講談社 編集長に関するニュース

史上最大級! 23社88誌の編集長が勢揃い! eBookJapanが漫画雑誌編集長のオススメ漫画レビュー特集を公開

PR TIMES / 2012年07月20日09時16分

【協力雑誌名】(出版社名50音順)雑誌名 出版社名月刊コミックビーム エンターブレインハーモニィRomance 宙出版恋愛白書パステル 宙出版Young Love Comic aya 宙出版恋愛Revolutionラブレボ 宙出版Nextcomicファースト 宙出版マンガ・エロティクス・エフ 太田出版月刊少年エース 角川書店ヤングエース 角川書店月刊ASU [全文を読む]

「文春対新潮」情報入手のどこが悪いのか

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時45分

講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)などがある。 ---------- (ジャーナリスト 元木 昌彦) [全文を読む]

「DRESS」編集長 山本由樹×「現代ビジネス」GM 瀬尾傑トークイベント『メディアの終わりのはじまり』開催

PR TIMES / 2015年11月16日09時18分

11/20(金)candee studio(南青山)にて「DRESS」編集長 山本由樹が、講談社・第一事業戦略部長兼『現代ビジネス』GM 瀬尾傑氏を、ゲストに迎え『メディアの終わりのはじまり』についてトークイベントを開催。[画像1: http://prtimes.jp/i/14926/6/resize/d14926-6-621155-1.jpg ]QREA [全文を読む]

百田尚樹守るの当然!『殉愛』問題で「WiLL」花田編集長が林真理子批判

リテラ / 2014年12月16日12時00分

『週刊現代』は発行元の講談社から大ベストセラー『海賊とよばれた男』を出している。」「プラス、マイナスを総合的に判断した上で、書かないのは当然ではないか。わかりきった話だ」 なんと、百田が生み出す利益を考えたら、批判を書かないのは当たり前だと言うのだ。そして「林さん、あなたはいつからそんなに偉くなったのか」と説教するのである。 断っておくが、今回の問題は百田 [全文を読む]

特別寄稿「with編集長 マダムJJからお仕事ガールへ」女性を応援するスペシャルサイト「daisys」にて無料公開!「一見退屈な「いつもどおり」こそが、大きな味方」

PR TIMES / 2014年01月28日12時59分

特別寄稿「with編集長 マダムJJからお仕事ガールへ」は、人気女性ファッション誌『with』(発行:株式会社講談社)の現役編集長・マダムJJが、働く先輩からのアドバイスとして、お仕事ガールが毎日をちょっと元気に過ごす秘訣をお伝えするエッセイです。第1回のテーマは「会社に行きたくない日はどうする?」。失恋などショックなことがあったとき、仕事とどう向き合う [全文を読む]

【宣伝会議 編集・ライター養成講座】新イメージキャラクターに真野恵里菜さんを起用

PR TIMES / 2016年09月16日12時49分

豪華講師陣:(一部・16年春実績) 十河ひろ美氏 (ハースト婦人画報社『25ans』編集長) 浜田敬子氏 (朝日新聞社/元『AERA』編集長) 古賀史健氏 (バトンズ/『嫌われる勇気』著者) 嶋浩一郎氏 (博報堂ケトル/『ケトル』編集長) 戸川貴詞氏 (カエルム/「MERY」クリエイティブディレクター) 井上威朗氏 (講談社『クーリエ・ジャポン』編集長) [全文を読む]

枕営業強要疑惑の元「LEON」編集長、ほかにセクハラ疑惑も 芸能界の枕営業の実態

Business Journal / 2014年12月15日23時00分

20代女性モデルA氏(仮名)が、その岸田氏から『東京ガールズコレクション(TGC)』出演と引き換えに肉体関係を強制されたと12月5日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)で告発。さらにA氏は岸田氏を提訴する意向だと明かし波紋を呼んでいる。 そもそも騒動の発端は、11月25日発売の週刊誌「FLASH」(光文社)だった。同誌は岸田氏がA氏と肉体関係を持ったところ [全文を読む]

新たに「進撃」の別冊少年マガジン&オトナ女性誌Kissの参戦決定!! “人気まんが誌6誌による合同新人賞” 第二回講談社×pixiv まんがスカウトFes開催決定!

