舛添 内田茂に関するニュース

舛添要一氏 豊洲の謎の地下空間は「全く報告を受けてない」

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

前都知事・舛添要一、68歳。気鋭の国際政治学者として華やかに登場し、政治家に転身すると厚労大臣を経て、都知事まで上り詰めた。そしてよもやの転落。1年の謹慎を経て、前都知事は、いま何を思うのか。沈黙を破って『都知事失格』(小学館)を上梓した舛添氏に、石原慎太郎時代から都政を取材してきたジャーナリスト・青木理氏が訊く。 * * * 東京都の異常は都議会にも及ん [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

青島都知事時代に豊洲への移転の検討が始まり、石原慎太郎都知事が計画を決定、舛添要一都知事の時代に着工した。 計画を決めた石原慎太郎に責任があるのはもちろんだが、猪瀬、舛添のときにも、見直しはできたはずである。 雨漏りするほど築地市場の老朽化が進んでいるのは間違いない。50年近くも前から、移転の話が持ち上がりはじめていたとも聞く。 だがいまや、築地市場は「 [全文を読む]

舛添要一 小池新都知事誕生の裏で進める「銭ゲバ」カムバック作戦

アサ芸プラス / 2016年08月14日17時55分

これも政治資金を不正使用した舛添要一前都知事(67)の“置き土産”だが、当人はほっかむりしつつ復帰に奔走しているようで──。 得票数290万票以上と、都知事選初当選では歴代2位の圧勝をひっ提げ、8月2日に初登庁した小池知事。選挙では自民党都連と対立したものの、4日に行われた安倍晋三総理大臣(61)との対談では総理みずから、「一本取られました」 と白旗を揚げ [全文を読む]

1999年都知事選との不思議な因縁

政治山 / 2016年07月21日11時50分

今回辞職した舛添要一氏も、自民党都連の一部に推されて無党派で立候補します。 保守陣営5分裂の大乱戦 さらに告示直前のタイミングで、1995年4月に国会議員を辞職していた石原慎太郎氏が、1975年以来の都知事選出馬を表明しました。結局、保守陣営から石原、鳩山、舛添、明石、柿澤の5氏が乱立する大混戦となります。 選挙戦のさなかに石原氏は自民党都連から怪文書を撒 [全文を読む]

舛添氏 「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」

NEWSポストセブン / 2017年06月04日07時00分

政治資金の公私混同問題などをめぐって昨年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判やその後の小池百合子都知事旋風に何を思うのか。新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、本誌に独占手記を寄せた。自身の辞任劇を「最高のサーカスだった」と述懐する同氏は東京五輪の大会組織委員長であり、小池氏との確執が報じられる森喜朗氏を“政治の師”とし「森オヤジ」と呼ぶ。 [全文を読む]

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(6)石田純一が出馬してたなら入れましたよ。東京03×紳助で唯一助けに動いた人です

アサ芸プラス / 2016年08月23日05時57分

舛添さんでよかったんじゃないかって。頭抱えちゃう。水 それこそニコニコ生動画で告示前日、東浩紀、津田大介、茂木健一郎らでやっていたけど、そこに出てた猪瀬直樹がすごかった。もう感じ悪いなんてもんじゃない。スタッフに「(マイク)付けろ、バカヤロウ」って、酔っ払って入ってきてさ。「どうだ? 2人っきりで飲んだら、俺ってかわいいだろ?」とか言ってさ、東浩紀が「ハイ [全文を読む]

小池百合子都知事は「跳ね返される」!? 強めすぎた対立構造と、裏で操る「都議会のドン」、そして黒幕・森喜朗氏

Business Journal / 2016年08月01日15時00分

舛添前知事の辞職に伴う東京都知事選挙は31日に投票が行われ、無所属の新人で元防衛大臣の小池百合子氏が291万2628票を集め、次点の増田寛也氏に100万票をつける圧勝劇で新たな都知事となった。 政治資金の「公私混同疑惑」で辞任した舛添氏の後任として大きな注目を集めた同選挙だったが、知名度が低く、岩手県知事時代の実務能力や実績について多くの疑問が噴出していた [全文を読む]

東京都知事選 自民党候補者選びを迷走させる「2人のドン」

NEWSポストセブン / 2016年06月21日07時00分

蓮舫氏の集票力は2014年の都知事選で舛添氏が獲得した211万票(次点の宇都宮健児・元日弁連会長は約98万票、3位の細川護熙・元首相は約96万票)に匹敵し、出馬となれば自公にとって最大の強敵になる。 では、民進党の蓮舫カードに対抗できる与党候補は誰になるのか──。 自民党の候補者選びは首相官邸、東京都連、そして“五輪村”と呼ばれる東京五輪組織委員会サイドな [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏「知事と議会は対等の二元代表制」

NEWSポストセブン / 2016年08月05日07時00分

「なぜここ2代、猪瀬直樹さん、舛添要一さん。短期間で知事が替わってきたのか。舛添さんの湯河原に毎週行くというのは論外だが、お2人とも大変有能でビジョンも明確なものをお持ちだ。ところが、いつしかこのような状況に短期間で陥ってしまうのはなぜなのか。つまり、誰かにとって都合が悪い、もしくは不都合なときに捨てられるということが続いてきたように思う」 都連の会長代 [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏 妻の葬儀委員長を首相が務める実力

