都知事 内田茂に関するニュース

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

かねてからの懸案事項であった築地市場の豊洲への移転問題ですが、8月31日、小池百合子都知事が正式に移転延期を表明しました。この決定に対しては「英断」との声も多方面から上がっていますが、「周到な根回しの上に延期の表明にいたったのでは」と見るのは、メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さん。その理由を数々の「情況証拠」を挙げつつ詳らかにした上で、 [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

石原慎太郎都知事の側近と知られた浜渦氏ですが、今回の知事選で「都議会のドン」としてその悪名が全国民に知れ渡ることになった内田茂氏と死闘を繰り広げ、都政を追われたことでもまた知られる人物です。そんな浜渦氏を同行させた小池知事の意図はどこにあるのでしょうか。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんが読み解きます。 都議会のドンに追い払われた元副 [全文を読む]

「週刊文春」の都政を巡る記事をまとめた「都知事・小池百合子vs.都議会のドン・内田茂」を 電子書籍オリジナルで3月10日(金)緊急発売!

@Press / 2017年03月09日12時30分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、電子書籍オリジナル作品『文春e-Books 「週刊文春」が報じた 都知事・小池百合子vs.都議会のドン・内田茂』を3月10日(金)より配信します。 これは「週刊文春」2016年8月4日号から9月8日号まで5回にわたって掲載された東京都の知事と都議会の対立を報じた記事をまとめて一冊にした電子書籍オリジナルコンテンツです。 [全文を読む]

舛添要一氏 豊洲の謎の地下空間は「全く報告を受けてない」

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

都知事・舛添要一、68歳。気鋭の国際政治学者として華やかに登場し、政治家に転身すると厚労大臣を経て、都知事まで上り詰めた。そしてよもやの転落。1年の謹慎を経て、前都知事は、いま何を思うのか。沈黙を破って『都知事失格』(小学館)を上梓した舛添氏に、石原慎太郎時代から都政を取材してきたジャーナリスト・青木理氏が訊く。 * * * 東京都の異常は都議会にも及ん [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

保守分裂となった東京都知事選を圧勝という形で制した小池百合子氏。都民は「自民党の闇勢力に立ち向かう女性候補」としての小池氏を選択した形となりました。しかしメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、新都知事の政治信条がどこにあるのかはっきりしないとした上で、小池都政にはらむ「2つの危険」を指摘しています。 小池百合子が防衛事務次官の携帯に残 [全文を読む]

猪瀬直樹が都議会を猛烈バッシング 都民は冷ややかな反応か

しらべぇ / 2016年07月16日07時00分

東京都知事選への準備が進む中、元都知事である猪瀬直樹氏がツイッター上で猛烈な都議会バッシングを続けている。騒動のきっかけとなったのは氏が13日に行なった投稿。「都議会のドン」とも呼ばれる自民党都連、内田茂幹事長の命令書であり、そこには増田寛也氏のみを応援し、各議員がそれ以外の候補を応援すれば除名処分となる旨が書かれている。しかも、親族が応援しても処分になる [全文を読む]

豊洲市場利権の真の闇とは…石原元都知事より喚問すべき“陰の独裁者”の存在

週プレNEWS / 2017年02月28日06時00分

移転を最終決定した責任者として、当時の都知事である石原慎太郎氏の喚問が決まったのだ。 これで真相究明が進む…かと思いきや、実は、小池都知事の狙いはまったく別のところにあった! その“思惑”を探った * * * 小池百合子都知事の攻勢が止まらない。 千代田区長選で現職の石川雅己氏を大勝へ導き、対立する“都議会のドン”こと内田茂都議を事実上の政界引退に追い込ん [全文を読む]

猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

WEB女性自身 / 2016年10月14日06時00分

都知事選の最中である7月20日に、いきなり築地市場の解体工事の入札が行われたことなどもそうです。これは小池(百合子)都知事誕生直前に強行されたと理解するしかなく ドン の力が働いた可能性もあります。そもそもの課題は、舛添(要一)都知事時代の豊洲入札、築地解体の透明化だった。今後はその方向へと話が向かっていくと思います。もちろん、土壌汚染問題をクリアにし [全文を読む]

小池百合子都知事誕生「内ゲバ」収束の鍵は2人の「茂」

WEB女性自身 / 2016年08月02日06時00分

「大年増の厚化粧」7月26日、石原慎太郎元都知事(83)の、小池百合子氏(64)への暴言だ。本人は、街頭演説で皮肉たっぷりにこう反撃。「今日は薄化粧で来ました!」 オトコの「口撃」へのカウンターで、オンナの票を掴むしたたかさが、勝利のゆえんだった。 では、自民分裂選挙で誕生した小池都知事に、安倍晋三首相はどう対峙するのか。 「今回の都知事選が『内ゲバ』とも [全文を読む]

小池百合子都知事は「跳ね返される」!? 強めすぎた対立構造と、裏で操る「都議会のドン」、そして黒幕・森喜朗氏

Business Journal / 2016年08月01日15時00分

舛添前知事の辞職に伴う東京都知事選挙は31日に投票が行われ、無所属の新人で元防衛大臣の小池百合子氏が291万2628票を集め、次点の増田寛也氏に100万票をつける圧勝劇で新たな都知事となった。 政治資金の「公私混同疑惑」で辞任した舛添氏の後任として大きな注目を集めた同選挙だったが、知名度が低く、岩手県知事時代の実務能力や実績について多くの疑問が噴出していた [全文を読む]

