歌詞 さだまさしに関するニュース

さだまさしかよ!西野カナの新曲『トリセツ』の歌詞がリアルすぎて震える【動画】

AOLニュース / 2015年08月19日18時00分

西野カナの新曲『トリセツ』のMVが公開され、その独特の歌詞が話題を呼んでいる。 https://youtu.be/aPHGClLjZWk <関連動画はこちら> 本楽曲は、9月16日から公開される映画『ヒロイン失格』の主題歌となっており、西野カナ自身が作詞を務めた、女性心満載の新曲。 そんな西野の新曲『トリセツ』は「取扱説明書」の意味。そう、女性への「取扱説 [全文を読む]

西野カナがさだまさし化!? 新曲「トリセツ」が完全に「関白宣言」!

おたぽる / 2015年09月14日21時30分

リアルな歌詞とポップなメロディで、中高生の女子に崇拝される歌手・西野カナ。しかし、リスナーの幅をより広げたいのか、“さだまさし風”に仕上げた新曲が、ネット上のごく一部を沸かせている。 2008年2月、“I(私)”と“愛”をかけたシングル「I」で、メジャーデビューを果たした西野。「奇跡の声を持つ新星アーティスト」「その透き通った未知の声は国境を越え全世界と共 [全文を読む]

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

ところが、永さんの歌詞は全然古びない。今の世に新曲として出しても十分、通用する」と評している。 中でも評価しているのは『遠くへ行きたい』で、さだは「これほど見事な旅の歌はいまだなく、今後も出ないかもしれない。この歌があるためか、僕は今でも旅の歌が書けません」と語っている。一方、永さんは「みんなが歌える歌」にこだわって作ったことや、惜しまれながらも作詞を辞め [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カズレーザー、さだまさしの深すぎる才能に衝撃「想像の4段上」

TechinsightJapan / 2016年10月11日13時35分

そんななかで、さだ作品のテーマでもある「人の優しさを一番色濃く歌っている」楽曲として『案山子』の歌詞に注目した。『案山子』は普通に聴いていると、東京で暮らす子どもを故郷の親が「元気でやっているか」と案じる内容に思える。カズレーザーは歌詞の導入部ではそう感じても、途中で「おふくろに聴かせてやって…」と呼びかけており親子ではなく兄弟姉妹の愛を歌ったものだと気づ [全文を読む]

ボブ・ディランのノーベル文学賞 「日本の歌手なら…」とネット民妄想

しらべぇ / 2016年10月14日18時00分

歌詞も立派な文学だと認められたことは、音楽ファンにとっても喜ばしい出来事である。「世代の代弁者」とも評されるその詞は、難解ではあるものの、人を虜にしてやまない奥深さを持っていると言えよう。■日本のアーティストなら誰が期待できる?アーティストの受賞が余程衝撃的だったのか、ネット民の中には「日本のアーティストなら、誰が一番ノーベル文学賞に近いか」「誰なら取って [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗の苦境を救ったさだまさし 「これはいじめの構図」

TechinsightJapan / 2016年09月20日10時00分

メディアで流れることの多い1番目の歌詞に注目が集まり「自殺を助長する」と批判を浴びたが、彼自身はもちろんそんなつもりはなかったという。最後まで楽曲を聴けば諸行無常を歌った大きな視点の作品だと思われる。世間から賛否の声を浴びて悩む彼を励ましてくれたのがさだまさしだった。VTR出演したさだは開口一番「素直なヤツだと思った」と切り出す。森山が成城学園出身であるこ [全文を読む]

男性に「めんどくせえ!」と思われるカラオケの定番って?

