関係 石原裕次郎に関するニュース

渡哲也、急性心筋梗塞を克服し現場復帰!

Smartザテレビジョン / 2015年11月11日08時02分

石原プロと宝酒造の関係は'67年から始まり、今作で通算49年目。清酒「松竹梅」のCMには、これまで'70年から'87年までの17年間、石原裕次郎が出演。その後、'88年からは渡に引き継がれた。 また、“石原裕次郎生誕80周年”を記念して、石原裕次郎が出演した「松竹梅」のCM約130本を収録したDVD「生誕80周年記念 石原裕次郎 松竹梅CM集」が12月1 [全文を読む]

やくざ、裕次郎、安倍晋太郎、そして池田大作……なべおさみの昭和“裏”交遊録

日刊サイゾー / 2014年07月21日16時00分

それは、暴力団と親密な関係を保ってきた芸能界でも変わらない。島田紳助が引退を決めた理由も、暴力団関係者との「黒い交際」だった。 そんなご時世において出版された、俳優・なべおさみの半生を振り返った著書のタイトルが『やくざと芸能と』(イースト・プレス)だ。なべが、半世紀にわたる芸能活動で親交を深めた、芸能人ややくざ、そして政治家から宗教家などとの関係を赤裸々に [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

どちらも読売新聞社主・正力松太郎が始めた事業で、いわば兄弟の関係に当たる。 読売ジャイアンツが生まれたのは、戦前の1934年である。先にも述べたベーブ・ルースら大リーグを招聘して、親善試合を行うために結成されたチームが元になった。このチームが東京巨人軍となり、36年、日本初のプロ野球のリーグ「日本野球連盟」が誕生する。参加したのは巨人の他に、大阪タイガース [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(3)石原裕次郎がひた隠しにしたある関係

アサ芸プラス / 2017年01月03日09時55分

同年7月30日号は石原裕次郎がひた隠しにしたある女性との関係を、緊急大特集として掲載している。〈入院当初、病状は「かぜをこじらせ、微熱が下がらないため大事をとって……」と発表された。が、のちに「肝内胆管炎」と判明し、入院生活は予想以上に長引いた。約二カ月間、まき子夫人や実兄の石原慎太郎氏、石原プロの関係者をのぞいて、ずっと「面会謝絶」の状態が続き、芸能界の [全文を読む]

木村拓哉の“イメージ回復”大失敗を招いた石原軍団「熊本地震炊き出し」参加の舞台裏

日刊サイゾー / 2016年06月30日11時00分

「もともと石原軍団の初代ボスである故・石原裕次郎さんとジャニー喜多川社長は親交があり、両事務所は近い関係だった。そんなこともあって、今回はキムタクのイメージアップのため、ジャニーズのメリー喜多川副社長が石原プロの会長である裕次郎さんの妻・まき子さんとの“ホットライン”で話をつけて実現した。つまり、ジャニーズがお膳立てしただけ」(週刊誌記者) 結局、メリー [全文を読む]

なんと!カラオケが「出世や昇進」と深〜く関係があると調査で発覚

BizLady / 2016年04月15日22時00分

唐突で恐縮ですが、あなたはカラオケが得意なほうですか? もしも、出世とカラオケに深~い関係があるとしたら、社会人たるもの「カラオケ嫌い~」なんて言っている場合ではなくなりますよね? オークローンマーケティングが400人に実施した調査で、出世しているひとほどカラオケが昇格に繋がる! という実感を持っていることが発覚したのだそう! 上司のココロをカラオケでつか [全文を読む]

美輪明宏、赤木圭一郎との関係を告白

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

中でも、70年に自決した文豪・三島由紀夫(享年45 )との親密な関係はあまりにも有名である。 「2人が初めて出会ったのは、まだ美輪が10代の頃だった。2度目に会ったのが、美輪がバイトしていたゲイバーで、客として訪れた三島に気づいた美輪は働いているところを見られたくなくて、とっさにトイレに身を隠したというエピソードがあります」(文壇関係者) 三島を男として [全文を読む]

「最後のマネジャー」が語る石原裕次郎と石原プロ

NEWSポストセブン / 2017年04月18日11時00分

それに渡さんは感激して、以来兄弟のような絆で結ばれたんです」(芸能関係者) 固い絆は仲川氏をはじめとした石原プロの社員・スタッフたちも同様だった。 「裕次郎さんが人を叱ったり怒ったりするところを一度でも見たことがありません。いつも朗らかで明るく笑っていました。 入社直後、熱心な裕次郎さんファンが事務所に電話をかけてきて、一目見たいってしつこいもんだから、撮 [全文を読む]

木村拓哉、「男社会」石原軍団と熱い関係があった!