PR TIMES / 2013年12月24日15時49分

株式会社講談社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:野間省伸)は、 2013年12月24日より、ピクシブ株式会社(本社:東京渋谷区 代表取締役社長:片桐孝憲)と共同で「第二回講談社まんがスカウトFes」を開催することを発表いたしました。 講談社の人気まんが誌による合同新人賞「まんがスカウトFes」。 pixivから24時間投稿可能、さらに応募作品すべてを編 [全文を読む]

君も漫画原作者になれる! ヤングマガジン名物編集者が、創作サイト『トークメーカー』にて、日本で初めて漫画原作者への道のりを体系化!

DreamNews / 2017年06月05日09時30分

小説投稿サイト『トークメーカー(http://talkmaker.com/)』を手がける未来創造は、講談社の名物編集者「ヤンマガのスズキ」を講師に招き、オンライン講座『漫画原作者になろう!』を開催いたします。本講座において、漫画原作者になるための方法を日本で初めて具体的に提示します。未来創造株式会社(東京都新宿区)が運営する小説投稿サイト『トークメーカー( [全文を読む]

嵐・松本潤さんと交際報道の女優のクラビアに「出して欲しくない文字」を記載 『FRIDAY』が所属事務所に謝罪

ガジェット通信 / 2017年01月14日16時30分

そんな中、1月13日に発売された講談社の写真週刊誌『FRIDAY』は、葵さんのグラビアを掲載。表紙には「松潤の相手」との文字が踊っているのだが、今回葵さんの所属プロダクション『エイトマン』がサイトに 講談社『FRIDAY』からの謝罪。1月13日発売『FRIDAY』(編集長/秋吉敦司)について。 http://www.8man.jp/201701repor [全文を読む]

逮捕された講談社社員“『進撃の巨人』生みの親“報道は間違いじゃない! 報道を非難するネット世論の歪み

リテラ / 2017年01月13日11時21分

大きな衝撃を与えた妻殺害容疑での講談社社員逮捕。男性は「少年マガジン」副編集長、「別冊少年マガジン」編集長(肩書きは班長)などを歴任し、現在「モーニング」の編集次長。講談社の社長賞も受賞した経験をもつという。現役の大手出版社編集者が殺人容疑で逮捕されるというのは前代未聞のため、マスコミも大々的にその仕事内容を伝えた。 ところが、これに思わぬ反応を見せたのが [全文を読む]

【6月10日(金)開催!特別講演会】鳥越俊太郎のスーパーポジティブで健康に生きる秘訣セミナー

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

■略 歴1940年3月13日 福岡県吉井町(現うきは市)生まれ1958年3月 久留米大附設高校卒1965年3月 京都大学文学部国史学科卒 4月 毎日新聞社入社、新潟支局、大阪本社社会部、東京社会部、 サンデー毎日編集部、クエーカータウン・フリープレス社に1年職場留学、外信部(テヘラン特派員)、サンデー毎日編集長 1989年8月 毎日新聞退社 10月 テレビ [全文を読む]

【メディアの未来を考える】競合他社とタッグを組む『エル・ショップ』と『ミモレ』のケース--ハースト婦人画報社3/3:横井由利

FASHION HEADLINE / 2016年05月04日21時00分

■デジタル時代が導いたアライアンスの発想 デジタルの時代、こうした「アライアンス」という発想が、出版社同士でより機能するようになるだろうという、ハースト婦人画報社代表取締役社長&CEOであるイヴ・ブコン氏の考えを裏付けるように、講談社とハースト婦人画報社、それぞれの現場から提案された企画が2016年3月2日スタートした。 講談社のwebマガジン『ミモレ』 [全文を読む]

「モルディブのホテル宿泊券」ほか豪華プレゼント&コーディネート検索の新機能も! 講談社のWEBマガジン『mi-mollet(ミモレ)』が1周年記念キャンペーンを実施!

