高校 鈴木京香に関するニュース

飯島直子 夢叶えるために毎日欠かさず“お題目”

WEB女性自身 / 2016年03月06日06時00分

高校にも行かないで、10代のうちに免許を取って早く社会に出たかったけど、高校に通いながら美容学校の通信教育を受けることにしたのね」 中山「それ、ものすごいことだよ」 飯島「高校卒業してからちょっとだけ美容室にもインターンで入ったんだけど、迷ってしまって 。経験がないから当たり前なんだけど、自分の美容師としての技術のなさに自信がなくなったの。きっと普通なら『 [全文を読む]

鈴木京香を見いだした故森田芳光監督「あなたはモデルっていうより女優」

ザテレビジョン / 2017年09月23日10時30分

高校の時に見てた『それから』っていう映画が大好きで」「その映画の監督のオーディションに呼ばれたんだったら行ってみようかなと思った」と、森田監督との出会いのきっかけを話す鈴木。 女優デビューから10年後の1999年には、主演映画「39 刑法第三十九条」で森田監督と再会を果たす。「(監督の求める演技が)できてるのかどうか」と悩みながらの撮影を「つらかった」 [全文を読む]

西田敏行が“初タッグ”の寺尾聰を語る「嫉妬のような感情がありまして…(笑)」

ザテレビジョン / 2017年09月06日06時00分

ちなみに岡田さんと寺尾さんは同じ高校なのだそうですよ。また嫉妬する部分がありましたね(笑)。 ――(笑)。ちなみに、ロケ地は富山・魚津だったとお伺いしました。 映画「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!」(2002年)でヒロインが鈴木京香さんだったのですが、その時も舞台が富山だったんです。だからまたこのドラマで京香さんと富山に行くことになって、なんだか [全文を読む]

春日は天才!若林は秀才 徹底取材でわかった驚くべき事実 <A-Studio>

J-CASTテレビウォッチ / 2017年09月24日10時00分

中高時代の同級生で、高校では同じアメフト部に所属していたのが出会いのきっかけという若林と春日。春日は良くも悪くも昔から悩まない性格で、売れない時代が長く続いて、仕事もお金もなく3万円の風呂なしアパートでも「いま幸せだから努力する理由が見つからない」と言っていたという。 27~28歳の頃、若林はついに春日に「解散しよう」と言うために、夜中に自転車を走らせて [全文を読む]

腹の底から笑いたい!この夏に観直したい“コメディドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月19日14時59分

90秒しか物を考えられない頭の不自由なヤクザの若頭、長瀬智也さん演じる榊真喜男が、10歳年をごまかして高校に入学し、周囲の優等生たちを巻き込みながら卒業を目指します。暴力やギャンブルばかりで普通の子ども時代を送れなかった真喜男も、心やさしい同級生、新垣結衣さん演じるひかりや、手越祐也さん演じる桜小路との交流で友情や愛情に目覚め、どこか冷めた優等生たちも真喜 [全文を読む]

<NHK『さよなら私』はアラフォーへのエール>アラフォーは「自分が選ばなかったもう一つの自分の人生」を考えてしまう世代

メディアゴン / 2014年12月10日16時31分

高校の同窓会で薫と再会した智美は、ひょんなことから夫の不貞に気づいてしまう。智美と薫は、思い出の神社で口論となり、二人して階段を転がり落ちた弾みに、中身が入れ替わってしまう。そして、二人は互いの人生を生きることになるのだが・・・。主人公の二人は、アラフォー女性にとって「選ばなかったもう一つの人生」そのものだ。男女雇用機会均等法が施行された1986年から、女 [全文を読む]

秋ドラマ美女の妖艶シーンを先取り速報!(2)美貌に磨きがかかった沢尻エリカ

アサ芸プラス / 2014年10月08日09時58分

「設定を小学校から高校に変えてはいますが、基本的には『お子さま向け』ドラマです。とはいえ原作には健康診断、お風呂場といったシーンが満載で、2人を同僚の女教師役に配しているだけに、ナイスボディと美脚に妖怪が襲いかかる、なんてシーンも期待できます」(織田氏) 夏ドラマで女医コスプレを魅せた武井咲(20)は「すべてがFになる」(フジ系)で理系女子大生に扮する。 [全文を読む]

山田涼介の大ブレイクを阻むのは、「ずっと見てみてきた」大人たちの目線

サイゾーウーマン / 2012年03月20日12時00分

「ホントに、しっかりしてますよね~」「きちんとしてますよね~」 ドラマ共演者の鈴木京香も、何度も「ホントにかわいくてかわいくて♪」と目尻を下げて連発していたが、この春に高校を卒業した男性に向けた言葉としてはやや不自然にも思える。 演技ができる、顔もキレイ、行儀が良く礼儀正しく優等生的(勉強以外、らしい)......どれも良い要素ばかりなのに、気になるのは、 [全文を読む]

美女たちの確定申告(3)女優としての真価が問われる

アサ芸プラス / 2012年02月23日11時00分

高岡と同世代のアイドル評論家の堀越日出夫氏は思い入れもたっぷりに、 「高校3年生の時に主演した映画『バタアシ金魚』が忘れられない。当時はまだ巨乳という言葉が市民権を得ていなかったが、まさにその巨乳前夜に、グラビアアイドルとしてではなく女優として水着が張り裂けんばかりの巨乳を見せつけてくれた。もしかなうのなら、鈴木京香ではもの足りなかった『セカンドバージン [全文を読む]

フォーカス