子供 瑛太に関するニュース

膝の上に馬乗り! イクメン俳優瑛太の酒乱・泥酔現場がヒドすぎる

messy / 2015年09月10日18時00分

報道陣から、「家族とは何か」というドラマテーマにちなみ、妻の木村カエラとまだ幼い2人の子供について聞かれると「(子供は)目を離したらどこかにいってしまうし、目が離せない毎日を過ごしています」「仕事中は家族のことは忘れている。忘れて仕事ができるくらいに家族に対して安心しているから没頭できるのかなと感じています。一番、大切にしたいものでもあります」と語った。 [全文を読む]

木村カエラが「ムーミン」の声優出演を心から喜んだ本当の理由

アサ芸プラス / 2014年12月12日09時58分

やはり4歳と1歳になる子供たちの存在が大きいのでしょう。役者や歌手で、結婚してから積極的にアニメや子供関連の仕事に関わろうとする人は多いんです。ある大物芸能人も『一番したいのは子供関連の仕事』と言っていました。『世間からスターだと見られても、子供からすればただの親。子供に“すご~い”と言われるには、子供が好きなものに出るのが一番』というのがその理由だそうで [全文を読む]

『最高の離婚』SP、なぜ秀逸?夫婦のすれ違いをリアルに描写、期待される続編への伏線

Business Journal / 2014年02月11日14時00分

●地に足のついた日常感 もうひとつ、男女間で深い溝になるのが「子供問題」。子供はまだ欲しくない男と、早く子供が欲しい女の「温度差」。今回はこの温度差にも踏み込んでいた。これも世の中の夫婦で相当勃発している摩擦である。脚本家の坂元裕二は、こういうリアルな論点を描き出すのが本当にうまい。嘘くさい家族ごっこや薄っぺらい恋愛模様など、巷にあふれるような作品は決して [全文を読む]

セックスレス男性が多数、布川敏和が自身の事情語る

NEWSポストセブン / 2017年08月06日16時00分

5年前に結婚したふたりは子供を望んでいたがなかなか恵まれず、婦人科を受診したところ、妻が不妊体質だと診断された。以来、夫婦の間のセックスは“愛を確かめる行為”から“子づくりのための義務”となった。 「排卵日になると“チャンスは今日しかないんだから!”と鬼気迫った様子で迫られ、行為が終わると“またダメだったらどうしよう”とさめざめと泣く。地獄でした…。今は [全文を読む]

瑛太逆オファー「15年以内に大河か朝ドラの主役を」

Smartザテレビジョン / 2015年09月09日19時38分

瑛太演じる掛(カケル)は、ある日突然、シェアハウス仲間の美冴(相武紗季)から子供をつくるのに協力してほしいと頼まれる。混乱しながらも美冴への答えを探す掛は、家族とは何かを確かめるため、3年前にある事情から“解散”した家族を訪ねて回る。 今から15年後という舞台について、瑛太は「小さいころに思い描いていた2030年は、もっとSFめいたものだったのですが、台本 [全文を読む]

笑福亭鶴瓶、'14年を漢字一字で表すと「驚」!

Smartザテレビジョン / 2014年12月31日07時40分

中に子供が遊ぶところもあったので、お子さん連れでも楽しめるという気がしました。僕もぜひ次回レースを観覧しに行こうと思っています」(瑛太)、「こんなに広い場所だと感じることができました。特別に芝生の中に入らせていただいて、ここで馬が走るのかと思ったら、すごくドキドキしました。貴重な体験をさせていただきました」(有村)と共に感動した様子だった。 なお新CMはテ [全文を読む]

コメディなのかシリアスなのか中途半端 面白いんだかつまらないんだかよくわからん〈ハロー張りネズミ 第4回〉(TBS系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月10日12時00分

シングルマザーで、仕事場に行く時には子供の七恵を1人で留守番させていたが、彼女の挙動がおかしいという。早速部屋にカメラをつけてモニターすると、七恵が見えない誰かと話しながら、「だっこして」と宙に浮くのだ。 そこへ霊媒師の河合節子(蒼井優)が登場して、北村の一部屋の柱に霊が取り付いていると診断する。この柱からニューッと黒い手が伸びてきて頭を掴むシーンは怖い。 [全文を読む]

熱愛発覚で女優業に危険信号?満島ひかりに浮上した不安要素

デイリーニュースオンライン / 2016年05月23日12時06分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

しっかり叱る父?寛容な父?やっぱり包容力!ドラマ史に残る名物パパ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月08日12時55分

基本的に子供の意思を尊重。いざとなったら手助けしてくれるパパ!女性の人生を描くことの多い朝ドラ。最近では、「家族」を中心にしすぎて仕事をないがしろにしてしまう、尾美としのりさん演じる『あまちゃん』の正宗パパや、『ごちそうさん』の寡黙で頑固なのに娘を溺愛する原田泰造さん演じる大五、自由人ながらも娘の才能を見抜き、型破りな行動で道を拓いた伊原剛志さん演じる『 [全文を読む]

マイコと交際2年超の妻夫木聡 瑛太の家族トークに興味津々

WEB女性自身 / 2015年01月08日15時00分

「昨年7月クールのドラマ『若者たち2014』(フジテレビ系)で瑛太さんと共演したとき、妻夫木さんは彼から子供の話を聞かされたそうです。瑛太さんは、携帯電話で撮った4歳長男の写真を見せながら『夏休みは子供を連れて海に行くんだ』『結婚って、いいもんだよ』などと嬉しそうに話していました。それを聞いた妻夫木さんは『そうだよね……』と笑顔で応えていました」(テレビ局 [全文を読む]

桑田佳祐がドラマ『最高の離婚』のエンディング映像に登場、キャストとの絡みも!

