徳川家康 徳川慶喜に関するニュース

累計会員数1,500万人を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」「イケメンシリーズ総選挙2016~恋する彼が輝く日~」結果発表イベントを実施~『イケメン戦国◆時をかける恋』の織田信長が首位に!~

PR TIMES / 2016年02月29日14時26分

また、中間結果の発表と同様、2位(伊達政宗)・3位(徳川家康)についても、『イケメン戦国◆時をかける恋』に登場するイケメンキャラクターが選出される結果となりました。また、本日2月29日より、本編未配信にもかかわらず13位にランクインした豊臣秀吉(CV:鳥海浩輔)の本編配信が決定し、ゲーム内で3大キャンペーンを実施します。なお、「イケメン総選挙2014」で1 [全文を読む]

累計会員数1,500万人を誇る恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」「イケメンシリーズ総選挙2016」の中間結果を発表

PR TIMES / 2016年02月03日17時50分

また、2位(伊達政宗)・3位(徳川家康)についても、『イケメン戦国◆時をかける恋』に登場するイケメンキャラクターが選出される結果となりました。なお、「イケメン総選挙2014」で1位を飾った『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』の「ルイ=ハワード」は、5位にランクインし、上位の投票数は、僅差となっているため、今後の投票により順位が変動する可能性が大いにあります [全文を読む]

静岡市で晩年を過ごした最後の将軍・徳川慶喜のお屋敷跡「浮月楼(ふげつろう)」で絶品の料理を味わいながら舌鼓を打つ!

GOTRIP! / 2015年09月10日03時23分

初代将軍の徳川家康は幼い時と晩年を過ごし、そして最後の将軍・徳川慶喜も戊辰戦争で破れた後、謹慎中を含めてその生涯の約20年を、静岡市で過ごしました。 徳川慶喜が静岡市へやって来た時は33才で、多くの時間を写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など多くの趣味に没頭する生活を送っていました。 写真や狩猟の際には屋外に出かけ、見かけた静岡市民からは「ケイキ様」と呼ばれて [全文を読む]

【京都観光】大政奉還150周年で注目!元離宮二条城の周辺スポットおすすめベスト3

Walkerplus / 2017年04月28日17時27分

■COFFEE STAND 二条小屋<住所:京都市中京区猪熊通御池上ル最上町382-3 電話:090-6063-6219 時間:11:00~20:00 休み:火曜 席数:スタンディング7人> ■ 大政奉還150周年で大注目の「元離宮二条城」 1603(慶長8)年、徳川家康が築城した「元離宮二条城」。豪華な装飾が施された国宝の二の丸御殿や、特別名勝の庭園な [全文を読む]

MMDやVRも活用! 来館者が触れるコンテンツも楽しい国立歴史民俗博物館『デジタルで楽しむ歴史資料』

ガジェット通信 / 2017年03月16日20時05分

室町時代の連歌師・宗祇、室町幕府第13代将軍・足利義輝、江戸幕府初代将軍・徳川家康、同じく15代将軍・徳川慶喜の肖像画を呼び出し、持ち物の説明が表示されるようになっています。 『正倉院文書』をデジタルで復元する意味 歴博の重要文化財でもとりわけ貴重な奈良時代の『正倉院文書』。奈良時代の戸籍が含まれる貴重な資料ですが、裏紙にも書き込まれている個所があり、天保 [全文を読む]

靖国神社150周年 西郷隆盛や幕府軍の合祀計画が急浮上

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

第15代将軍・徳川慶喜を曾祖父にもつ徳川宮司は、徳川家康を祀った芝東照宮に奉職した後、靖国神社の宮司となった。「賊軍の長の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に就任したのである。 2013年1月の就任時、「幕末の動乱期、曾祖父の慶喜は身を挺して朝廷と御所を守った」と発言して注目された徳川宮司は、今年6月に共同通信のインタビューで、自らの「明治維新史観」を一歩 [全文を読む]

日本はなぜいち早く近代国家の仲間入りができたのか?「神話」の秘密は江戸時代にあった!―中国メディア

Record China / 2016年09月17日13時40分

徳川家康が天下を取り、朝廷から征夷大将軍の称号を獲得。江戸幕府を開いて、1867年に徳川慶喜が大政を奉還するまでの260年余り江戸時代が続いた。記事は、「家康は抜群の見識の高さと学問への崇拝心を持っていた」とし、家康に大きな影響を与えた京都の儒学者・藤原惺窩が林羅山など傑出した学者を輩出、その林羅山が江戸幕府の文教事業において重要な役割を担ったと指摘した。 [全文を読む]

靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

NEWSポストセブン / 2016年06月20日11時00分

徳川家康を祀った芝東照宮に奉職した後、靖国神社の宮司になった。「賊軍の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に立ったわけである。◆「大村益次郎像を撤去せよ」「明治維新史観」の見直しは最近のムーブメントだった。昨年1月に発売された原田伊織氏の『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』(毎日ワンズ刊)がベストセラーになったことを皮切りに、半藤一 [全文を読む]

あの戦国武将が1位に!?「イケメンシリーズ総選挙2016」

Woman Insight / 2016年03月22日22時00分

3位 徳川家康(イケメン戦国◆時をかける恋) 2位 伊達政宗(イケメン戦国◆時をかける恋) 1位 織田信長(イケメン戦国◆時をかける恋) ちなみに今回13位にランクインした豊臣秀吉(イケメン戦国◆時をかける恋)は、本編未配信にもかかわらず選出。2月29日から本編配信がスタートしたので、来年のランキングは上位に食い込んでくるのでは?と注目されているようです [全文を読む]

杉良太郎 舞台切腹シーンで豚の臓物と血を使い劇場が大混乱

NEWSポストセブン / 2014年04月26日16時00分

例えば大阪の新歌舞伎座で徳川家康の息子である信康の芝居をやった時は、切腹する場面で緞帳が下りるんですが、千秋楽に本当に腹を切りたくなった。お客さんの目に焼き付けて本当に死んでやりたい、と一週間くらい考えたんです。 それで、小道具に豚の臓物を買いに行かせて、ラップで巻いて血もたっぷり入れてくれって指示しました。それをお腹に巻いて、その上からさらしを巻いて、白 [全文を読む]

フォーカス