猪瀬直樹氏「自民党都連幹事長のいじめで自殺した都議」の遺書を『Twitter』にアップし波紋

ガジェット通信 / 2016年07月14日19時00分

7月13日、元東京都知事の猪瀬直樹氏(@inosenaoki)が『Twitter』にて 自民党都連(内田幹事長)の命令書、添付写真。各級議員(親族を含む)が非推薦の議員を応援したら除名、とあります。親族を含む、に苦笑。北朝鮮じゃないんだから。 とツイート、自民党都連の命令書をアップしたのだが、同日猪瀬氏は NewsPicsに猪瀬ロングインタビュー「東京の [全文を読む]

舛添氏 「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」

NEWSポストセブン / 2017年06月04日07時00分

政治資金の公私混同問題などをめぐって昨年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判やその後の小池百合子都知事旋風に何を思うのか。新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、本誌に独占手記を寄せた。自身の辞任劇を「最高のサーカスだった」と述懐する同氏は東京五輪の大会組織委員長であり、小池氏との確執が報じられる森喜朗氏を“政治の師”とし「森オヤジ」と呼ぶ。 [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日05時00分

豊洲新市場問題を巡り、石原元都知事の責任を追求する姿勢を明らかにした小池東京都知事。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんはこの動きに対して「もちろんいいことだ」と評価する一方で、石原氏が豊洲のすべてを任せていたという当時の副知事からこれまで一切ヒアリングしてこなかった小池知事の姿勢を疑問視、その正体について「本当に都民を第一に考える政治 [全文を読む]

小池都知事&橋下徹「二人の動き」で日本が揺れる!?

日刊大衆 / 2017年01月17日10時30分

“都政大改革のジャンヌ・ダルク”こと小池百合子東京都知事(64)と、日本維新の会法律政策顧問にして“浪速の喧嘩師”の異名を取る橋下徹前大阪市長(47)だ。「とにかく、両者の注目度は圧倒的。橋下氏の冠番組であるテレビ朝日の『橋下×羽鳥の番組』は毎週、永田町でも話題です。小池都知事は、とにかく“見出しになる”政治家。立ち食いステーキ屋に行っただけで記事になりま [全文を読む]

小池百合子都知事が対峙する「7人の天敵」

日刊大衆 / 2016年10月16日11時00分

数か月前まで「座敷牢」に閉じ込められ苦杯をなめてきた女政治家が大逆襲! 女の一念岩をも通す、復讐劇の行方!!「小池といったら、ラーメンでしょ」 10月3日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、名物コーナー「ビストロSMAP」で漫画に登場するラーメン好きのキャラ“小池さん”に自らをなぞらえてラーメンを注文したのは、小池百合子東京都知 [全文を読む]

小池百合子と敵対「都議会のドン」内田茂の暴力団人脈

WEB女性自身 / 2016年09月15日06時00分

その後、政治家を目指したのは、初代都知事・安井誠一郎の弟で後の参議院議長・謙氏が立候補するとき、選挙を手伝ったからだと聞いている。安井都知事は元警察官僚で、テキヤという仕事柄、支持するメリットが大きかったからね」 テキヤとして活動しながら、内田氏はある世界に人脈を広げていく。 「内田氏はテキヤ稼業を通じ、東京の指定暴力団の傘下にあった親睦団体に出入りするよ [全文を読む]

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(6)石田純一が出馬してたなら入れましたよ。東京03×紳助で唯一助けに動いた人です

アサ芸プラス / 2016年08月23日05時57分

玉 東京都知事選。宇 候補者のビラとか来るじゃないですか。はっきり言ってさ、○○しかいねえのかって、この国には。ホントに○○○○しか出てないよ。吉 全てが泡沫候補。宇 ホントにヤバイっすよ。水 ていうか、あの3有力候補以外、討論会に全員出したら大変だよね。宇 有力候補も、けっこうきちゃってるから。舛添さんでよかったんじゃないかって。頭抱えちゃう。水 それこ [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏「知事と議会は対等の二元代表制」

NEWSポストセブン / 2016年08月05日07時00分

「影の都知事」とも、「都議会のドン」とも呼ばれる内田茂・東京都議(77)。自民党東京都連の幹事長を務める(8月4日に都知事選の敗北の責任をとり辞意表明)。無名に近かったドンの存在がクローズアップされるきっかけとなったのが、小池百合子氏の東京都知事選出馬会見の言葉だった。 「(都連は)ブラックボックスだ」 都連の体質をそう批判して『都議会の冒頭解散』と『利権 [全文を読む]

都議会のドン 石原慎太郎知事を奇襲作戦で翻弄した

NEWSポストセブン / 2016年08月04日07時00分

都政の“絶対君主”のように見えた石原慎太郎・元都知事でさえ翻弄された。 「東京から日本を変える」と掲げて1999年の都知事選で勝利した慎太郎氏は、大幅な都政改革を打ち出した。当時すでに都議会幹事長(都連幹事長とは別)で議会の実力者だった内田氏は慎太郎氏との対決姿勢を鮮明にする。 過去5代の知事を取材してきたジャーナリストが、内田氏が取った奇襲作戦をこう語る [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏 「神田大明神」と呼ばれる

NEWSポストセブン / 2016年08月01日16時00分

「東京都のトップは誰か?」──そう問えば誰もが都知事の名を挙げる。しかし、「東京都の本当のトップは誰か?」──そう訊くと、都政関係者や都庁職員からは別の名が出る。「影の都知事」とも、「都議会のドン」とも呼ばれる内田茂・東京都議(77)だ。 もうひとつの異名の方が内田氏の存在感をよく表わしているかもしれない。都庁のベテラン職員たちは彼のことを畏怖を込めて「神 [全文を読む]

フォーカス