シーズン 反町隆史に関するニュース

“ワースト3位”の最終回視聴率 “4代目相棒”反町隆史は続投決定も、お先真っ暗!

messy / 2016年03月21日19時00分

03年10月期に始まったシーズン2から、2クールまたぐ形となった。最終回のワースト視聴率は、シーズン1の13.3%。ワースト2位はシーズン3(04年10月~05年3月)の14.1%で、今回のシーズン14の15.8%はワースト3位。 平均視聴率で見ると、シーズン14は、シーズン2の12.7%、シーズン1の13.1%、シーズン3の13.2%、シーズン4(05年 [全文を読む]

視聴率低迷のテレ朝『相棒』 “早期降板説”絶えない反町隆史の後釜は、やっぱり仲間由紀恵?

日刊サイゾー / 2016年09月21日13時00分

テレビ朝日の鉄板ドラマ『相棒』(水谷豊主演/水曜午後9時~)の「シーズン15」が、10月12日にスタートする。“4代目相棒” 冠城亘(かぶらぎ・わたる=反町隆史)にとって2期目となるが、仲間由紀恵演じる警視庁総務部広報課の課長・社美彌子(やしろ・みやこ)が2シーズンぶりに登場することで、早くも「後釜は仲間」説が飛び交っているという。 「シーズン13」では、 [全文を読む]

水谷豊&反町隆史が表紙、「相棒season15 × デジタルTVガイド創刊15周年 W記念特大号!!」

PR TIMES / 2016年10月20日19時36分

そのすべてに登場した水谷豊が4人の歴代相棒&シリーズの魅力を語るとともに、 これまでの本誌表紙&記事の再録を交えながら、 全シーズン&劇場版をプレーバック。 さらに激動の幕開けとなった最新シーズン「相棒season15」の見どころも徹底解説します。 「相棒」とともに歩んできた本誌にしかできない、 必見の総力特集です!特別定価400円(税込み)です。【スペ [全文を読む]

新『相棒』好発進も「あの人なしはツライ」

日刊大衆 / 2016年10月19日16時00分

シーズン15では前シーズンに引き続き、4代目相棒の反町隆史(42)が再び相棒を演じたり、シーズン13で登場した仲間由紀恵(36)が再登場したりとファンを喜ばせる要素は多いです。ただ、ファーストシーズンからずっとレギュラーで登場していた鑑識課の米沢守役の六角精児(54)がいないんです。コアなファンからは“米沢ロス”を嘆く声が上がっています」(テレビ誌ライ [全文を読む]

反町隆史“続投”でも安心できない「相棒15」が抱える2つの問題点

アサ芸プラス / 2016年05月24日09時59分

注目されていた水谷演じる杉下右京の“相棒”は、前シーズンに続き反町隆史扮する冠城亘が“続投”することも決定。この発表に“相棒”ファンからは反町続投を歓迎する声が多数上がっているようだ。 だが、前シーズンの最終回は、冠城は警察官になるべく警察学校へ、六角精児演じる鑑識の米沢守は警察学校の講師に異動という終わり方だった。それだけに気になるのが、新シーズンにこ [全文を読む]

杉下右京、再び銀幕へ! 反町隆史を相棒に迎えた『相棒-劇場版IV-』が製作決定

Entame Plex / 2016年05月19日05時00分

また、2016年10月からは連続ドラマの新シーズン『相棒 season15』が放送されることがわかった。 『相棒』は2000年にドラマの第1弾がスタートし、水谷扮する杉下の相棒役も寺脇康文、及川光博、成宮寛貴と代替わりしながら続いてきた人気シリーズ。昨年放送されたドラマ『season14』からは反町隆史が4代目相棒として冠城亘役を務めており、このたび製作決 [全文を読む]

反町隆史、1シーズンで『相棒』卒業説も!? 制作スタッフが暴露する「最終回の脚本内容」

サイゾーウーマン / 2016年02月03日12時45分

就任当初から「ワンシーズンで卒業しそう」などといわれてきた『相棒season14』(テレビ朝日系)の4代目相棒・反町隆史。前相棒である成宮寛貴は、犯罪者として逮捕されるという衝撃のラストで“強制卒業”となってしまったが、本シリーズも終了まで2カ月を切り、いよいよ反町の去就に注目が集まっている。そんな中、どうやら関係者の間では「今回は継続」との説が広まってい [全文を読む]

