去に交際を報道された女性を振り返ってみると……まず、まだ小林が有名になる前に一般人女性と結婚、そして離婚。続いて自身がプロデュースしていた歌手の大貫妙子と交際の噂。さらにその次には当時トレンディドラマで大活躍していた女優の松下由樹との熱愛報道が出る。この2人の交際は8年間に及んだとされており、小林は松下と一緒に山形の実家にも帰省、自分の [全文を読む]

深田恭子のお願いに瑛太が奮闘!?【夏ドラマ人物相関図(金曜ドラマ編)】

ザテレビジョン / 2017年07月21日07時00分

■ ワケあり男女が不器用な恋愛で結婚を目指す「あいの結婚相談所」(7/28金スタート、毎週金夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系) 成婚率100%を誇る結婚相談所を訪れる、癖のある男女を所長・藍野(山崎育三郎)とシスター・エリザベス(高梨臨)が結婚に導く模様を描く。シスター・エリザベスに渡されたチラシを見た証券マンが“あいの結婚相談所”を訪れる。結婚 [全文を読む]

<現役弁護士が観る「最後の証人」>倉科カナの座ったままの「異議あり!」は残念…だけど次回が楽しみ

メディアゴン / 2015年02月13日00時48分

そして事件の日、結婚を迫って断られ逆上したとみせかけてステーキナイフを島津に向ける。ホテルから逃げる島津。一人残った美津子は自ら心臓を一突きして果てる。すべてが悲しいシナリオどおり。島津を殺すのではなく、自分への殺人犯に仕立てて何もかも失わせるという復讐のカタチだった。しかし、佐方は密会を隠すために、島津が閉めたはずのカーテンが開いていたことに疑問を持つ。 [全文を読む]

観月ありさ、セレブ社長とラブラブすぎて大ヒンシュク!? 『ナースのお仕事』復活にも不安

メンズサイゾー / 2014年09月30日19時15分

プライベートでは今年4月に熱愛が報じられた実業家の青山光司氏(42)と結婚間近といわれ、まさに公私共に充実してきたといえそうな状態。だが、その一方で青山氏との交際をきっかけに、心配な情報も流れ始めている。 その一つとして報じられたのが「勘違いセレブ化」。東京スポーツによると、観月は8月に開催されたレディー・ガガのライブに青山氏と二人で行ったが、開演直前に [全文を読む]

加藤綾菜の顔が激変!! 女優業進出でひそかに充実もブログの広告効果は圧倒的ダウン?

messy / 2016年02月20日01時00分

結婚以来、何かと話題になってきた“45歳差夫婦”、加藤茶(72)と綾菜(27)だが、2016年に入ってからはベッキー不倫休業にSMAP解散騒動、清原逮捕などなど芸能界のビッグニュースが続いてすっかり影を潜めている。これまで話題のネタになるのは主に彼らのブログだったが、最近は同じ加藤でも狩野英孝の彼女“ガリガリな(加藤)紗里~”をはじめとするニューカマーたち [全文を読む]

離婚危機も通過、赤西仁を変え「結婚」という賭けに勝った黒木メイサ

messy / 2015年10月06日18時00分

2人は12年2月にいわゆる“できちゃった婚”で電撃結婚。以降、今まで何度も不仲説が浮かんでは消えているのだが、裏腹に、夫婦2人きりで六本木ヒルズ内をデートしている風景や、赤西の親友でメイサも信頼を寄せている城田優(29)を交えて一緒に行動しているところなど、隠し撮りされる機会も多い。さらに10月6日発売の「女性自身」(光文社)の記事では、不仲どころか協力し [全文を読む]

「ハナミズキ」もアレの歌!一青窈“出産直前”暴露話に女性陣が総スカン

アサ芸プラス / 2015年10月02日05時59分

対談相手の阿川佐和子が“過去の恋愛”について話題を向けると、『7年間、恋人だった相手に家庭があることは知らなかった』『あきらめきれず、相手への思いを詩にして送り続けた』『相手は離婚したが、自分は結婚も出産も求められる身分ではなかった』などと赤裸々に告白していました。出産前で“マタニティハイ”だったのが暴露の原因ではと言われているのですが‥‥」(週刊誌記者) [全文を読む]

陣内智則に攻めてほしい大物女優ランキング

messy / 2014年10月13日12時00分

まず、アノ藤原紀香と結婚までした男ですよ。代表作のない大女優・藤原紀香、楽屋に加湿器を10台以上持ち込む潤い大女優・藤原紀香。そんな二人の結婚生活は、夫の動物アレルギーを一切考慮しなかった紀香に嫌気がさした陣内の不倫によってあっさり崩壊するわけですが……(嫁が紀香とわかっていながら、陣内とヤッちゃえる女も相当すごい)。 離婚後も陣内はモテのアウトバーンを降 [全文を読む]

ぷに子ブームも“ぽっちゃりがモテる”との錯覚は危険と指摘

NEWSポストセブン / 2013年06月16日07時00分

60kgを超える体重を聞いた瞬間にドン引きする」(33才) 「太っている女性はだらしない性格に思えてしまって、とてもつきあえない」(40才) 「娘がそんな体重になったら、叱りつけてでもダイエットさせる」(50才) 「結婚して20年、太ったなと感じる妻でも57kg。60kgを超えたら一緒に歩いていて恥ずかしいレベルです」(48才) と、ぷに子に“NG”を叩き [全文を読む]

フォーカス