フランス語 雨宮塔子に関するニュース

「パリ系マダムVSハワイ系ママタレ」どっちに憧れる?(2)フランス語が上達しない中山美穂

アサジョ / 2017年03月06日17時00分

旅番組などで披露するフランス語も板につき、もうすっかりパリジェンヌの雰囲気だ。「フランス人の夫、シャルル・エドワード・バルト氏は老舗ファッションブランド、ジャンルイシェレルの創業者一族というセレブリティ。結婚当初は玉の輿婚と騒がれましたが、その後ブランドは売却。現在は、家計はすべて夫婦折半という典型的なフランススタイルのようです」(女性誌ライター) 同じ [全文を読む]

もう“ドジっ娘”は通じない!雨宮塔子「報道キャスター」復帰に不安の声

アサ芸プラス / 2016年07月20日17時58分

別居後も含めて6度の転居や、現地校に通う子どもたちの先生や父兄とのやりとりなど、自己主張が強いと言われるフランス人に溶け込んで暮らしてきたわけですから、報道の場面でも芯の強いところを見せてくれるのではないでしょうか」(女性誌記者) フランス語だけでなく英語も堪能な雨宮。国際的なニュースの多い今、期待されるところも大きいはずだ。(伊藤その子) [全文を読む]

不振のTBS『NEWS23』がOG・雨宮塔子アナ起用も「今さら感」が拭えず……

日刊サイゾー / 2016年07月02日09時00分

ところが、99年に退社し、フランス語、西洋美術史を学ぶため渡仏。2002年にパティシエの青木定治氏と結婚し、1男1女をもうけたが、昨年3月に離婚した。現在はフリーアナとして、時折テレビに出演するほか、エッセイストとして活躍している。レギュラー番組を持つのは、同局時代以来、17年ぶりとなる。 雨宮アナのキャスター就任に歓喜の声も上がっているようだが、正直「今 [全文を読む]

“午後11時台の女のバトル”制するのはどっち? 雨宮塔子vs小正裕佳子がついに開戦!

日刊サイゾー / 2016年07月31日11時00分

99年に同局を退社し、フランス語、西洋美術史を学ぶために渡仏。2002年12月に人気パティシエの青木定治氏と結婚し、1男1女をもうけたが、15年3月に離婚が成立。その後もフランスでの生活を続けていた。 同局では、今春の『NEWS23』大刷新にあたり、早くから雨宮アナにオファーを掛けていたが、ようやく「生活環境が整った」として、改編期でもない7月下旬から異例 [全文を読む]

パリジャンに大人気の料理「ボブン」ってなに?

TABIZINE / 2016年05月24日16時00分

ボブンってなに? ボブン(Bo-Bun)とは、フランス語の料理名で、ベトナムではブンボー(BunBo)と呼ばれているそうです。ボー(Bo)とは麺、ブンBunとは牛を意味するそうで、フォーとはまた違った細い米粉の麺料理です。 フランスのボブンは米粉の麺に、もやし、サラダ、にんじん、キュウリ、ミント、パクチー、ピーナツ、ネム(Nem rán : ベトナムの揚 [全文を読む]

フォーカス