反町隆史「欲がなくなった」自分が“大人”を実感するとき

anan NEWS / 2016年11月12日14時00分

制作側への信頼感が伝わってくるし、作品に対するその深い愛情が素晴らしいなと」 前シーズンに法務省をクビになった冠城は、異例の措置で警視庁に入署。署内では新人ながら、どこか人を喰ったようなキャラクターは相変わらず。そんな彼の魅力を尋ねると、「お茶目なところじゃないですかね。どこか三枚目というか」、そう言ってニヤリ。お茶目さでいえば、ご本人もまったく負けてない [全文を読む]

『相棒15』初回視聴率は歴代ワースト3位の“最悪スタート”で、早くも反町隆史降板説ちらつく

日刊サイゾー / 2016年10月15日19時00分

シーズンで冠城は、法務省のキャリア官僚で警視庁へ出向してきた形だったが、最終回で同省をクビになり、警察学校からやり直すことになる。今シーズンの初回では、研修を終え、警視庁の一員になったものの、配属先は捜査と無縁の総務部広報課。同課の課長・社美彌子(仲間由紀恵)の下で働くことになるが、杉下右京(水谷豊)のいる特命係に、どのように復帰するかが見どころだった [全文を読む]

反町隆史 『相棒』4代目続投でロケ開始と同時に目指す釣り師としての高み

週刊女性PRIME / 2017年08月31日04時00分

いよいよ“運命の3年目”がスタートします」(制作スタッフ) 8月上旬、都内のスタジオでクランクインした、水谷豊主演ドラマ『相棒シーズン16』(テレビ朝日系)。4代目の反町隆史が続投、歴代相棒らに並ぶ3期目以上のシーズンを迎える。 「撮影前には、他番組の企画でエベレスト登山に挑戦したみたいで、何か思うことがあったのでしょう。“新しい気持ちで臨めるよ”と機嫌が [全文を読む]

水谷豊が許せば……テレビ朝日『相棒』5代目相棒に、元SMAP・稲垣吾郎が急浮上!

日刊サイゾー / 2017年03月03日11時00分

ところが、4代目に反町が起用されたシーズン14の全話平均視聴率は、15.3%にダウン。継続して反町が出演しているシーズン15は全20話の予定だが、14話までの平均視聴率は14.7%。主演の水谷豊は「視聴率が15%を割ったら、ドラマをやめる」と公言しているともいわれ、スタッフは戦々恐々だ。 そんな中、2月11日に全国公開された劇場版『相棒-劇場版IV-首都ク [全文を読む]

新「相棒」は濱田岳!?出演者のスキャンダル続出に水谷豊が“安全パイ”を希望?

アサ芸プラス / 2016年12月09日17時58分

相棒が反町隆史演じる冠城亘に変わったシーズン14からは、平均視聴率がそれまでの17%台から15%台に落ちたことで“戦犯は反町”という声も出ている。「2代目、3代目は3シーズンで杉下の相棒を卒業というパターンでしたが、どうやら反町は2シーズンで降板ともっぱらの噂です」(番組関係者) となれば、がぜん注目されるのが“5代目”ということなのだが、急浮上した俳優 [全文を読む]

CMも切られて崖っぷち!反町隆史「相棒16」続投は劇場版の興行成績しだい?

アサ芸プラス / 2016年11月22日09時59分

なぜなら、初代相棒は別として2代目、3代目ともに、これまでは「3シーズンの連ドラと1本の映画」を経て、杉下の相棒を皆卒業しているから。しかし、今回の劇場版は相棒・冠城が異例の2シーズンでの映画出演となったため、「早すぎるのでは?」と降板の噂が出たようだ。 芸能ジャーナリストは「この噂が本当なら、反町は背水の陣」だと言う。「反町は、13年から契約していた男性 [全文を読む]