リッスンジャパン / 2013年02月19日14時00分

4人は全員子供の頃から大の桑田ファンとのことで、対面を前に緊張と興奮が隠せない様子。そこへ、桑田本人が白のスーツに身を包み颯爽と姿を現す。桑田佳祐 - アーティスト情報シーンの内容は、4人の夢の世界へ突然桑田佳祐が乱入し、男性陣とは少々格闘あり!?、女性陣とはかなりの絡みありといったもの。このエンディング映像はドラマ後半から流れる予定だが、そのオンエア日程 [全文を読む]

桑田佳祐がドラマ『最高の離婚』のエンディング映像に登場、キャストとの絡みも!

okmusic UP's / 2013年02月19日14時00分

4人は全員子供の頃から大の桑田ファンとのことで、対面を前に緊張と興奮が隠せない様子。そこへ、桑田本人が白のスーツに身を包み颯爽と姿を現す。桑田佳祐の主題歌×キャスト4人による妖艶なエンディング映像が話題にシーンの内容は、4人の夢の世界へ突然桑田佳祐が乱入し、男性陣とは少々格闘あり!?、女性陣とはかなりの絡みありといったもの。このエンディング映像はドラマ後半 [全文を読む]

【映画「ミックス。」連載】広末涼子「フォームとか顔だけで上手いふりをしていました(笑)」

ザテレビジョン / 2017年10月14日12時30分

または単純に一緒に卓球したかったのかもしれないけれど、この2人は子供のころからそういう関係だったんだろうなぁと思います。この2人は似ていないけれど、自分にないものを持っている相手のことが好きなんですよね、きっと。後半にも、多満子が重大な決断をする場面で、弥生がつらいながらもそれを応援するという関係が描かれます。そのシーンはすごく心に染みました。多満子役の結 [全文を読む]

新垣結衣『ミックス。』で母親役の真木よう子だけが”蚊帳の外”の異常事態

デイリーニュースオンライン / 2017年09月24日12時00分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

『ハロー張りネズミ』の見どころはストーリーだけじゃない 小ネタにも大注目

しらべぇ / 2017年07月15日15時00分

■1話はシリアスな人情物語依頼人、川田(伊藤淳史)から、入院中の奥さんに会わせるため、交通事故で亡くなった娘にそっくりの子供を探してほしいと依頼があった。子役のオーディションを実施して選ぶことに。たくさんの女の子から応募があったが、似ている子は見つからない。公園でいじめられている女の子が似ていた。尾行するとたどり着いたのは、児童養護施設…。■懐かしのパロデ [全文を読む]

【視聴熱】「井上涼」「水谷豊」「大根仁」…今熱い注目を集めるクリエーターたち

ザテレビジョン / 2017年06月11日17時30分

■ 美術作品を楽しく&分かりやすく紹介!「びじゅチューン!」井上涼 アーティストの井上涼が作詞・作曲・歌・アニメーション制作を手掛け、世界の有名な美術作品を子供にも分かりやすく紹介する「びじゅチューン!」(NHK Eテレ)。8月2日(水)に発売される番組のDVD BOOK第3弾では、「武蔵の遅刻理由」「噴火する背中」などの人気作品を含む16曲が解説・歌・ [全文を読む]

羽生結弦殿も参戦!阿部サダヲ主演作の本ポスター解禁

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日10時01分

大好きな風呂もお酒も我慢、子供のおもちゃも、宝物も、家財道具も売り払い、家族を奉公に出し、家を売り払ってでもひたすらゼニをためる。決死の節約術で3億円もの貯蓄に励み、ついにはお上に挑もうとした、庶民による、庶民のための、知恵と勇気と我慢のゼニ戦。その煮えたぎる熱い思いが、ついにはゼニを宙に舞い上がらせる…。 キャッチコピーとなった「これも世の貯め、人の貯 [全文を読む]

CM本数激増の吉田羊 オファー殺到の理由は「クソ真面目」?

NEWSポストセブン / 2015年11月07日07時00分

今年1月、人気子役の鈴木梨央の“母役”として「ポカリ、飲まなきゃ」と言っていた大塚製薬「ポカリスエット」のCMに「母親役なんて珍しい」と思っていたら、トヨタホームではもっと大きい子供がいる母親役。 平山浩行に駆け寄る花王「ハミングFine」のCMは、当初、大人のカップルのデートを想像していたが、実は夫婦で、二人の間には子供がいる設定だった。 そうかと思え [全文を読む]

真木よう子 7年目の離婚の背景に「専業主夫とのスレ違い」

NEWSポストセブン / 2015年10月01日07時00分

娘の父と母であっても、男と女には戻れないと言っていましたね…」(前出・真木の知人) 2人目の子供が欲しい真木が、「なんで男は子供を産めないの…」ともらしていたこともあったという。 ※女性セブン2015年10月15日号 [全文を読む]

瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送

Smartザテレビジョン / 2015年04月14日19時20分

掛(瑛太)は、気が合う年上のシェアハウスメイト・美冴(相武紗季)から「子供が欲しいから協力してほしい」と告げられ驚くが、美冴に「結婚してほしいとか家族になりたいということじゃない」とあっさり言われ戸惑う。 掛は、ふと自分には「家族」があるのかと考えるようになり、バラバラになって長い間会っていない家族を訪ねていく。 社会とのつながり、血縁関係など希薄になって [全文を読む]

フォーカス