彼女 三浦友和に関するニュース

安室奈美恵、堀北真希、山口百恵など人気芸能人引退の「去り方と逃げ方」

週刊女性PRIME / 2017年10月05日18時05分

「10代からキレのあるダンスと歌でスターの地位を築いてきた彼女は、40歳を迎えてどこかで体力的な限界を感じていたんでしょう。周りからは“まだまだ踊れている”と言われても、自分の中では“もう踊れていない”と思ってしまう。彼女の美学。結婚をはじめ何から何まで自分で決めてきた美学ですよ。今後、復帰することはないだろうね」 芸能生活26年を迎える'18年9月に引退 [全文を読む]

安室奈美恵は本当に引退するのか「スターは辞めてもまたライトを浴びたくなる」

週刊女性PRIME / 2017年09月23日22時00分

彼女は今年デビュー25周年を迎え、9月20日に40歳になったとはいえ、まだまだ脂がのっている状態。なのにいきなり引退するとは穏やかじゃない。 芸能界引退と言えば、特に歌手となると思い起こされるのは山口百恵さん。デビューして7年たった'80年3月に、三浦友和との婚約を発表。そして同時に芸能界を引退することを公表した。 同年10月に日本武道館で開催されたファ [全文を読む]

その実績で?堀北真希の“山口百恵扱い”に昭和世代が「意義あり!」

アサ芸プラス / 2017年03月03日09時59分

事務所との契約が切れた3月1日朝に流れた“堀北引退”のニュースは世間の注目を瞬く間に浴びたが、彼女が育児に専念していることは人々も重々承知のため、さほど衝撃を持って迎えられてはいない。むしろ「そのほうがよかった」「綺麗なまま引退は素晴らしい」「その潔さに拍手を送ります。よいご家庭を」など、彼女の決断を後押しする声でにぎわっている。 ところが、彼女の引退を [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

名古屋市を拠点に50年以上にわたって活動する彼女を一躍有名にしたのが、「命名力」だった。生年月日や、親が子供に「どうなってほしいか」などを考慮し、画数をみながら名前をつけるという。その代表例が松田聖子(53)を世に送り出したことだ。 当時は山口百恵が三浦友和と結婚、引退した直後。百恵という国民的アイドルを失い、日本中が沈んでいた。そんなところへ次代のスタ [全文を読む]

“名脇役女優”小池栄子・谷村美月「巨乳コンビ」に期待

アサ芸プラス / 2013年03月06日10時00分

「あまたいる脇役の中でも、シリアスからコメディまで演じられる幅広い芸を持つ“名脇役”と呼べるのは、彼女だけなのでは。美形が基本とされる芸能界で、自身のビジュアルを客観視して脇に徹してきた稀有な女優。脇役ながら主演を食ってしまう独特の個性で、視聴者の『何かやってくれるかも』という期待感もあおります」 脇役ながら行数の限られた新聞のラ・テ欄に掲載されることも [全文を読む]

尾野真千子が「主演ドラマ」ドタキャンで非難轟々!

メンズサイゾー / 2012年11月08日13時30分

とのデート現場を二度にわたって写真週刊誌に撮られ、不倫疑惑がくすぶっているものの、彼女の勢いは衰えていないようだ。 しかし今回ばかりは“無風”というワケにもいかないだろう。彼女はある特別ドラマでいったん主役の座についたにもかかわらず、撮影開始直前になって降板してしまったというのである。 そのドラマは、2009年に亡くなった大原麗子(享年62)の生涯を描くと [全文を読む]

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(4)「くわえてしゃぶる」エロ俳句

アサ芸プラス / 2012年01月06日12時00分

「三浦にインタビューした際、『彼女は物凄い積極的で、もっと大胆にやってよ、と何度もダメ出しをしたんです。僕はもうタジタジになって、20回以上NGが出ました』と語っていました」 称賛すべき女優魂というか、20回以上も胸を揉んだ三浦がうらやましいというか‥‥。一方で、ヌードになることには抵抗があったようで、 「例えば映画『青春の門』では、原作者の五木寛之氏が [全文を読む]

