ヒット曲 石原裕次郎に関するニュース

西部警察で活躍した劇中車が小樽で揃って見られるのもあと1年!

clicccar / 2016年08月04日19時03分

石原裕次郎さんの愛車をはじめ、ヒット曲のレコードジャケットや出演したドラマで使用されたクルマなど、およそ2万点が展示されています。 その展示物の中には、40代以上の男性が学生時代に興奮して見ていた西部警察の劇中車があるのです。 西部警察は、1979年10月から1984年10月までテレビ朝日系で全3シリーズが放送された石原プロモーションが製作したテレビドラマ [全文を読む]

なんと!カラオケが「出世や昇進」と深〜く関係があると調査で発覚

BizLady / 2016年04月15日22時00分

苦手意識を克服するためにはどうしたらイイのでしょうか? ■上司のココロを掴むのは80年代ヒット曲!? 苦手なカラオケを乗り切るためには、自分なりの定番ソングを見つけておくと楽ですよね。 そこで、上司の心を掴むためには、どのような曲を選べばよいのでしょうか!? 役職が部長クラス以上のひとを対象に、部下が歌ってくれたら嬉しい曲をたずねたところ、「80年代のヒッ [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

「演歌あっぱれ!」は、懐かしい日々を思いおこさせる昭和の演歌を中心に、その時代・その歌手を代表するヒット曲を収録したCDボックスです。 ●69組の演歌スターが大集結! 演歌界をリードしてきた12のレーベルの合同企画 美空ひばり、石原裕次郎、天童よしみ、八代亜紀、五木ひろし、森進一、テレサ・テンなど、輝かしい経歴を誇る演歌の歌い手たち69組が勢ぞろい。懐か [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

世良公則&ツイストとして『銃爪 (ひきがね)』『燃えろいい女』などのヒット曲を飛ばしました。デビューして2年程経つと、歌と並行してドラマにも進出。特に1982年から出演した『太陽にほえろ!』でボギー刑事を演じ、俳優としての人気も確立しました。 ちなみに、『太陽にほえろ!』や『西部警察』は、番組自体もかなり“ロック”なためか、ロック界からの抜擢が多めです。『 [全文を読む]

舘ひろし 紅白で石原裕次郎と“共演”を芸能レポーターが期待

NEWSポストセブン / 2012年12月03日07時00分

数々の大ヒット曲がありながら、歌手としては一度も紅白に出場しなかった石原裕次郎。その“裕次郎”を歌うというのだから、今年の紅白一番の見所は、舘ひろし(62)で間違いない。 28年ぶりの紅白出場となる舘は、今年9月に裕次郎のカバーアルバムも発売している。大晦日には一体どの歌を聴かせてくれるのか。歌謡曲ファンとして知られる芸能レポーターの石川敏男氏が、興奮を抑 [全文を読む]

北翔海莉が宝塚退団後初のステージでドラムを披露、スペシャルゲスト石井竜也とあの名曲をデュエット!公演の模様はWOWOWで4月29日放送!

PR TIMES / 2017年04月24日16時48分

「もう一度あいたい」「未来の地図」「海の見える部屋」「愛してるだけじゃない」や、八神純子のヒット曲である「想い出のスクリーン」をしっとりと歌い上げた。曲の合間のトークでは、客席いじりからちょっときわどいトークまで、石井の真骨頂ともいえる話術が冴えわたる。大半が北翔のファンである“アウェイ”ながらも自分のペースに引き込み、1部最後の曲「きみがいるだけで」では [全文を読む]

フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送

okmusic UP's / 2016年12月08日18時30分

【その他の画像】岡千秋番組では、弦哲也、杉本眞人、岡千秋という当代の演歌・歌謡曲界を代表する3人のヒットメーカーが自作を歌うと共に、芸能界の生き字引として知られる音楽評論家・小西良太郎氏とタレントの松本明子を相手に、自らの足跡やヒット曲誕生の陰のエピソードなどを語る。3人をよく知る小西氏がホスト役を務める時点で、濃い話が聞けるであろうことは予測できるが、共 [全文を読む]

全国の劇場が上映拒否! 自民党議員が「スパイ防止法」のプロパガンダとして製作協力した【封印映画】とは?

tocana / 2016年11月22日13時00分

音楽は、山口百恵とピンク・レディーのほとんどのヒット曲から、アニメソングとしては名曲の誉れ高い『デビルマン』のエンディング「今日もどこかでデビルマン」に至るまで、主に1970年代にヒットを連発した名作曲家・都倉俊一。わかりやすいモチーフのメロディによる劇伴(BGM)が作品を盛り上げた。 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

1970年当時、彼女は、大ヒット曲『三百六十五歩のマーチ』などで知られる超売れっ子歌手。女優経験はほとんどなかった。 そこへ、TBSのホームドラマの大家である石井ふく子プロデューサーは、新ドラマを企画して、明るく勝気で、誰からも愛されるヒロインは水前寺サンしかいないと、彼女に出演を打診する。 最初は断られるも、テレビ局のトイレまで彼女を追いかけ回す石井サ [全文を読む]

舘ひろし、40周年記念ライブで“タカ”と“カオル”が再会!? 浅野温子がサプライズ登場!

