戦国時代 本多忠勝に関するニュース

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

男でなければ活躍しなかったかのように思われる戦国時代だが、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のように、戦国の世をたくましく生きた女性はほかにもいる。そんな女傑たちを紹介しよう。 ●立花ぎん千代(たちばなぎんちよ、「ぎん」は門がまえに言、1569~1602年) 加藤清正を退却させたエリートおんな城主。立花ぎん千代は、7歳のときに父・立花道雪から立花城の城督 [全文を読む]

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年9月25日 活躍した人たちがどんどん死んでしまって、戦国時代が過ぎ去っていく感がひしひしと感じられたんだけど、それにつれそんな中で起きた大坂の陣って一体何だったんだろうと改めて考えてしまう(歴史素人なので…) #真田丸 — さいころ (@dice445) 2016年9月25日 昌幸パパを始め、世 [全文を読む]

【ヤジ問題】実は戦国時代からヤジは存在していた!過去には秀吉を挑発した武将も

AOLニュース / 2014年06月30日17時00分

また、そうした権力者や政治に対する批判ではなく、対個人ということであれば、戦国時代には世相が世相ゆえなのか、実に優れた"挑発"を行う者も現れた。その代表例が、徳川家康に仕えた猛将、本多忠勝である。信長が本能寺の変で没した後、家康方(織田・徳川連合軍)と秀吉方(豊臣軍)の正面衝突となった小牧長久手の合戦において、忠勝は秀吉を挑発する目的から、「それ羽柴秀吉 [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大ら豪華キャスト出陣!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日12時00分

また、誰もが知るこれまでの「関ヶ原」とは違った、新しい角度から戦国時代最大の“天下分け目の決戦”を迫力ある映像と共に描いたた本作に期待は高まるばかりだ。 [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

戦国時代は、人として大切なことをすべて教えてくれる。後藤又兵衛という武将は、「負けゆく者の美学」を後世の人々に伝えた。その記憶は、永遠に消え去ることはないだろう。・合わせて読みたい→【真田丸】真田の強さを支えたもの、それは「ソバ」(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

天下分け“爪”の戦い? 戦国の新商品「関ヶ原Tシャツ」に感化された女性がネイルアートで武将を再現!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

[画像2: http://prtimes.jp/i/17413/9/resize/d17413-9-453644-1.jpg ]ゆうきさんに、どんな思いで武将をネイルに施したのかを聞いてみると、「戦国時代が大好きで、関ヶ原の合戦を右手と左手で東軍西軍に分かれて繰り広げたいなと思いました」とのことでした。【 ネイルアートとしてアイコン化された武将たち 】ネイ [全文を読む]

真田丸『第31話』裏解説。秀吉を死の直前まで苦しめた、ある悩み

まぐまぐニュース! / 2016年08月07日22時00分

実際に戦国時代のものにはよく見られますよね。 #真田丸 — シン・ぬえ (@yosinotennin) 2016年8月7日 この時代の追伸は今と違ってる行間に書く。古文書を読む基本であるが、現代人には読み辛い。 #真田丸 pic.twitter.com/KimQCpJBa3 — 佐藤誠孝 鎧甲冑製作所 (@katchusi) 2016年8月7日 そうか。あ [全文を読む]

真田丸『第13話』解説。仕掛けた罠で迎え撃つ「ホームアローン」戦術

まぐまぐニュース! / 2016年04月03日13時00分

戦国時代後半に喰違い虎口や枡形虎口が急速に普及するのは、「小分けにして狭いところに追いこむ」戦術が徹底してゆくため。このあたりの話を詳しく 知りたい方は、『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』を読むべし! ところで、有名な六文銭の旗は、ドラマでは今回が初お目見え。六文銭は三途の川の渡し賃だから、不吉だ。その不吉なモチーフは、戦場ではどう見えたのだろう。み [全文を読む]

真田丸『第12話』解説。なぜ上杉家は「義」を重んじるようになったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日13時00分

戦国時代の越後では、しばしば反抗的な態度をとる国衆たちに、謙信も景勝も手を焼いている。なぜ、こんな事になったかというと… ご存知のように、謙信の最初のもともとの名前長尾景虎。彼の家は、越後の守護代をつとめていた。ところが、謙信の父である長尾為景は、主君である守護の上杉房能を倒し、後継者の上杉定実を傀儡化して、越後の実権を握ることになった。越後を束ねるのが難 [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

現在放送中の大河ドラマ『真田丸』では、三谷幸喜の脚本のもと、戦国時代最後の武将・真田信繁を主人公に、誰が生き延びるのか誰にも予見できない混沌の時代が描かれている。有名武将である織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に、明智光秀、本多忠勝などを本作で演じるのは、吉田鋼太郎や小日向文世、内野聖陽ら渋い豪華キャスト陣だ。いまネット上では、そんな「有名武将」たちの死亡描写が [全文を読む]

フォーカス