演技 松下由樹に関するニュース

卓球 伊藤美誠がドラマ初挑戦「警視庁ゼロ係」で小泉孝太郎と再会

dwango.jp news / 2017年07月21日11時26分

演技をする前は、ずっとそわそわしていて、「本当に大丈夫かな。」と思いましたが、自分じゃないみたいな感じで、やっていく度に楽しく演技ができたのでよかったです。今回ドラマに出演したことで、多くの人に卓球のことを知ってもらいたいと思います。(Q. 試合前とドラマ撮影、どちらが緊張しましたか?)ドラマ撮影の方が緊張しました。試合前は緊張しない方なので、久々の緊張感 [全文を読む]

就活家族、木村多江の「笑顔が怖すぎる」!?

日刊大衆 / 2017年01月25日15時00分

初回放送から重々しい場面が描かれたが、中でも木村多江(45)の演技が「怖すぎる」と話題になっている。 木村は、三浦演じる父の洋輔にセクハラの濡れ衣を着せて退職に追い込んだ川村優子を演じている。第2話では、洋輔を慕っていたはずの優子が豹変し、「お願いですから、もうつきまとわないでください!」と叫んだり、かと思えば、職を失った洋輔に対し「ずっと好きだったんです [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

同じくじわじわ人気となったコメディドラマ『リーガルハイ』で、弾けた演技を見せてくれた堺雅人さん主演ということで、放送前からもある程度話題ではありましたが、最終回にむけて視聴率はうなぎ登り。日本国内どころか、アジア各国でも大きな注目を集めました。 もともと人気の高い原作者の池井戸潤氏ですが、その後の作品も池井戸氏原作なら面白かろうと安定の人気。2014年『花 [全文を読む]

離婚危機も通過、赤西仁を変え「結婚」という賭けに勝った黒木メイサ

messy / 2015年10月06日18時00分

妊娠8カ月・産休直前の刑事を演じている黒木だが、その演技は「なるほどさすが経産婦!」と大きく頷いてしまうほどの自然なものだ。ガニ股気味にガシガシと歩く様子や、椅子に座る際の大儀そうな演技など、どのシーンでも実に無理のない様子で大きなお腹を抱えた妊婦を演じている。黒木のこの自然な演技も、ドラマの見どころのひとつとなっている。 2012年9月に女児を出産し、 [全文を読む]

松井玲奈主演 開局55周年記念番組メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」で豪華キャスト大集結!そして玲奈ちゃんの今回のお相手はあの浜野謙太!

PR TIMES / 2017年01月13日11時28分

コミカルな演技でストーリーに新たなスパイスを加えてくれます。ベテランから新顔まで、ローカルドラマとは思えない豪華なキャスト陣。果たして誰と誰が共演し、一体どんな化学反応を起こすのか?4日間、どの回も目が離せません!そして、地元を愛する「名古屋行き最終列車」はさらに地域貢献に一役買います!昨年「最も魅力に欠ける都市」となってしまった名古屋市の「Save th [全文を読む]

「警視庁ゼロ係」で松下由樹が男勝りな寅三を熱演中!

Smartザテレビジョン / 2016年01月22日17時20分

そんな新境地を開拓した思いや演技について話を聞いた。――松下さんのイメージとは正反対の寅三ですが、実際に演じられてみていかがですか?このドラマ自体が刑事ものというよりは、事件を追うだけでなくて、ゼロ係のメンバーのキャラクターが際立っているドラマで、みんながどんなことを考えてどんな行動をしていくんだろうって思わせるような物語です。寅三という役柄だけでなくスト [全文を読む]

おばちゃん化してプチブレイク中!佐藤仁美が手にした新たなポジションとは?

アサ芸プラス / 2015年11月02日09時59分

高校生時代にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、優れた演技のできる美少女として芸能界入りした佐藤。それが今では、趣味のパチスロや飲酒時の失敗をバラエティ番組でガハハと語る、おばちゃんキャラで人気を博しているのだ。「それでも佐藤の演技力は衰えていません。この番組でも芸人たちの中に入って、コントをピリッと引き締めています。このポジションは [全文を読む]

【試写室】「緊急取調室」名女優の演技でマル裸に!

Smartザテレビジョン / 2015年09月27日06時00分

記事でも度々書いてきたが、一足先に完成DVDを見せてもらった感想は、天海、松下、斉藤…3人の女優たちの演技が圧巻ということに尽きる。特に松下の演技は恐ろしい。おしとやかな元受刑者から、有希子を挑発する老練な被疑者、はたまた友人思いの地味な女性、それらを切り替えるスイッチが最初から体に付いているのかのように、次々と新しい顔を見せる。どれが本物の顔なのか、最後 [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

また、キーマンとなる光の家庭教師役を演じる緒沢凛さんの演技も光っています。 ひとつ屋根の下のどろどろ恋愛劇。昼ドラ『愛の嵐』『牡丹と薔薇』 ドロドロといえば、お馴染み「昼ドラ」。定番の昼ドラお馴染み展開といえば、孤児から使用人になった男がお嬢様と心を通わせるもののお嬢様は他の人と結婚。復習に燃えた男が成功して戻ってくる、名作『嵐が丘』を日本風にアレンジした [全文を読む]

高橋克典がテレビ朝日・木曜ミステリー枠に初登場!

Smartザテレビジョン / 2015年02月19日07時00分

ことし1月の「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」(テレビ東京系)で時代劇を経験した高橋は、「当時、松平さんの演技を見て勉強させていただいたので、今回の初対面では、『暴れん坊将軍だ…』と思ってしまいした」と明かし、「京都のこともよくご存知ですし、胸を借りるつもりでお世話になりたいと思います」と語った。 池田邦晃プロデューサーは、「高橋さん演じる主 [全文を読む]

三宅裕司率いる「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第3弾『熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち』5万人を動員した大爆笑東京喜劇が6月2日(金)DVD発売決定!