AKB須藤凜々花だけじゃない!? 芸能人の衝撃“結婚宣言”まとめ

dmenu映画 / 2017年07月24日07時00分

彼女は1人で記者会見に臨みました。その模様は、各局のニュース番組でも中継され、NHKの「7時のニュース」でも取り上げられると、17.9%の視聴率を叩き出したのです。時の首相・宮澤喜一も「残念ですな」というコメントを発表するなど、2人の結婚に対して、いかに国民の関心が高かったかを物語っています。 記者会見で「これだけ強く彼を思っていた気持ちに、全然後悔はない [全文を読む]

私生活は「5年間恋愛禁止」だけど…『就活家族』で女優デビューした元ミスワールド日本代表が妖しく挑発!

週プレNEWS / 2017年01月27日21時30分

現在、23歳の彼女は「ミスワールド2015」日本代表、「2016トリンプイメージガール」にも選出された筋金入りの美女。昨年3月、所属するオスカープロモーションが米倉涼子、菊川怜などを輩出した「女優宣言お披露目記者発表会」を10年ぶりに開催し、田中道子らとともに女優への転身を発表した。 発売中の『週刊プレイボーイ』6号では、彼女の初グラビアを掲載。黒や紫な [全文を読む]

宇崎竜童「百恵さんが僕にくれた“作曲家としての誇り”」

WEB女性自身 / 2013年07月27日07時00分

僕にとって彼女は、それくらい大きな存在です」(宇崎さん・以下同) 宇崎さんは、百恵さんにシングル、LP合わせて68曲を書いた。1人のアーティストにこれだけの曲を書いたのは百恵さんだけで、彼女には、プロの作曲家としてものすごく鍛えられた気がすると話す。そして、歌手・山口百恵を誰かに例えると、野球のイチロー選手のような人だという。「イチロー選手は、普通のバッタ [全文を読む]

榮倉奈々が“三十路前”に新たなチャレンジ宣言

Movie Walker / 2016年05月06日08時00分

28歳になった彼女に、“アラサー女子”ならではの悩みや、将来に向けて思い描いていることを語ってもらった。 「先輩たちに負けないように必死でした」。そう振り返るのは、主演の佐藤浩市をはじめ、三浦友和、永瀬正敏ら名だたるメンバーが集結した映画『64-ロクヨン-前編』(5月7日公開)でのこと。「“職人が勢ぞろい”の現場だった」と榮倉が明かす『64-ロクヨン-』の [全文を読む]

福田彩乃は「芸人のくせに女優ぶってる!?」山口百恵の息子との熱愛報道を跳ね除ける“嫌われっぷり”

日刊サイゾー / 2015年02月27日00時00分

そもそも、彼女は端から“芸人”を名乗っていませんし、『女優としても活動したい』と繰り返していた。しかし、たびたび彼女の“天狗エピソード”が沸いては広まり、それが好感度を下げる後押しをしてしまった」(芸能記者) 昨年5月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、共演者の有吉弘行が、女性タレントが並ぶ中で福田に対して一切コメントしなかったことが話題になった。 [全文を読む]

「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」がABU賞 ドラマ部門ファイナリストに選出!

