桂文枝 六代に関するニュース

「これからの100年を考える」 よしもと芸人 エコ&アート展

PR TIMES / 2012年09月10日09時23分

展示内容 桂文枝 「美しく青き道頓堀川」 道頓堀川に住むカメの視点で環境破壊を描いた「美しく青き道頓堀川」の著者「桂三枝」 (7月16日に六代 桂文枝襲名)の作品と解説を展示しております。 新作として色紙絵、また襲名記念の扇や手拭の展示も行っております。 アートの才能にも秀でた様々な若手芸人の環境をテーマにしたアート作品 自らギャラリーをプロデュースする [全文を読む]

2016年、不倫騒動の神対応は誰だ!?謝罪対応No.1決定戦

WEB女性自身 / 2016年03月24日17時00分

川谷絵音米米CLUB 石井竜也元衆議院議員 宮崎謙介落語家 六代・桂文枝元教員でタレント 乙武洋匡【採点方法】各自の不倫報道の対応に対して、以下の4項目で不倫のゲス度を割り出します。各項目対応のよかった人物を25点とし、5点ごとに減点。最も対応の悪い人を5点とします。なお、満点は100点。【採点項目】・対応方法・スピード・家族への配慮・脇の甘さ■対応方法 [全文を読む]

桂文枝師匠は男泣き?20年不倫告白も残る違和感の正体

WEB女性自身 / 2016年02月23日15時00分

桂文枝さんは父であり、師匠であり、恋人だと思っています」19日発売の週刊誌FRIDAYにそうコメントをよせたのは、元演歌歌手の紫艶さん(38)。あの大御所落語家、六代桂文枝(72)師匠と20年来の不倫をしていたと告白。今年は連日不倫や浮気のニュースに注目が集まっていたため、業界全体がザワつきました。しかし、週刊誌やスポーツ誌で見かける紫艶さんのコメントと [全文を読む]

桂文枝 高校野球に夢中で仕事が手付かず

Smartザテレビジョン / 2015年08月24日11時16分

落語家の桂文枝が8月21日、都内で行われた「祝 旭日小綬章受章 寄席チャンネル×スカパー! 六代 桂文枝 特別独演会」の収録前に会見を行った。 今年10月に“高校野球”をテーマにした創作落語の発表を考えているという文枝は、第97回全国高校野球選手権大会決勝戦の東海大相模(神奈川)対仙台育英(宮城)の試合を会場で観戦。 新作では「高校野球も100年で、受け継 [全文を読む]

創作落語の名手・桂文枝 18年ぶりに古典落語に挑戦した理由

NEWSポストセブン / 2015年07月25日07時00分

7月16日、18年ぶりに古典落語に挑んだ六代桂文枝が高座に上げたのが、この噺だった。 文枝はデビューから49年、今年で72歳になる。桂三枝時代から創作落語の名手として知られ、今春には250作目も披露している。すでに名を成した彼が、なぜ今になって古典に挑むのか。そこには現在の上方落語界に対する危機感があった。「米朝師匠が亡くなられ、上方の古典落語は死んだとお [全文を読む]

38冊で頓挫!? 忘れ去られた「吉本芸人100冊出版プロジェクト」の裏事情

サイゾーウーマン / 2013年07月22日13時00分

「笑いと平和」をテーマに、各出版社が吉本芸人・吉本興業にまつわる100冊の本を出版していくという企画内容で、6代目桂文枝の『六代桂文枝ヂカラ~「桂三枝」のその先へ~』(マガジンハウス)から、カラテカ・入江慎也の『後輩力』(アスコム)まで、超ベテランから若手まで、さまざまな本が世に出された。 しかし、今年4月で100周年事業に終止符が打たれたにもかかわらず、 [全文を読む]

桂文枝氏 TVの芸人暴露話合戦やテロップ多発に質低下と苦言

NEWSポストセブン / 2013年04月28日16時00分

六代桂文枝師匠はそう危惧している。 ──近年起こっている事件を見ると日本人は情を忘れてしまったようだ。特に若い世代はコミュニケーション能力が低下していると言われる。 文枝:だいぶ前からキレやすい若者が増えたと言われますし、ネットの掲示板では、激しい言葉で他人を攻撃したり中傷したりするのが当たり前になっています。 それに対応することだと思いますが、テレビの笑 [全文を読む]

桂文枝氏 46年続いた三枝の名を捨てる決断できた理由を語る

NEWSポストセブン / 2013年04月14日16時00分

桂文枝。1943年(昭和18年)大阪府生まれ。関西大学卒業後、上方落語の桂小文枝(後の五代桂文枝)門下となり、三枝と名付けられる。創作落語に励む一方、若い頃から『ヤングおー!おー!』『新婚さんいらっしゃい!』『パンチDEデート』などテレビ番組の司会を担当して全国区の人気を獲得した。 2003年に上方落語協会会長に就任し、上方落語の定席である天満天神繁昌亭の [全文を読む]

