名字 家紋に関するニュース

“神”になりたい人が続出?「2015年ベスト・オブ・名字」が興味深い

インターネットコム / 2016年01月09日09時00分

名字に関する情報サイト「名字由来net」で、「2015年ベスト・オブ・名字」が発表されました。「2015年名字アクセスランキング」の上位30位までの名字が、ユーザーの人気投票をもとに順位付けされています。 “なりたい名字”のNo.1に輝いたのは、「神(じん、かみ)」さんでした。「神」という名字の人は全国におよそ1万4,300人いるとされ、そのうち42%の人 [全文を読む]

江戸からきた未来…徳川家康はブレーンのネットサーファーで知識を獲得していた!?『前代既聞 今むかし変わらん草紙』(著者:髙山宗東)を1月27日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2015年01月30日18時00分

執筆作品には『幕末・維新 長州傑士列伝』『ヤバイ日本史』『安くて旨い! ワイン図鑑 気軽に、楽しく飲みたい 「365日、ワイン宣言!」』『怪談のウンチク101 大江戸オカルト事情の基礎知識』『名字図鑑 名字でわかるあなたのルーツ、性格、運勢、適職・・・』『いま、「東北」の歴史を考える』『お言葉でございます』『地蔵びより』『お見舞い道楽。』「世界の腕時計」 [全文を読む]

日本人の名字 千年遡ると大半が天皇家か藤原氏にいきあたる

NEWSポストセブン / 2012年04月22日07時00分

【書評】『先祖を千年、遡る 名字・戸籍・墓・家紋でわかるあなたのルーツ』(丸山学/幻冬舎新書/819円) * * * 人の先祖は果たしてどこまでたどれるのか? 行政書士のかたわら先祖探しを受託している著者が、貴重な実体験をもとにそのノウハウを公開。千年遡ると日本人の大半は天皇家または藤原氏になる、名字からわかる歴史など、読み物としても楽しめる。 ※週刊ポス [全文を読む]

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

慣れてくると矢野という名字に合わせ弓矢の家紋を参考に和風アレンジ。デザインのお礼にカメラマンづてにいただいた矢野謙次サイン入りバットは、今も部屋に飾ってある。 このロゴデザインを担当して以降、東京ドームへ通う回数がさらに増えた。そして、あることに気付く。球場で「48番」のレプリカユニフォームを着たファンがやたらと多いのだ。失礼ながら、矢野は阿部慎之助や坂本 [全文を読む]

△特集:YOSHIROTTEN Interview

NeoL / 2017年02月26日18時40分

三という数字自体も、三井、三菱という代々続いている財閥の名字や、家紋などによく使われていて、神秘や権力と縁があるのもおもしろい。 創作していて思うのは、意志が一番あるのが三角だということ。丸や四角はもっと静かで語らないけど、三角は尖っているし、いちばん詰まっている。街中でも三角のものが突然表れたらビックリしますよね。人の注意をひくんです。 これは勉強して [全文を読む]

フォーカス