PR TIMES / 2017年09月22日11時02分

彼女はアメリカ占領軍兵士相手の売春宿で働き、行きずりの客に殺害されたと推測されていたが、犯人は特定できず未解決となった。それから66年、スジョンの孫である金井美紀(酒井美紀)が、母の遺品の中に祖母の手紙を発見。手紙には、「ミルクマンが私を壊さなければよいのに」と記されていた。 <スタッフ・キャスト> 出演:吉田羊 永山絢斗 滝藤賢一 光石研 / 三浦友和 [全文を読む]

安室奈美恵だけじゃない! 人気絶頂で引退を発表した女性芸能人

日刊SPA! / 2017年09月21日15時59分

彼女のファンにはもちろん、そうでない人たちにとっても複雑な心境をうかがい知ることができる。 さて、ここで想起されるレジェンド的な歌姫といえば、山口百恵。’70年代に活躍し、まさに人気絶頂の21歳という若さで俳優の三浦友和と結婚、引退したことで世の中に衝撃を与えた。これまでの芸能界を振り返ってみると、突然引退を発表して世間を驚かせた女性芸能人は数多くいる。近 [全文を読む]

堀北真希は”引退”を明言していない?はやくも女優復帰説の背景

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日08時00分

週刊誌での取材では山本の母親は堀北の復帰を『彼女次第』と語っていました。その言葉の裏には、彼女をバックアップする体制はいつでも整えているというメッセージが含まれている可能性があります」(芸能関係者) 専業主婦を決め込んでいる様子の堀北だが、このまま伝説の女優としてメディアから姿を消してしまうのだろうか。関係者は、堀北が最後に発表した文章に、「引退」の文字が [全文を読む]

堀北真希、「伝説」の次に待つもの

NewsCafe / 2017年03月02日12時45分

女優業じゃなくても、CMに出れば短時間で数千万円稼げるんだし、もったいないとは思う」 記者「俳優、三浦友和(65)の妻で、全盛期で引退した元歌手、旧姓・山口百恵(58)とまでは行きませんが、事件やトラブルで引退を余儀なくされた清水らに比べれば、きれいな形で業界を去る堀北は伝説を作ったといえますね」 デスク「おいおい、そんなきれいごとでこの世界は済まないよ」 [全文を読む]

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

百恵さんが得意のキルトを展覧会に出品し、3作中の2作が子供部屋で使うモノだったことから、彼女が「早く孫を抱きたい」と友人に語ったという女性週刊誌の記事に注目が集まり、それを取り上げたワイドショーの毎分グラフが急上昇したのだ。 つまり三浦友和の“リアル家族”は、「就活」ならぬ「婚活家族」というワケ。そんな三浦家の次男、三浦貴大が、鈴木亮平主演のスペシャルドラ [全文を読む]

前田敦子、『就活家族』での“棒演技”以上に問題視される「現場での勘違いぶり」

サイゾーウーマン / 2017年02月05日08時00分

撮影に関わったことのあるスタッフからは、一昔前、元SMAP・木村拓哉が言われていたのと同様に、『彼女は何をやっても“前田敦子”にしかならない』との声も。制作側が『これなら前田でも演じられる』といった役を作って、彼女に与えているだけなので、前田には“役作りをする”という意識がなく、いつまでたっても成長しないのでしょう」(同) そもそも当の前田は、周囲の意見に [全文を読む]

前田敦子「AKB48時代はバブル、今は贅沢な体験」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日16時00分

ラッキーで贅沢な時期を過ごしています」 彼女が今いちばん贅沢を感じる時間は、三浦友和(64才)と話をする時なんだという。現在放映中のテレビ朝日系ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』で親子役を演じているふたり。どんな話で盛り上がるのか想像がつかないけれど…。 「私は、昔の日本映画が大好きで、故・相米慎二監督のファンなんです。薬師丸ひろ子さんがかわいい『セ [全文を読む]

三浦友和、役員に昇進するはずが…退職危機!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月19日07時00分

会社からは「このままでは役員昇進だけでなく、社員という立場も危うくなる」と忠告され、社長の的場(中丸新将)から「彼女を説き伏せることができなければ、役員昇進だけでなく、社員という立場も危うくなる」と忠告されてしまう。 身に覚えのない優子の告発に戸惑う洋輔は、真実を明らかにしようとするが優子は「お願いだからもう付きまとわないでください」の一点張り。 固い信 [全文を読む]

フォーカス