市民 川崎市に関するニュース

【書評】川崎フロンターレがバナナを売って算数ドリルを作るワケ

まぐまぐニュース! / 2017年04月17日16時00分

また、かつてスーパースターを集めてJリーグ草創期に最強と言われたヴェルディ川崎が、全国区の有名クラブということでホームタウンである川崎にはほとんど目を向けず、「あの頃のヴェルディは許せない」という川崎市民の声が大きかったことを強く感じた。 それならば、フロンターレはその真逆をやろう、徹底して川崎に目を向けるクラブにしよう、と天野氏は考え、地域密着の戦略を [全文を読む]

川崎市を環境先進都市にした「ゴミ列車」が役目を終える日

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

驚くことに、川崎市環境局が貨物列車で運んでいるのは川崎市民が日々排出しているゴミだ。なぜ、川崎市環境局は貨物列車でゴミを運んでいるのだろうか?「川崎市が貨物列車でゴミを運ぶようになった背景には、当時に直面していた川崎市のゴミ問題があります。川崎市は市域が南北に細長いのですが、住民の多くは北部に住んでいます。そのため、北部で大量のゴミが排出されます。ところが [全文を読む]

川崎市との包括連携協定の締結について

PR TIMES / 2013年07月10日09時50分

7月9日(火)、川崎市とイオン株式会社は、芸術・文化の振興や地球に優しいまちづくりなどの分野において連携・協力し、川崎における地域の一層の活性化と市民サービスの向上を図ることを目的に、包括連携協定を締結しました。 今後、本協定に基づいて、地域活性化を図る取組を推進します。 【連携協力の対象分野】 (1) 川崎版WAONカードの活用に関すること (2) 芸術 [全文を読む]

日本映画大学、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、あさお区民まつり実行委員会が10月7日に「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」を共催

Digital PR Platform / 2017年09月17日08時05分

今後は、市民からの映像提供も受ける。概要は下記の通り。 ◆「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」 【開催日時】 2017年10月7日(土) (第1部)13:00~ (第2部)15:00~ 開場は上映開始の30分前 【会 場】 日本映画大学 新百合ヶ丘キャンパス4F 大教室 (川崎市麻生区万福寺1-16-30、小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩1分) 【 [全文を読む]

人口147万人都市の最年少「理系」議員が挑む、「どうしようもない」議会の再設計

政治山 / 2016年01月22日13時30分

塾講師が生徒に雇われているように、政治家も市民に雇われている 【仁木】 それで最終的に塾講師を選ばれるわけですが、なぜ塾講師だったのですか? 【重冨】 もともと子どもが好きだったのと、人前でしゃべる仕事なのでこれは政治家に向いているだろうと。そして、自分の持つ力を社会のために役立てたいという私の考え方を子どもにも伝えたいという思いもありました。 【仁木】 [全文を読む]

認知症の人の意思を尊重するには? 市民講座開催(川崎市)

認知症ねっと / 2017年01月21日15時00分

認知症当事者がいきいきと暮らすために 2月4日、神奈川県川崎市高津区の高津市民館ホールにおいて、第12回認知症市民公開講座が開催されます。テーマは「認知症になってもいきいきと ~本人の意思を尊重した生活のために~」となっています。 この市民公開講座は日本医科大学や同大学武蔵小杉病院、川崎市などの主催で、参加費は無料、現在、参加者を募集しています。 5人に1 [全文を読む]

FPフォーラム2012年7月~「もしも」に備えておこう!~年金、資産運用、自然災害・・・FPが応えるあなたの周りの「もしも」無料の「セミナー」と「個別相談会」を7月16日開催

@Press / 2012年07月02日14時00分

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下、日本FP協会)神奈川支部(横浜市西区/支部長 町野 隆)は、7月16日(月・祝)に川崎市中原市民館(川崎市中原区新丸子東3丁目1100-12 東急・JR武蔵小杉駅徒歩3分)に於いてFPフォーラム2012年7月(セミナーと個別相談会)を開催します。 ○「もしも」に備えておこう! 近 [全文を読む]

川崎市、睡眠計測による地域包括ケアシステムの実証事業スタート

認知症ねっと / 2017年10月01日15時00分

『第1回 平成29年10月10日(火)15時~18時・高津市民館大ホール(定員600名) 第2回 平成29年10月12日(木)14時~17時・中原市民館第3、4会議室(定員48名) 第3回 平成29年10月23日(月)15時~18時・新百合トウェンティワン大ホール(定員450名) 第4回 平成29年10月30日(月)14時~17時・ミューザ川崎市民交流室 [全文を読む]

“音楽と平和”をテーマにしたクラシックイベント「夏祭クラシックス2015」川崎にて2015年8月23日開催 オーケストラと共に舞台へ立つ公募合唱団の募集を開始

@Press / 2014年11月04日10時30分

「夏祭クラシックス2014」アンコールの演奏:大地讃頌 http://www.youtube.com/watch?v=kbQLUsfG_8k ■本番概要 日時 : 2015年8月23日 14時開演 会場 : 川崎市教育文化会館 大ホール アクセス: 川崎市川崎区富士見2-1-3 URL : http://www.city.kawasaki.jp/kawa [全文を読む]

病児・病後児保育事業の拡大に関する請願採択へ議会全会派の趣旨賛同を得て12,915名の署名簿と共に川崎市議会に請願書提出

@Press / 2013年06月27日13時00分

横浜市には16か所(公的補助)、東京23区には32か所(公的補助)がありながら、川崎市には北浜医師が年間1,000万円以上の赤字を発生させながら個人で運営する1か所のみである病児保育について市民の関心は高く、1万筆を目標に集めた署名運動に対しても、市内はもとより、他地区や海外在住の川崎市民も含めて1カ月弱の間で目標を超える署名が寄せられる等、大きな反響が [全文を読む]

いよいよ、待ったなし!平成28年4月より地方公務員法改正に伴う「人事評価制度運用」はすでに始まっています。運用計画はできていますか?