落語×本格フレンチ~桂 三四郎・桂 三度 × BISTRO FAVORI 代官山~『第2回 フレンチ寄席』9月22日(金) 開催

PR TIMES / 2017年08月15日10時00分

師匠桂三枝(現・六代 桂文枝)に入門。芸名「桂三四郎」を名づけられる。芝居やドラマ、映画やTV、ラジオのバラエティー番組などにも出演し、東京、大阪を中心に全国に幅広く活動中。「落語家に学ぶコミュニケーション術」「思いやりの心が商売繁盛の秘訣」「ユーモアが心を豊かにする」などの講演活動でも好評を得ており、特に学校公演等で高い評価を得ている。創作落語の評価が高 [全文を読む]

落語×本格フレンチ。代官山で、新しい寄席のカタチ『桂三四郎 フレンチ寄席』開催。

PR TIMES / 2017年06月01日11時00分

師匠桂三枝(現・六代 桂文枝)に入門。芸名「桂三四郎」を名づけられる。芝居やドラマ、映画やTV、ラジオのバラエティー番組などにも出演し、東京、大阪を中心に全国に幅広く活動中。「落語家に学ぶコミュニケーション術」「思いやりの心が商売繁盛の秘訣」「ユーモアが心を豊かにする」などの講演活動でも好評を得ており、特に学校公演等で高い評価を得ている。創作落語の評価が高 [全文を読む]

堀尾正明キャスターが約40年ぶりにドラマ出演決定

dwango.jp news / 2017年04月14日11時47分

今作では、六代 桂文枝演じる中田和正が経営するゴーンバンク社の顧問弁護士・五十嵐仁を演じる。フリーキャスターとして活躍する堀尾が、主演の長谷川博己や岡田将生ら共演者と演技でどのような掛け合いをするのか、注目してみよう。 <堀尾正明 コメント> NHKアナウンサー時代には、ときどきドラマに出演させて頂きましたが、民放の看板ドラマに声を掛けて頂いて、大変光栄 [全文を読む]

「小さな巨人」桂文枝が15年ぶりTBSドラマに出演

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日06時00分

4月16日(日)よりスタートする日曜劇場「小さな巨人」(毎週日曜夜9:00-9:54TBS系※初回は夜9:00-10:19)に、「いらっしゃ~い!」のギャグでおなじみ、上方落語協会会長でもある落語家・桂文枝(六代)が出演することが決定した。文枝がTBSのドラマに出演するのは、2002年6月の「水戸黄門」以来15年ぶりとなる。 「小さな巨人」は、これまでの謎 [全文を読む]

「今が一番バブル」消えたボキャブラ芸人は、意外に高収入だった!?

日刊大衆 / 2017年02月09日23時00分

ボキャブラ天国に出演する前は桂三枝(現・六代 桂文枝・73)を師匠に持ち、吉本興業に所属して大阪で活動していた。そんな幹だったが、番組の人気に目をつけ、大阪の仕事を捨てて上京。番組にレギュラー出演していたのだが、出演して2年で番組が終了。あっという間に仕事がゼロになってしまったという。それゆえ毎日150円しか使えないほどのドン底生活を味わい、キャベツと卵 [全文を読む]

元アニマル梯団・おさるの“書道家活動”は大丈夫? 片岡鶴太郎、木梨憲武……「お笑い→芸術」の系譜

日刊サイゾー / 2015年12月14日13時00分

山崎邦正が月亭八方に弟子入りし月亭方正に、世界のナベアツが桂三枝(現・六代桂文枝)に弟子入りし、桂三度となっている。末高斗夢も三遊亭好楽につき三遊亭とむを名乗っている。 中には芸術志向が強すぎて、一時的にせよ芸人そのものを廃業してしまう例もある。 「元底抜けAIR-LINEの古坂大魔王は、お笑いライブに取り入れていたテクノミュージックに傾倒し、一時、芸人は [全文を読む]

【新刊】『めまいは首をもめば治る』~改善率は9割!専門医が勧める「首の3点もみ」~首の過緊張がめまいの原因だった!

@Press / 2015年06月15日09時30分

~六代 桂文枝さん推薦~ まさかめまいが首をもんで治るのか?と首を傾げているあなた、その首をぜひもんでください! 【書籍概要】 書名 :めまいは首をもめば治る ~改善率は9割!専門医が勧める「首の3点もみ」~ 著者 :入野 宏昭(入野医院院長) 判型 :A5判並製、本文136ページ、カバー付き 定価 :本体1,300円(+税) 発行日:2015年6月15 [全文を読む]

桂文枝 「イジメや体罰なくすために落語をお勧めします」

NEWSポストセブン / 2013年04月24日07時00分

六代桂文枝師匠(69)はそう危惧している。 ──最近、イジメや体罰を苦にして子供が自殺する事件や、スポーツ界の暴力事件が相次いで問題になっている。「人」を演じる落語家として何を感じるか。 文枝:日本人の心はずいぶん荒んでしまったなと思いますね。と同時に、コミュニケーションを上手くできない人が増えたと思います。自分の思いを言葉に乗せて上手く相手に伝えることが [全文を読む]

フォーカス