PR TIMES / 2016年01月21日11時10分

株式会社講談社は、大草直子が編集長をつとめるWEBマガジン『mi-mollet(ミモレ)』(http://mi-mollet.com/)のサイトオープン1周年を記念して、1月20日よりプレゼントキャンペーンを実施します。[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/874/resize/d1719-874-641254-5.jpg ]「ピエ [全文を読む]

サンデー新編集長“大物マンガ家の復帰”を望むも、やはり「雷句誠」の名はなし…『ガッシュ訴訟』の遺恨は続く?

おたぽる / 2015年08月21日20時00分

しかし、「久米田はマガジン(講談社)に行ったし戻ってこないだろ」「藤田にはモーニングで『黒博物館スプリンガルド』(講談社)の続き描いてほしい」と、他誌で活躍を見せるため難しいとするファンも多い。 また、「皆川(亮二)忘れんな!」「曽田正人も連れ戻せ」と、他のマンガ家を求める声も上がっている。中でも、「雷句は? 雷句は?」「雷句…」「なんでその中に雷句が入ら [全文を読む]

語っていいとも! 第3回ゲスト・阿川佐和子「週プレが私に何用? グラビアですかぁ!?なんてね(笑)」

週プレNEWS / 2015年05月24日12時00分

講談社の『IN★POCKET』って雑誌で、北方謙三さんにお会いしたのが30代入って間もなくかな…。30になる直前でTVの仕事を始めたんですけど。まだインタビューの仕事を始めたばかりの頃ね。 ホテルの北方さんのお仕事場に伺った時に、何か怖そうな人だなと思ってたのに、会ったら「おー」って、ニコニコと話をしてくださって。北方さんの小説なんてそんなには読んでないし [全文を読む]

重たいファッション誌もスマホで楽々――講談社、紙の雑誌の購入者に無料で電子版を提供

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月28日20時20分

【写真あり】『ViVi』『VOCE』『FRaU』『with』読者はこちらの記事へ 10月28日、講談社は「新規事業発表会」を行い、「講談社女性誌デジタル本棚(仮)配信サービス」を発表しました。これは、女性誌の『ViVi』『VOCE』『FRaU』『with』4誌購入者に対して、スマホやタブレットで読めるデジタル版を無料で提供するというものです。 サービスを利 [全文を読む]

「人件費を抜けば回収できてます(笑)」スマホ向け有料マンガ雑誌「Dモーニング」の実情を編集長らが激白!

おたぽる / 2014年01月10日14時00分

【第2回】「週刊Dモーニング」(講談社) 日本のインターネットコンテンツは、無料文化とともに成長してきたといっても過言でない。功罪ともにあるところだが、「ネットのコンテンツはタダ」という感覚を多くの人が持っており、マンガの世界でも無料のマンガサイトが現在の主流だ。 だが、そんな流れに反するように、スマホ向け有料マンガ雑誌という新たなチャレンジが始まったのが [全文を読む]

『小説現代』編集長が最新号を語る!『吉川英治文学賞』発表、新人ミュージシャン作家×石田衣良対談、時代小説特集など~盛り沢山な5月号の読みどころ

PR TIMES / 2017年05月10日12時36分

[画像1: https://prtimes.jp/i/13301/15/resize/d13301-15-868292-1.jpg ]◆本編再生はコチラ!http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=1830創刊から50有余年、常に娯楽小説の最前線に立ってきた、講談社が誇る小説誌『小説現代』。文学性が高く、かつ大 [全文を読む]

編集次長が妻殺害容疑で逮捕 講談社は「『進撃の巨人』の立ち上げ担当」報道を否定

ガジェット通信 / 2017年01月12日11時45分

大ベストセラー漫画「進撃の巨人」(講談社)を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)の妻が、変死を遂げていたことが「週刊文春」の取材により明らかになった。A氏は警察の事情聴取を受けているという。 という内容のもの。その少し後に「講談社の編集者逮捕」という速報が入る。 翌11日の朝5時には、『週刊文春デジタル』にそのスクープ速報の詳細である 〈驚愕スクープ〉「 [全文を読む]

フォーカス