PR TIMES / 2016年05月25日14時16分

人事評価システムによりデータ処理が効率化し、さらに組織が活性化するので、業務の効率化・高 度化が図られ市民サービスの質が向上し、市民の満足度が向上します。 「公務員向けWeb型人事評価システム『ススムくん』シリーズ」の特徴 『ススムくん』は、公務員における人事評価制度のシステム化を全国自治体に先駆けて平成18年度から開発を実施した「川崎市」からの受託開発 [全文を読む]

issue+design、都市の創造性を測定する「創造都市INDEX」を開発─全国8,800人を対象に21都市で調査

DreamNews / 2016年03月09日14時30分

市民の創造性を測定することで、都市の創造性事業の成果を可視化し、現状を正しく理解し、より効果的な活動を実践していくための助けとしていくことを目的としています。開発の経緯「創造都市INDEX」の作成にあたって、先行研究、神戸市と共同で行った市民インタビュー、ワークショップを実施しました。キーワードを抽出し、創造的な人材の持つ資質を10個に整理してアンケート調 [全文を読む]

川崎市が「無償、交通費なしでゲームを作れ!」? 「対価を払え!」「ゲームを舐めるな!」と批判集中

J-CASTニュース / 2017年10月05日18時12分

川崎市が「景観」をテーマとしたオリジナルボードゲーム制作のプロジェクトをスタートする、と発表し、市民以外を含む制作者10人程度の募集を始めたが、報酬の欄に「無報酬(交通費も自己負担)」と記載したため、「ゲーム制作を舐めている」「それなりの対価を支払うべき」などと批判に晒された。市の担当者はツイッターで告知しすぐに批判が寄せられた、と驚いていて、「至極普通の [全文を読む]

『カワサキノコト ―川崎市 市勢要覧2017―』を発行しました!

@Press / 2017年04月13日09時30分

川崎を彩る多彩な魅力を紹介するほか、市の基礎データも収録し、希望する市民の方々に無償配布します。 川崎市ホームページ: http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000066630.html ■概要 <スペシャルトーク 川崎市長 福田紀彦×春香クリスティーン> 芸能界きっての政治通として知られるタレントの春香クリスティーン [全文を読む]

マホロバ・マインズ三浦が近隣の1都3県2市民対象に 温泉クアパーク利用券など特典付き宿泊プラン販売開始

@Press / 2016年03月14日11時00分

神奈川県三浦市のオーシャンリゾートホテル マホロバ・マインズ三浦(運営:株式会社四季の自然舎)は、近隣の1都3県2市(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、三浦・横須賀市)在住者を対象に、宿泊時に特典が受けられる1泊2食付きの「都民・県民・市民感謝デープラン」の販売を2016年3月に開始しました。「都民・県民・市民感謝デープラン」詳細ページhttp://www [全文を読む]

昭和電工:小中学校への出前授業等の取り組みについて川崎市より表彰

JCN Newswire / 2014年11月14日13時31分

市民の皆様に当社のリサイクル事業についてご理解をいただき、加えて分別体験や科学実験を通じて、お子様にも環境や化学に興味を持っていただけるよう、小中学校への出前授業や親子工場見学会などの取り組みを、2009年より実施してきました。今般、これらの取り組みについて川崎市にご評価いただき表彰を受けることになりました。当社グループは、製品・サービスの提供により社会へ [全文を読む]

住みやすくないけど人気「横浜」の圧倒的引力 「住みたい街」と「住みやすい街」の違いは?

東洋経済オンライン / 2017年10月09日07時00分

これは横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、流山市の5市の市民が自分たちのまちを愛する気持ちをプレゼンしあうというものだ。「シビックパワー」とは、街を愛する市民の力とでも言えるだろうか。イベントは「遊ぶ」「働く」「住む」の3項目について、各市がそれぞれ3分間プレゼンし、その後質疑応答が行われるという形で進められた。たとえば、遊びでは、千葉は世界第2位という海 [全文を読む]

マルイファミリー溝口が「チョイワルナイト vol.8 ーダンスと福祉をつなぐー」にブースを初出展!!

PR TIMES / 2017年08月04日13時19分

8月12日(土)、NOCTYホール 12F (高津市民館)にてマルイファミリー溝口(株式会社丸井、本社:東京都中野区、取締役社長:佐々木 一)は、8月12日(土)、NOCTYホール 12F (高津市民館)にて開催される「SOCIAL WORKEEERZ(ソーシャルワーカーズ)」が主催するイベント「チョイワルナイト vol.8 ーダンスと福祉をつなぐー」にブ [全文を読む]

地域密着の幅広いお客様層へ認知向上を図る、ORIHICA「ノクティプラザ溝の口店」が、4月7日(金)オープン!

PR TIMES / 2017年04月04日11時29分

南武線武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線溝の口駅と、通路(ペデストリアンデッキ)で連結している複合施設で、施設内には川崎市高津市民館(ノクティホール)や川崎市溝口行政サービスコーナーなど、生活には欠かせない行政サービスを提供しています。平日は、駅を利用する仕事帰りの20代~40代のビジネスパーソンをはじめ、休日はファミリー層と、幅広い客層の来店を見込んでいます。 [全文を読む]

勝つだけではダメ? 神奈川にプロサッカーチームが6つもある理由

マイナビ進学U17 / 2016年06月21日12時01分

予算規模の小さいことから「市民クラブ」と呼ばれることもあるそうですが、地域に愛されるという意味での市民クラブとしての意味合いも大きくなっているようです。 [全文を読む]

フォーカス