ものまね 松浦亜弥に関するニュース

テリー伊藤対談「コロッケ」(1)“ものまね四天王”時代の危機感

アサ芸プラス / 2015年02月12日09時54分

ものまねレパートリーは300種を超え、ヒップホップダンスとの融合など、ものまね芸の新境地を開拓した。13年3月には松尾芸能賞・演劇優秀賞を受賞。14年12月には文化庁より長官賞を受賞。同年には厚生労働省より肝炎総合対策推進国民運動事業「知って肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターに任命され、肝炎についての啓発活動も行う。今年は芸能活動35周年を迎え、2月 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】「健ちゃんのパフォーマンスは毎回本気」古坂大魔王、前田さんの“あやや”振り返る

TechinsightJapan / 2016年04月26日18時45分

亡くなった前田健さんは生前、“あやや”こと松浦亜弥のものまねが本人に「似ている」と認められて評判となった。その頃、芸人の音楽イベントを始めた古坂大魔王がステージに出てくれた当時の前田さんについてブログで「健ちゃんのパフォーマンスは毎回本気」だったと偲んでいる。 前田健さんは4月26日午前1時36分、44歳の若さであの世に旅立った。所属事務所によると虚血性心 [全文を読む]

松浦亜弥、復帰を決めたワケ

NewsCafe / 2017年03月09日09時00分

「昨年4月に急死したタレント、前田健さん(享年44)や、はるな愛(44)ら松浦のものまねが見られることは多かったですが、その松浦自身の露出はとっくになくなっていました」 確かに、姿を見なくなって久しい。 「女性アイドルグループも、AKBグループが圧倒的に強く、ハロプロ系の松浦が昔の名前で出てきても支持は少ないでしょう」(先のデスク) それくらいは彼女も橘 [全文を読む]

世界中の「姑」から認められる松浦亜弥 絶対に炎上しない“嫁力”を分析する

ウートピ / 2016年05月10日20時00分

前田さんがブレイクするきっかけとなったのは「あやや」こと松浦亜弥のものまねだと報じられ、松浦は26日のうちに所属事務所を通じて次のコメントを発表した。 「昨日からのニュースを見て心配していました。突然の悲報にびっくりしています。私のことをおもしろかわいくモノマネをしてくれて、楽しく話題にしてくれて嬉しかったです。マエケンさんのモノマネで自分のクセを知ったり [全文を読む]

KB48・指原莉乃のソロデビューシングルの収録内容の全貌が明らかに!さらに指原プロデュースの神イベント開催が決定!

リッスンジャパン / 2012年04月21日04時00分

その他「ミューズの鏡」の特別編集版や、ものまねAKBの「Everyday、カチューシャ」、本人が解説する「ライブ時における美しいMIXおよびコール講座」など話題になること間違いなしの内容だ。AKB48 - アーティスト情報そしてビックなお知らせも!5月と6月に『それでも好きだよ』のCD購入者対象イベントが開催されることが決定。イベントはふたつあり、ひとつは [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<黄金アイドルの暴走篇『泥酔した小泉今日子が代官山に「落ちている」?』>

アサ芸プラス / 2017年03月01日12時57分

いったい、どういうこと?「ものまねじゃなく普通の歌番組で、アグネスと2人でイタズラをやろうという話になりまして。アグネスの歌の番の時に、私がマイクを持って隠れていて、アグネスは口パクで、私が代わりにフルコーラス歌いました」 誰にも気づかれず、あとでスタッフに打ち明けたら怒られるどころか、その完成度の高さを絶賛されたそうだ。そんな森昌子の1年後にデビューした [全文を読む]

フォーカス