PR TIMES / 2017年03月19日12時27分

今回ゲストには、演技派としてドラマ・舞台などで幅広い役柄をこなし、持ち前の美貌と確かな実力を兼ね備えた松下由樹。さらにミュージカル界でトップクラスの人気を誇る笹本玲奈を迎えています。このメンバーに加え創立37年目の劇団SETの劇団員も参加し、公演をさらに華やかに盛り上げます。豪華メンバーが融合して織り成す笑いは、新橋演舞場を笑いの渦に巻き込み、次々と展開し [全文を読む]

上川隆也“佐方シリーズ”第3弾に「何とも言えない喜び」

Smartザテレビジョン / 2016年11月11日05時00分

上川と本仮屋の本格共演は今回が初めてながらも、息の合った演技を披露、佐方とコンビを組んで、真相に迫る。さらに、佐方と共に東京地検特捜部に派遣される同期検事・庄司真生役の松下由樹、佐方を陰ながら支える筒井義雄部長役の伊武雅刀、疑惑の渦中にある大物議員の大河内を演じる寺田など、“佐方ワールド”を支えるおなじみのキャストも顔をそろえる。その他、佐方の亡き父の謎を [全文を読む]

三宅裕司率いる熱海五郎一座の最新公演を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年09月28日14時37分

第3弾では、大ベテランの演技派女優・松下由樹、ミュージカル界の注目株・笹本玲奈をゲストに迎えている。 時事ネタをふんだんに盛り込みつつも、どこか懐かしく温かい笑いで包み込み、全力で笑わせてくれる彼らの汗だくの姿は感動的。ここでしか味わえない“極上の笑い”あふれるステージを目撃しよう。 【ストーリー】箱根の老舗旅館「ふじみ楼」は、隣接する「ヨルトンホテル」に [全文を読む]

芦田愛菜の完全なる黒歴史……フジ『OUR HOUSE』最終回の茶番に「一つも共感できない」と酷評祭り

日刊サイゾー / 2016年06月14日00時00分

相変わらず、愛菜ちゃんの泣きの演技がすばらしいだけに、「この脚本で涙を消費しないでほしい」と思ってしまいます。 [全文を読む]

加藤綾菜の顔が激変!! 女優業進出でひそかに充実もブログの広告効果は圧倒的ダウン?

messy / 2016年02月20日01時00分

うぅ~~~ん、加藤も特に演技に定評があるわけではなく、見ようによっては、また中年以降の世代であればドリフのコントと錯覚しそう。そして綾菜の芝居がへたくそを通り越して“珍妙な行動を取る危ない女”みたいになっていて異様な存在感。これはこれで視聴者は釘付けになるだろう。次回もこの夫婦のロボットのような掛け合いが楽しみである。何にしろカトちゃん元気そうでよかった。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小泉孝太郎主演ドラマ『警視庁ゼロ係』のキャスト写真に「面白そう~」

TechinsightJapan / 2016年01月15日09時35分

『下町ロケット』とは違った設定で小泉孝太郎がどのような演技を見せてくれるのか、そしてその彼にキャストがどう絡んでくるのか、楽しんで見られるドラマとなりそうだ。 出典:https://www.instagram.com/tko.kinoshita (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

イライラムカムカさせるのは名女優の証拠!ドラマの中の印象的な悪女10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月30日12時55分

視聴者にそう思わせるほどの演技力が必要な上に、悪役のイメージが付きすぎてその後の女優人生の方向性も変わってしまうため、引き受けるのも勇気がいる悪女役。そんな印象深い悪女を10人ピックアップしてみました。 典型的な意地悪。ある意味裏表のない素直な人!?1994年に放送され、衝撃を与えた『家なき子』。家庭内暴力や、信頼していた教師や伯父の裏切り、殺人、殺人未遂 [全文を読む]

「もう…天才ですよ」天海祐希が松下由樹にお手上げ?

Smartザテレビジョン / 2015年09月16日05時00分

そんな緊張感を持ちながら、“こう演じたら怖いな”というようなことはあまり考えず、思い切ってやりたいと思っていたんです」と、松下は撮影前の演技プランを明かす。 一方、天海も「相手を傷つけてしまいそうな動作って、演じている本人が一番緊張するんですよね。松下さんにはそういう心配をしながらお芝居をしていただきたくなかったので、『ホントにもう、ザクザクに切っていただ [全文を読む]

1年半ぶり「キントリ」復活!今度の相手は“Wゆき”

Smartザテレビジョン / 2015年08月18日05時00分

同作は昨年1~3月に連続ドラマとして放送され、ヒットメーカー・井上由美子氏が手掛ける脚本、そして天海をはじめとする実力派俳優たちの魂の込もった演技が大きな話題を集めた。日本が誇る名優たちによるスリリングかつ爽快感あふれる世界観が多くの視聴者をとりこにしてきた。一癖も二癖もあるベテラン男性取調官たちに囲まれ、“言葉と心理戦による駆け引き”を行いながら、一筋縄 [全文を読む]

松平健の“京都案内”に高橋克典ワクワク感いっぱい

Smartザテレビジョン / 2015年04月14日22時18分

戸隠自身も被害者遺族になる事件を経験していますから、大事に一生懸命演技しなければならないと思います」とコメント。 一方、松下は「実際に支援室で働いている方にお会いしたことがあるんですけど、やはり刑事の方とは少し違って物腰が柔らかい感じがしたので、そういう点を役に取り入れるようにしていますね」と話す。 松平は「高橋さんは爽やかで男っぽくて、正義感に満ちあふれ [全文を読む]

フォーカス