恋学 / 2015年11月11日02時00分

あれなどは歌詞の内容は、ほとんどの男性が目にして理解に苦しむものになっていますし、ぶっちゃけ「勝手を言うな!」と不快になります。 個人的にはさだまさしの「関白宣言」のアンサーソングっぽいなと感じますが、いかんせん歌詞が男性全体に喧嘩を売っています。あれをわざわざ男性のいるカラオケで歌う女性というのは、僕は苦手です。苦手というか嫌いです。 少なくとも僕の周囲 [全文を読む]

秋の夜長に好きな人を想う秋曲

okmusic UP's / 2015年09月14日18時00分

ちなみに、この曲の歌詞に出てくる歌詞の《港が見下ろせるこだかい公園》という部分は、横浜・港の見える丘公園のことと言われています。■「いちょう」('09)/遊助2009年にリリースされた楽曲。秋と言えば銀杏を連想する人も多いということで、それをモチーフにした楽曲をセレクトしました。有名なカノン進行によって紡がれるのは悲恋の歌。好きな人を亡くしてしまう、そんな [全文を読む]

判然としない「亭主関白」と「モラルハラスメント」の違い。ジョージは、まことは、西島秀俊は…

messy / 2016年04月02日17時00分

さだまさしの「関白宣言」の歌詞を眺めれば「俺より先に寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない めしは上手く作れ いつもきれいでいろ」など様々な要求を妻となる女性にしているようだ。昨年1月に離婚訴訟が大きく報じられた時に出たこちらの記事では、『カウンセラーが語るモラルハラスメント』(晶文社)の著者が「いわゆる亭主関白とモラハラは根本的に違う。こうした夫婦の [全文を読む]

“ラスボス”小林幸子降臨!「ボカロと戦うのが面白い」

anan NEWS / 2016年02月04日08時00分

小林:ボーカロイドというのは、簡単に言うと作り手が自分で作ったメロディと歌詞をソフトに入力して、機械に歌わせるというものなんですね。だから、突然、音階が4~5オクターブ飛んでも平気だし、120小節、息継ぎなしで歌うこともできる。私たち歌手からすると、本当にとんでもないですよ。でもね、プロの歌い手として歌えないのが悔しくて、なんとかできないかと挑戦したくな [全文を読む]

朝昼のTV番組のテーマ曲に槇原敬之が相次いで使われるワケ

NEWSポストセブン / 2015年12月22日07時00分

実際、歌詞の中で番組名が浮くようなこともなく、自然に溶け込んでいると思います」(碓井さん・以下同) 『ヒルナンデス!』のテーマ曲『LUNCH TIME WARS』、『ノンストップ!』のテーマ曲『Life Goes On ~like nonstop music~』にはいずれも番組名がサビの中に入っている。『一歩一会』に番組名は入っていないが、曲のタイトルは番 [全文を読む]

曲について話すと怖いさだまさし 座右の銘は「惜しまない」

NEWSポストセブン / 2015年07月29日07時00分

歌詞で、“山賊だ”って言いながら“必ず正義は勝つ”“おれらが正義かどうかは別だ”なんて言ってて、そのふざけた感じが好きでね。こういう歌と『夢見る人』が一緒に入っているところなんか、ちょっと頭おかしいよなって、自分でも思うよ。でも、いろんな歌があっていいんだよ。全部がぼくだから」 最後に、色紙に座右の銘をお願いすると、自前の筆ペンを取り出し、書いてくれたの [全文を読む]

最新のJ-POPからアニソン、懐かしの歌謡曲まで人気絵師51人が描き下ろす雨の絵詩集『絵師×歌詞 雨編』

DreamNews / 2015年05月14日14時00分

株式会社サイドランチ(東京都千代田区)は、2015年5月21日に新刊書籍『絵師×歌詞 雨編』を、全国書店にて発売いたします。本書は、書籍やゲームなど幅広く活躍する"絵師"と呼ばれる人気イラストレーター51人が、最新のJ-POPからアニメソング、懐かしの歌謡曲まで、独自のイメージで描き下ろす絵詩集。第一弾では"雨"をテーマとして、雨にまつわる歌詞とイラストを [全文を読む]

