殺陣 真田広之に関するニュース

勝野洋 いつ剣の仕事来てもいいように木刀を毎日振っている

NEWSポストセブン / 2015年05月06日16時00分

役者デビューからしばらくドラマで現代の好青年を演じ人気を集めた勝野洋だが、『風の隼人』への出演から時代劇にも活躍の場を広げ、今ではアクションも殺陣も本格的に演じられる俳優として知られている。殺陣を教わった東映京都撮影所での思い出について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 1970 [全文を読む]

渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」

週刊女性PRIME / 2017年09月02日19時30分

殺陣と演技力も高く評価されているし、何より英語力がある。テレビドラマの現場のスピード感はすさまじいので、ドラマで活躍できることは語学力の高さを証明しています。真田さんはドラマの現場について“しんどかった”と言っていました」 デーブ氏が“女版・真田広之”と称するのは、’06年に映画『バベル』に出演した菊地凛子。 「彼女も海外を中心に活動しているので、英語 [全文を読む]

渡辺謙も敵わない!? “ネイティブスピーカー”が絶賛する真田広之の英語力

dmenu映画 / 2017年07月07日07時00分

長いキャリアの中で磨いてきた殺陣のスキルと“高い英語力”を武器に、『ラスト・サムライ』(2003年)などハリウッドの大作映画や、「LOST」シリーズなどアメリカの人気ドラマで重要な役どころを多く演じ、世界中のファンを魅了してきました。 インターナショナルスクール出身でも帰国子女でもない真田が、成人してからの一念発起でこれだけのスピーキングスキルを身につけ [全文を読む]

『47RONIN』主演のキアヌ・リーブス、日本語で「サブイ…」とつぶやきファンから大歓声

週プレNEWS / 2013年11月20日17時00分

「見所は美しい映像とCG、真田さんとキアヌを中心としたアクション、殺陣。個人的にはキアヌのサムライ姿が非常にセクシーなので注目してほしい」とコメントした。 最後に見所についてじっくりと考えたキアヌは、「名誉、愛、犠牲というものを語り、人生は結局、素晴らしいという肯定的な意味をもつ映画。人々は互いに敬意を払うべき、というメッセージを受け取っていただければ大変 [全文を読む]

千葉真一 殺陣の稽古で相手が真田広之だったら真剣を使った

NEWSポストセブン / 2013年07月05日07時00分

殺陣をやる時に何が大事かって、絡み(※斬られ役)なんです。ほとんど殺陣を勉強していない役者が主役でも、絡みが動けたら大丈夫。 JACの奴らは本当に凄い。僕がしゃがんで足を斬った時なんか、足が浮きあがって頭から落ちていきましたから。そういうことをしてくれると、主役が一段と強く見えるわけです。 そこを理解している監督がいい監督だと思います。普通は主役ばかり撮り [全文を読む]

片岡鶴太郎 『軍師官兵衛』で鼻を赤く塗った理由

NEWSポストセブン / 2017年04月09日16時00分

殺陣は時代劇を始めた頃に若駒プロの林邦史朗さんに教わりました。鉄身の刀をいただいて、ボクシングのトレーニングの最後はいつもそれを振って型を覚えていたんですよ。 ただ、撮影は竹光ですから軽い。ですから、軽く映らないように鉄身の時に感じた重量感は意識して斬っていましたね。 もちろん京都はプロフェッショナルの集まりでしたから、そこに必死についていきました。僕は [全文を読む]

元AKB48川栄李奈とクリス松村が「映画工房」収録に乱入!? 斎藤工、板谷由夏らと共演!

PR TIMES / 2015年12月21日19時57分

「わたしは(舞台「AZUMI 幕末編」で)殺陣をやったので、『幕末純情伝』は見入っちゃいましたね」と川栄が切り出せば、クリスも「『つぐみ』に出ている真田広之さんが…。文句なしにすてきですよ」と。 1995年生まれの川栄だが、過去の作品には「キュンキュンしますし、今、バラエティーなどで活躍されている方が多く出演されていてビックリしました」と興味をそそられた様 [全文を読む]

元AKB48川栄李奈 斎藤工らと映画談議

dwango.jp news / 2015年12月21日19時29分

「わたしは(舞台「AZUMI 幕末編」で)殺陣をやったので、『幕末純情伝』は見入っちゃいましたね」と川栄が切り出せば、クリスも「『つぐみ』に出ている真田広之さんが…。文句なしにすてきですよ」と。 1995年生まれの川栄だが、過去の作品には「キュンキュンしますし、今、バラエティーなどで活躍されている方が多く出演されていてビックリしました」と興味をそそられた様 [全文を読む]

フォーカス