Entame Plex / 2015年12月14日18時49分

そして、石原裕次郎の選りすぐりのヒット曲をカバーしたアルバム「HIROSHI TACHI sings YUJIRO」から「嵐を呼ぶ男」「二人の世界」を歌い終えると「石原さんのカバーをやっているレコーディングで、なんか石原さんと会話している、そんな気分になったのを覚えています」と振り返った。また、この日のライブには、舘の40周年を祝おうと駆けつけたスペシャル [全文を読む]

「石原プロ次世代スター発掘オーディション」グランプリ受賞者に“秋元康”が音楽プロデュース決定!!

PR TIMES / 2015年10月09日10時39分

83年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、 中島美嘉『WILL』ほか、数々のヒット曲を生む。 著書に、小説『象の背中』(扶桑社)、『企画脳』(PHP文庫)ほか多数。 日本放送作家協会理事長。日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。 ◆石原裕次郎生誕80周年 石原プロ次世代スター発掘オーディション概要 [画像2: http://pr [全文を読む]

フジテレビ『水曜歌謡祭』4.1%下げ止まり見えず……クマムシ、ゆうたろうで“お笑い色”強めるも効果なし

日刊サイゾー / 2015年05月29日20時30分

THE ALFEEが、Superfly、秦基博、NEWS・増田貴久らと『メリーアン』や『星空のディスタンス』といった往年のヒット曲を披露したほか、井上陽水の名曲を特集したが、4.1%まで落ち込んでしまった。 「司会のアンジャッシュ・渡部建が大きくボケることもなく、堅い雰囲気が漂う『水曜歌謡祭』ですが、今回は安倍なつみとクリス・ハートが『銀座の恋の物語』を歌 [全文を読む]

JOYSOUND が2014年カラオケランキングを年代別に徹底解剖! 全世代から支持された近年稀に見る大ヒットソング、それぞれの世代の特徴とは…?

PR TIMES / 2014年12月19日12時17分

一方、40代以上では、レベッカ「フレンズ」(40代)、久保田早紀「異邦人」(50代)、石原裕次郎「赤いハンカチ」(60代)と、それぞれの世代で愛される思い出のヒット曲を大切に歌い続ける傾向があるようです。 [全文を読む]

キンタロー。らモノマネ芸人が売れるタイミングを芸人が分析

NEWSポストセブン / 2013年09月23日07時00分

もともとは、2011年のAKB48のヒット曲のタイトルだが、お笑い芸人のキンタロー。が前田敦子のマネをするときに使う言葉で、いつのまにか1つのギャグになっていった。前田敦子のメディア露出自体は減ったのに、なぜ“偽物”であるキンタロー。が大ブレイクし、「フライングゲット!」が流行ったのか? 田原俊彦のそっくりさん芸人で、『あまちゃん』にも「トシちゃん似の男 [全文を読む]

桂文枝語る「今のテレビ局は芸人に対して情がない」

WEB女性自身 / 2013年07月13日07時00分

裕次郎のヒット曲を通し、彼の人となりを検証していくという噺だ。「一例を挙げると、裕次郎さんは大スターであったにもかかわらず大変謙虚で、礼儀正しい方で、♪夜霧よ今夜もありがとうーーと、夜霧にまでお礼を言う(笑)。もう一席は『友よ』。こちらは、75歳になった男の友達同士が『いつまでも友達でいような』と言いながら、人生を振り返り、これからを語り合う。高齢化社会に [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(4)「勝新太郎・俠秘話」

アサ芸プラス / 2013年01月23日10時00分

典型が松本隆で、聖子のヒット曲を多く手がけているけど、彼女と仕事をして以降、疲弊して輝きを失った。それを見ているのに、他の一流ミュージシャンも聖子に曲を書きたがるんですから一種の魔力です」 さらに、恋人を踏み台にステップアップする力も。 「郷ひろみ(57)と別れる時も結果的に自分の知名度を上げたし、次に神田正輝を口説こうと思ったら、神田を直接攻めず、当時入 [全文を読む]

フォーカス