アサジョ / 2017年04月16日18時14分

(北村ともこ) [全文を読む]

石原裕次郎最後のマネジャー 突然の退任劇に違和感訴える

NEWSポストセブン / 2017年04月15日07時00分

石原裕次郎さん(享年52)が40代前半の頃から亡くなるまでを担当した「最後のマネジャー」で、裕次郎さんが名付けた『ポンポコ』の愛称でテレビや映画関係者からも親しまれてきた人物である。 発端は4月初旬、マスコミに配られた石原プロの「役員改正」のお知らせだった。「仲川さんが任期満了を理由に会社を去る一方で、6年前に社長から退いていた渡哲也さん(75才)が『相 [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

今回は上演にあたり、当時の関係者へのリスニングも経た。それによるとなんと、この曲の第2楽章には、その頃学内で初演されたばかりの、矢代秋雄のピアノ協奏曲の第2楽章の引用も入っているという。黛の洒脱とテクニック、池内友次郎が「本物の音楽家」だと形容した天賦の才能が聴き取れる。編成:フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ホルン,トランペット,トロンボーン [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

■脚本家と主人公の黄金タッグ ちなみに、昔から「名作の陰に脚本家と主演俳優の黄金タッグあり」――なんていわれていて、古くは、『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(いずれもフジテレビ系)の脚本・北川悦吏子&木村拓哉のタッグをはじめ、『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』(いずれもフジテレビ系)の脚本・尾崎将也&阿部寛のタッグ、『火の魚』や『カーネー [全文を読む]

台湾の新駐日代表「私の派遣は台日関係への重視の証明です」

NEWSポストセブン / 2016年07月07日07時00分

近頃とみに日本と台湾の関係が深まっている。その台湾に誕生した蔡英文・新政権が、サプライズの人事を発表した。日本でいう首相にあたる行政院長の経験者で、2008年には民進党を代表して総統候補にもなった謝長廷氏(70)を、駐日代表に任命した。台湾の駐日代表としては過去最高ランクの人事で、その謝氏に日本赴任直前の台北で独占インタビューした(聞き手/野嶋剛氏)。 * [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

今回は上演にあたり、当時の関係者へのリスニングも経た。それによるとなんと、この曲の第2楽章には、その頃学内で初演されたばかりの、矢代秋雄のピアノ協奏曲の第2楽章の引用も入っているという。黛の洒脱とテクニック、池内友次郎が「本物の音楽家」だと形容した天賦の才能が聴き取れる。編成:フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ホルン,トランペット,トロンボーン [全文を読む]

意地の張り合い? 綾瀬はるか&長澤まさみのエロスが加速! 広瀬すずは亀梨ファンから目の敵に?

おたぽる / 2016年02月20日12時00分

良い意味でのライバル関係を築き、今後もこういった授賞式で共演する機会があれば、さらにセクシーな姿が拝める可能性はあるかもしれませんね」(芸能関係者) その『海街diary』で綾瀬と長澤の妹役を演じた広瀬すずに関しては、まだまだセクシー路線でいくには時期尚早の声が上がっているようだ。 「前述した『第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』の表彰式で、広瀬は [全文を読む]

厳しい現実……9カ月ぶり公の場も無口だった能年玲奈「2016年もNGが続く」?

日刊サイゾー / 2016年01月04日13時00分

芸能プロ関係者は「レプロとの関係は相変わらずで、もはや和解という選択肢はない。レプロは能年擁護の記事を書いた週刊文春を訴えましたが、こちらも平行線を辿っている。能年サイドは事務所との契約が切れる2016年6月を、ひたすら待つつもりです」と話す。 契約が切れれば、何をするのも自由……と能年サイドは考えているようだが、現実はそんなに甘くない。つい先日もこんな [全文を読む]

「マスコミに舐められただけ」!? 神田正輝、三船美佳との熱愛報道に激怒の“悲しい舞台裏”

サイゾーウーマン / 2016年01月03日16時00分

神田サイドは、「事実ではありません」とすぐさまコメントを発表したが、芸能マスコミ関係者の間では、神田が所属する「石原プロの凋落ぶりが如実に表れている」という話題でもちきりだという。 同記事で神田は、レギュラー出演する『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送)の収録のため大阪に前泊した際、現在大阪在住で、同番組にも出演する三船と密会していた――と伝えられた。神田は [全文を読む]

浅丘ルリ子 「私の履歴書」に書かなかったTV局勤務の元恋人

NEWSポストセブン / 2015年08月03日16時00分

芸能関係者は語る。 「これもルリ子さんならではのことでしょう。交流関係が広かったのはもちろんですが、ルリ子さんは相手の懐に入ったつきあいのできる人。たとえば大原麗子さん。彼女への弔辞でもわかりますが、ルリ子さんは30年間彼女と本当の姉妹のようにつきあっていました。 長門裕之さんや裕次郎さんとも本当の家族のようなつきあいだった。そんなルリ子さんの口から語られ [全文を読む]

努力と経験は演技に反映!?あまり知られていない“実は高学歴”な俳優さん達!

日本タレント名鑑 / 2015年07月28日15時00分

慶応大学出身者は音楽関係にも非常に多く、KICK THE CAN CREWのKREVAさん、NHKの子ども番組での怪演も魅力的だったレ・ロマネスクのトビーさんなど、多彩な才能を輩出しています。EXILEの岩田剛典さんも中学から慶応ですね。EXILEメンバーは意外に高学歴ぞろい。橘ケンチさんも明治大学理工学部、小林直己さんは法政大学です。俳優としても大活躍 [全文を読む]

NHK朝ドラ『花子とアン』美輪明宏の“寵愛”受けてキャスティングされた俳優・木村彰吾って!?

日刊サイゾー / 2014年09月01日09時00分

3作続いての快進撃を続けているが、芸能関係者の間では「朝ドラは脇役男優の登竜門」ともいわれている。『あまちゃん』では、福士蒼汰や勝地涼らが名をあげ、『ごちそうさん』では東出昌大が出世。そして、今回の『花子とアン』では、鈴木亮平や吉田剛太郎らが、女性視聴者の関心を集めている。 そんな俳優陣とは一線を画し、テレビ関係者の中で注目を浴びているのが、夫婦生活が満た [全文を読む]

フォーカス