大沢&石原、『風に立つライオン』に懸けた思い

Movie Walker / 2015年03月12日21時24分

「切なくてちょっと悲しい素敵な歌詞だなあと。映画化されることは知っていたけど、まさか自分が出演できるとは思っていなかったし、三池組に参加できるということもうれしかったです」。大沢は、航一郎役を演じられた喜びをかみしめる。「すごい作品に出させてもらったなあと。本当に俳優をやっていて良かったと思いました。もし、これが自分じゃなかったらすごく嫉妬して寝られなかっ [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他-

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時58分

この歌詞の多くが長渕剛(57)を揶揄したのではないかと騒動になり、ついには長渕自身が宣言した。 「俺は桑田を絶対に許さない!」 長渕は雑誌のインタビューで、かつてサザンオールスターズのライブで勝手に前座をやらされたことまで持ち出し、徹底抗戦の構え。 音楽評論家の富澤一誠氏は当時の状況を解説する。 「本来はプロデューサーが行きすぎた歌詞を抑えるべきだった。実 [全文を読む]

ギャー!生首がゴロリッ 実話が元になった伝説の【封印映画】『食人大統領アミン』悪行三昧の内容とは?

tocana / 2014年01月05日20時00分

当のさだまさしはアミン大統領を知っていて歌詞に取り入れたというから、諸悪の根源は彼(笑)? 物事に対するアンテナの男女差と捉えたいが、もし岡村孝子が猪木のファンだったら、またこの映画を公開当時に観ていたら(たぶん観てない)、違うデュオ名に変更していたかもしれない。あみんファンの皆様、たいへん失礼しました。 (天野ミチヒロ) [全文を読む]

いつ聴くか、今でしょ! 林修先生が、きゃりーぱみゅぱみゅや槇原敬之を分かりやすく解説。

okmusic UP's / 2013年05月01日08時00分

5月1日から「今でしょ!プライス」キャンペーン特設WEBサイトで公開される動画(楽曲解説Ver.)では、林先生がきゃりーぱみゅぱみゅの大ヒット曲「PONPONPON」や、槇原敬之の代表曲「もう恋なんてしない」の有名な一節に関して、現代文を教える林先生流のアレンジで予備校の授業さながらにアドリブで解説をしており、同社社員が「『PONPONPON』の歌詞では [全文を読む]

プロ野球選手のレコード 音痴ぶりで話題となったアノ助っ人

NEWSポストセブン / 2017年02月08日07時00分

同曲は1986年に大ヒットする吉の『雪國』のような歌詞が綴られている。 ●篠塚利夫『RAINY HEART』(1988年・バップ) 英字新聞を片手に、ガルウイングドアの車の運転席で決めるおしゃれなジャケット。横文字のタイトルも当時の球界では画期的。 ●古田敦也『Xeno~見知らぬ人~』(1994年・東芝EMI) 2連覇した翌年の開幕直後に発売も、6日後に右 [全文を読む]

7月26日は幽霊の日! 「幽霊」ソングDAMカラオケリクエストランキング 1位は米津玄師「ゴーゴー幽霊船」

PR TIMES / 2016年07月21日11時54分

独特な旋律と譜割り、サビの「生まれく叙情詩(せりふ)とは蒼き星の挿話 夏の旋律(しらべ)とは愛の言霊」という繰り返しの歌詞にインパクトがあり、自然と口ずさんでしまう不思議な魅力があります。3位のグレープ「精霊流し」は、毎年8月15日に長崎県で行われる精霊流しをテーマにした曲で、1974年にリリースされました。亡き人を偲ぶ詞としめやかなメロディが哀愁を引き立 [全文を読む]

ももクロSP! マーティ、3rd『AMARANTHUS』を聴いてガチで震える

エンタメNEXT / 2016年04月24日07時00分

ダンスの一種“チャールストン”が似合いそうなビックバンドジャズっぽい曲だ(歌詞のテーマが“仲直り”っていうのを聞いてビックリした・汗)。 M6『勝手に君に』は『走れ!』『オレンジノート』系の王道楽曲。そしてM7『青春賦』へ。この曲はすでにシングルとしてリリースされていたものだけど、この曲順で入ってるとまったく違和感がない!M8『サボテンとリボン』はマーチ( [全文を読む]

フォーカス