写真集 石田えりに関するニュース

宮沢りえ『Santa Fe』発売時 出版元に1分間1000回の電話

NEWSポストセブン / 2016年06月17日07時00分

宮沢りえの写真集『Santa Fe』の突然の発売告知である。 その日、出版元の朝日出版社には、問い合わせの電話が1分間に1000回鳴ることもあり、計30万本にも上った。撮影した篠山紀信氏は、当時こう語っている。 「(それまでのヌードは)陰の部分、後ろ暗いものがあった。でも宮沢りえさんのヌードには全くない。つまり、『あっけらかんのすっぽんぽん』なのです」 売 [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

コレクションしている写真集の中でも最高峰だ」(岐阜県・無職・63歳) 同年代からの熱い支持を集める一方で、こんな声もあった。「薄いヘアは白糸の滝のように細長く、イヤらしかった。できれば映画と同時期の三十路で漆黒を見せてほしかった」(神奈川県・林業・58歳) ギリギリ49歳でのヘア初挑戦が、よくも悪くも支持を集めたようだ。 3位は菅野美穂(38)。脱アイドル [全文を読む]

石田えり56歳 ウエスト15センチ減!グラビア体型に大変身

しらべぇ / 2017年05月25日06時30分

また、93年にはヘアヌード写真集「罪」を発売し、抜群のプロポーションとボンテージ姿が話題に。今回の挑戦理由について、石田は、元々60歳でグラビアをする目標があり、合わせてトレーニングをしようと思っていたが、オファーがあったため、「60まで待たずに今やれ」と言われている気がして、挑戦したのだそう。約3ヶ月のトレーニング後、測定時のウエストがマイナス14.5c [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

完脱ぎ写真集も大ヒットした。5位・石田えり 脱ぎ惜しみしないどころか、脱いだら誰もがひれ伏すほどの特大バストの持ち主。映画、写真集と、作品ごとに衝撃をもたらした。6位・深野晴美 深夜番組から生まれた「オナッターズ」の一員だが、人気はハニーこと深野晴美がピカイチ。攻めまくりなグラビアで輝きを放った。7位・青山知可子 どちらかと言えば知る人ぞ知る女優の部類にな [全文を読む]

石田えり、ライザップ後のグラビア宣言に「今のぽちゃ体形でグラビアを」の声

アサ芸プラス / 2017年02月17日05時59分

81年公開の映画『遠雷』や93年発刊の写真集『罪』などで、石田のみごとなプロポーションの虜になってきたファンにとって、グラビア宣言は確かにうれしい限りでしょう。しかしオールドファンからは、やせて筋肉質なボディになった石田のグラビアより、自分たちと同じように年齢を重ねてボリュームアップしたぽっちゃり体型のままのグラビアが見たいという声が多いようです。完成され [全文を読む]

目指すは史上最強50代美ボディ!石田えりがグラビア復帰に向け本格始動!

アサ芸プラス / 2017年02月10日19時15分

「昔の自分に戻るだけでなく、今の年齢だからこそ魅せることができる美しい身体になりたい」 かつて映画や写真集で抜群のプロポーションを披露し、アサ芸世代をトリコにした女優・石田えりが、56歳にして24年ぶりの“グラビア復帰”を目指しているという。 石田といえば、いまや映画「釣りバカ日誌」をはじめ、様々な映画・ドラマ・舞台に活躍中だが、かつては映画「遠雷」などで [全文を読む]

目指すは史上最強50代美ボディ、女優・石田えりがおばさん体型脱却に挑む!

アサジョ / 2017年02月10日19時15分

「昔の自分に戻るだけでなく、今の年齢だからこそ魅せることができる美しい身体になりたい」 かつて映画や写真集で抜群のプロポーションを披露し、世の男性をトリコにした女優・石田えりが、56歳にして24年ぶりの“グラビア復帰”を目指しているという。 石田といえば、いまや映画「釣りバカ日誌」をはじめ、様々な映画・ドラマ・舞台に活躍中だが、かつて、映画「遠雷」などでそ [全文を読む]

芸能界”抱きたい五十路美女”は誰?「ソフトバンクCMでのママ役が光る樋口可南子は…」

アサ芸プラス / 2015年11月12日19時57分

「確かに、すっかり貞淑な妻のイメージが定着しましたが、かつては、90年代のヘアヌードブームの先駆けとなった写真集『water fruit』。映画『北斎漫画』など濡れ場の数ではダントツです。若い人が見たら卒倒するはず」(芸能評論家・織田祐二氏) 18位には石田えりが入った。「トロンとした目つき、モチッとしたカラダつきに直情的なエロスを感じます。彼女となら経験 [全文を読む]

石田えりがライザップ後のグラビアを公開、ボディに「復活」の兆しが!

アサ芸プラス / 2017年05月25日05時59分

そのボディは引き締まってはいるものの、かつて、映画『遠雷』(81年)や写真集『罪』(93年)などで見せたプロポーションに比べると、そこはかとなく年齢相応の肌の『柔らかさ』も伝わってきます」(芸能ライター) シャワーを浴びるカットでは、水着を着たことでできたと思われる日焼けの跡ものぞかせている。「表情の多くが笑顔ですが、どれも昔の石田と変わりない若々しさを感 [全文を読む]

前田敦子 R15指定映画も本人出演シーンはR指定なし

アサ芸プラス / 2014年08月06日09時58分

写真集では手ブラまでやっているのに、なぜこんなに露出がないのか。しかもテーマがテーマでしょ。ベッドシーンぐらいあって当然だと思いますよ。大人の女優になるのなら、真木よう子を見習って、それなりの覚悟でズバッと脱がないと。このままでは(同じく女優に転向している)ライバルの大島優子に先を越されてしまうんじゃないですか。彼女はAKB時代、楽屋でしょっちゅう裸になっ [全文を読む]

フォーカス