雨宮塔子 八木亜希子に関するニュース

第24回「女子アナの歴史」(中編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年08月25日18時18分

■登場、雨宮塔子 中井美穂アナを起点とする空前の女子アナブームは、もはやテレビ局に所属するタレントを想起させた。その先鞭をつけたのはフジテレビで、日テレがそれに追随したが、かつて「民放の雄」と称されたTBSも、ようやく、その路線に舵を切る。 時に1993年、TBSにただ一人の女子アナ、雨宮塔子アナが採用される。最終面接ではピンクレディーを振付入りで披露した [全文を読む]

あの黄金世代女子アナの今!(1)TBSで人気だった雨宮塔子が古巣に返り咲き!

アサ芸プラス / 2016年07月23日09時57分

7月末に雨宮塔子がTBSに返り咲くことが発表された。そこで気になるのは、雨宮をはじめとする「黄金世代」の女子アナたちだ。80年代後半~90年代、テレビ史上最も女子アナが重宝されていた時代の「裏側」をよく知る大神いずみ、福井謙二に直撃しながら、あの女子アナの今を追跡大公開する! TBSで屈指の人気を誇ったフリーアナ・雨宮塔子(45)。同局の看板ニュース番組「 [全文を読む]

カトパン、赤江、夏目らフリー転身組 女優業での勝算は

NEWSポストセブン / 2016年08月05日16時00分

今年7月のテレビ番組改編で大きな話題となったのが、雨宮塔子(45)の17年ぶりの現場復帰だ。2015年11月から『NEWS23』(TBS系)の膳場貴子(41)が産休に入り、後任に指名された小林悠(30)は体調不良で就任前に退社。急遽雨宮に白羽の矢が立ったが、一時、膳場の後任として名前が浮上した赤江珠緒(41)はドラマに活躍の場を広げている。『重版出来!』( [全文を読む]

女子アナがお色気路線に走った黄金期、振り返ればフジがいた!

週プレNEWS / 2015年05月28日06時00分

彼女は『先生、胸を触っています』と笑っていたんですけど、そのリアクションがすごくかわいかった」(丸山氏) フジの3人娘や日テレのDORA、TBSの雨宮塔子アナ、進藤晶子アナがブレイクした第1次。それが第2次へと移行し、さらに盛り上がりを見せていった女子アナブーム。そんな中で、フジは着実に“女子アナ帝国”の礎を築き始めていった。 2000年に系列会社の共同テ [全文を読む]

大捜査ワイドTVから消えたオンナたちの真実 2012年は女子アナがヤバイ!中野美奈子は「今夏退社」が決定的

アサ芸プラス / 2012年04月06日11時00分

元TBSの人気アナだった雨宮塔子(41)のように、海外に在住しながら、年に数回だけ帰国して番組に出演するというスタイルをまねるプランもあるようです」 かつてフジのツートップと称された高島&中野時代も終焉を迎え、今年はガラッとメンバーが入れ代わりそうだ。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が占う。 「フジであれば、『とくダネ!』の前任だった佐々木恭子アナ(39 [全文を読む]

フォーカス