15シーズン目に突入した『相棒』 水谷豊「僕にはプレッシャーというものがない」

anan NEWS / 2016年11月13日14時00分

「法務省から警視庁にくるだろうとは思っていましたが、最初、広報課に配属されたので、おやおや、と思いましたよ」 4代目の相棒になって2シーズン目。晴れて特命係に配属された冠城亘(かぶらぎわたる)(反町隆史)について話す水谷豊さん。“おやおや”の語り口が、まさに右京さんで、じんわり胸が熱くなる。杉下右京を演じるようになって、かれこれ16年。連続ドラマ『相棒』は [全文を読む]

水谷豊が反町隆史の軽薄演技に嫌気?「相棒」最低視聴率で聞こえる不協和音

アサ芸プラス / 2016年11月10日15時05分

高視聴率を誇る水谷豊主演ドラマ「相棒シーズン15」(テレビ朝日系)の第5話が11月9日放送され、平均視聴率が13.6%だったと発表された。前回比1.7ポイントのダウンで、今シーズンの最低記録となってしまった。つまり“相棒落ち”した視聴者が増えたということだ。 テレビ誌のライターは「深刻な状況が起きている」という。「以前は、ネット上で放送を観ながら感想を言い [全文を読む]

「相棒」反町隆史が仲間由紀恵の部下に!

Smartザテレビジョン / 2016年09月14日05時00分

シーズンで亘は、警察学校での研修を無事に終え、正式に警視庁の一員となって戻ってくる。 特命係での“居候”も返上、晴れて水谷演じる杉下右京の“相棒”と思いきや、まさかの人事で亘は総務部広報課へ。元法務省キャリア官僚に対する警視庁の嫌がらせか、亘は希望する捜査部門とは違う部署に配属されてしまう。 水谷は「驚きましたねぇ、本当に驚きました。僕のところに来ると思 [全文を読む]

ドラマ『相棒』、相棒本命・仲間由紀恵が再びNGの公算の事情…また不評の反町か

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

水谷豊演じる杉下右京の“相棒役”を「誰が務めるか」でも話題になり、毎シーズン高視聴率をキープしてきた連続テレビドラマ『相棒』。先月終了したseason14でも、反町隆史の名前が発表されるまで、ファンのみならず業界関係者の間でも注目が集まっていた。 「大本命は仲間由紀恵でした。仲間は子持ちの警視庁広報課長役で過去にゲスト出演した際、水谷から相当気に入られてい [全文を読む]

『相棒14』12.6%で最低視聴率更新! “高視聴率神話”崩壊で「もう十分」と作品終了を望む声

サイゾーウーマン / 2016年01月25日12時45分

しかし、1月13日放送の第11話では、12.6%と今シーズン最低を更新。さらに、20日放送の第12話も13.7%と、人気シリーズ『相棒』にあるまじき数字の推移を見せている。新しい相棒・反町隆史の評判は上々だが、一体、『相棒』凋落の原因は何なのだろうか? 「三代目相棒役・成宮寛貴の最後の出演となった前シーズンは、全話平均視聴率17.0%で、最低視聴率は第7話 [全文を読む]

『相棒』次の相棒選びが水谷豊NGで難航…4代目は反町隆史、5代目は仲間由紀恵に決定

Business Journal / 2015年03月26日23時00分

仲間はテレ朝のミステリードラマ『TRICK』(2000年7月〜14年1月)での実績が評価され、『TRICK』から『相棒』へ異動した桑田潔プロデューサーの懇願もあって受諾し、来年10月スタートのseason15から正式に相棒として入ってもらうことになりました」(テレビ局関係者) 仲間の登場は来年からということになり、今年10月スタートのseason14の相棒 [全文を読む]

『相棒16』水谷豊×反町隆史、「何様だ」発言を経て2人の関係は?

ORICON NEWS / 2017年10月18日05時00分

3月に放送された前シーズンの最終回では、杉下右京(水谷)が冠城亘(反町)に向かって「想像が及ばないのなら、黙っていろ」と、珍しく語気を荒げ、亘が「何様だ」と言い返すヒリヒリするようなシーンがあり、ファンをヒヤヒヤさせた。あれから半年。再開された撮影現場で、特命係を覗いてみると…。【動画】『相棒season16』初回予告――まずはファンをざわつかせた『sea [全文を読む]

フォーカス