会社 若槻千夏に関するニュース

死屍累々のタレントブランド、毎月のように立ち上げ&撤退の謎 篠田麻里子、紗栄子…

Business Journal / 2015年11月22日17時00分

タレントが企画やイメージキャラクターを務め、実際の製作・販売はアパレルメーカーが担当する「名前貸し」的な関わりから、タレント自らが社長となって会社を立ち上げるなど、さまざまなケースがあるが、タレント側とメーカー側の需要が合致した結果、続々と新たなブランドが生まれている。●ブランドプロデュースで成功した女性タレントたち タレントブランドの成功者といえば、ま [全文を読む]

益若つばさ、今さらブランド立ち上げの怪! 原因は「ママタレ活動の限界」か

サイゾーウーマン / 2014年05月31日13時00分

若槻は09年に自身のブランド『WC』を立ち上げ、デザイナーとして活躍しブランドも成長を遂げていましたが、昨年8月には『wcと若槻千夏の関係がゼロになってしまった』とブログに綴り、別会社に乗っ取られてしまったことを示唆していました。『プロデュース業は儲かる』と思われがちのブランド商法ですが、実際には立ち上げから継続まで、芸能活動を休止するほどの熱意がないと成 [全文を読む]

インリン、温泉トークでグラビア時代をぶっちゃける! 相変わらずの美貌と色気に絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年12月19日17時30分

また、「第二のローラ」と注目を集めた水沢は、現在タレント業のほかに会社を経営していることを明かした。おバカキャラや整形告白などで一時期バラエティ界を賑わせた水沢だが、社員を抱えて奮闘しているようだ。 3人の子の母として台湾で暮らしているインリンは「本職はお母さん」と話し、タレント的な仕事は「月に2、3回」だと告白。今年の春に新たな芸能事務所に移ったが、子ど [全文を読む]

ロンブー淳が実業家デビューしたのは芸人として「賞味期限切れ」を感じたから?

アサ芸プラス / 2016年07月09日09時59分

今は子作りに励んでいるそうですよ」(業界関係者) そうした中、淳は今年3月に自身のインスタグラムで結婚式をプロデュースする会社を立ち上げたことを発表した。「もともと、淳さんはかなり以前から芸人として自分の賞味期限を真剣に考えていました。その間、芸能活動以外のことにも興味を持ち、起業するのが夢でもありました。これまで培ってきたテレビ業界や経済界、政界の人脈を [全文を読む]

能年玲奈、週休7日でギリギリ生活か? 7月以降にデザイナーデビュー?

tocana / 2016年04月26日08時00分

これがトラブルの発端となったが、能年サイドの言い分では「個人事務所は能年のデザイングッズを管理・販売する会社。女優業とは関係ない」というものだった。 裏読みすれば、能年のデザイナーデビューは昨年からの規定路線ということになる。 「ブログで絵や着こなしを載せれば、結果的に宣伝になる。今後も作品をどんどん公開していくでしょう。能年さんは滝沢氏らと都内のマンショ [全文を読む]

月商1億超えの梨花、年商50億の千秋…稼ぎまくる女性タレントのビジネス事情

メンズサイゾー / 2013年07月06日15時00分

夫が建築関係の会社に勤めるサラリーマンで、それほど収入が高額でないこともあり、子どもの将来や老後に備えて無駄遣いせずに貯め込んでいるようです」(週刊誌記者) ファッションビジネスで成功している女性タレントは梨花だけではない。 おバカ系タレントとして人気だった若槻千夏は、09年に自身のブランド『WC』を立ちあげた。ギャルを中心に絶大な支持を集め、年商25億円 [全文を読む]

フォーカス