NEWSポストセブン / 2016年08月03日16時00分

(中略)安倍晋三総理が葬儀委員長を務められ、麻生財務大臣、二階総務会長、舛添東京都知事をはじめ、政界の重要人物たちが次々に弔問に訪れた。弔問客は引きも切らなかった」 総理大臣が都議夫人の葬儀委員長を務めたのは異例中の異例といっていい。しかも、参列者は政界、経済界など数千人にのぼった。参列した都庁関係者はこう語る。 「東京五輪を控え、都内では新国立競技場の建 [全文を読む]

猪瀬直樹が都議会を猛烈バッシング 都民は冷ややかな反応か

しらべぇ / 2016年07月16日07時00分

舛添要一氏の辞任からもうすぐ一ヶ月。東京都知事選への準備が進む中、元都知事である猪瀬直樹氏がツイッター上で猛烈な都議会バッシングを続けている。騒動のきっかけとなったのは氏が13日に行なった投稿。「都議会のドン」とも呼ばれる自民党都連、内田茂幹事長の命令書であり、そこには増田寛也氏のみを応援し、各議員がそれ以外の候補を応援すれば除名処分となる旨が書かれている [全文を読む]

話題の小池百合子はどっち?都職員が選ぶ「なってほしい」「絶対に嫌」な都知事

アサ芸プラス / 2016年07月09日09時55分

「マスコミ対応がうまく、猪瀬さんや舛添さんのような大炎上のリスクなしに都政に打ち込んでくれそう」 と語るのは、30代の男性職員である。さらに、「女性都知事の誕生を以前から期待しているので、小池さんに選挙で勝ってほしい」(40代・女性職員)「都議会のドン、内田茂氏と距離を置く小池さんが知事になって、議会を浄化してほしい」(50代・男性職員) といった期待の声 [全文を読む]

小池都知事圧勝で喉元に刺さった千代田区→「市」独立構想…東京都崩壊の序曲か

Business Journal / 2017年02月08日07時00分

それは、猪瀬・舛添・小池と都知事が替わっても同じです」●千代田市構想 都職員が口にする千代田市構想とは、現在23ある特別区を市に昇格させるといった構想だ。千代田区や港区、新宿区、大田区、世田谷区、足立区といった東京の23区は、東京都にしか存在しない特別区という特殊な自治体だが、その実像は自治体としては“半人前”でしかない。千代田区が千代田市になると、制度上 [全文を読む]

日本会議vs内田利権vs醜聞 「50億の外れガチャ」は小池百合子氏に当確

しらべぇ / 2016年07月31日20時30分

今回の都知事選は、舛添・前都知事の政治資金問題による辞任がきっかけ。保守系候補が分裂したのに加えて、野党は参院選と同様の選挙協力を行なったが、そうした組織の力を持たない小池氏が圧勝する結果となった。■「50億円の外れガチャ」との批判も都民にとっては、2代続けての金銭問題での知事辞任であり、候補者の資質に疑義を呈する人も多く見られた。スマホゲームの「ガチャガ [全文を読む]

争点は「都政の透明化」 若狭勝衆院議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年07月17日23時15分

少なくても舛添さんの時はそんなような、猪瀬さんが傀儡だといってますけど。そういうような形で来ていた感はあると思いますよね。安倍:それはでも、なかなか変えられないんじゃないか、という人もいますよね?若狭:変えられるか変えられないか。僕は今後の東京あるいは日本の試金石だと思いますけど。そんなに簡単でないことは確かですよね。やはり難しいんで、そういう意味ではおそ [全文を読む]

<無知か?暴論か?>続出するテレビに出る人たちの「びっくり発言」

メディアゴン / 2016年07月16日07時30分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *舛添さんが発した珍妙な釈明の数々にも驚きましたが、それ以降もあちらこちらでぬけぬけとびっくり発言が続いています。沖縄で落選した島尻安以子沖縄・北方領土担当相は選挙戦で基地問題にはほとんどふれない戦術をとりました。何の罪もない女性が殺害される悲惨な事件があり、地位協定の改定などが問題化している中で、「台 [全文を読む]

自民党に混乱 小池百合子クーデターと神奈川の内ゲバ

NEWSポストセブン / 2016年07月04日07時00分

過去2回、舛添氏と猪瀬直樹氏を立てて失敗した石原伸晃・都連会長や都議会のドンの内田茂・元都議会議長たちは櫻井パパ(桜井俊・前総務事務次官)ら官僚候補に出馬を打診し、それが無理なら野党が擁立に動いている片山善博・元鳥取県知事に相乗りしようという密室の候補者選びを続けていた。そこに小池氏がフライングで飛び出したから、幹部たちは“クーデターだ”とカンカンになって [全文を読む]

次期都知事候補 舛添氏、東国原氏、小池氏らの名が取り沙汰

NEWSポストセブン / 2013年12月02日16時00分

中でも鼻息が荒いのが「次の都知事選狙い」で今年7月の参院選に出馬せず、現在は浪人中の新党改革前代表の舛添要一氏である。 「自民党は五輪利権を手放すわけにはいかないので、選挙になっても絶対に負けられない。そこで自民党はかつての離党のゴタゴタも忘れて、“勝てそうな舛添氏”への出馬要請を最優先に考えている」(同前) 当の本人も旧知の記者などには今回の騒動前から「 [全文を読む]

フォーカス