タイプ 三宅健に関するニュース

V6三宅健、黒柳徹子に恋?盟友役に本音吐露<トットちゃん!>

モデルプレス / 2017年10月23日05時00分

久松は“カタブツ”というか、自分の思いにまっしぐらになってしまうタイプの人物。そんな彼が徹子さんと出会うことで、少しずつ変わっていくところを表現したいと思っています。久松が徹子さんに恋したのは…やはり徹子さんはすごい美人ですから! そして何より、チャーミングで個性的な一面にも惹かれたのだと思います。 ― 役作りのためにしたことは? 生放送が主だったテレビ草 [全文を読む]

安室奈美恵が京都に高級マンションを購入した真意とは

デイリーニュースオンライン / 2016年12月10日12時05分

「彼は典型的な口が立つタイプ。口下手な安室とは対照的な部分があり、惹かれる要素となっているのかもしれません。過去に交際が噂されたV6・三宅健(37)や、お笑い芸人の田村淳(43)もそういったタイプですからね。また、独立後の音楽活動において、道を照らしてくれた存在でもあるため、ビジネス関係においても安室が絶大な信頼を寄せているのは確実です」(芸能記者) 安 [全文を読む]

嵐・櫻井翔にキス、V6・岡田准一に膝抱っこ…二丁目取材をした三宅健がまさかのご乱心

デイリーニュースオンライン / 2015年08月08日12時00分

このゲイたちからの人気を、三宅は「普通に女の子が好きなんだけど」と反論しながらも、「ゲイの人って男性でもなく女性でもない、その中間のいいとこ取りをしたような感覚を兼ね備えた人たちが多い気がしていて、そういうゲイの人たちにタイプですとか、好きですとか言われるとまあ……やぶさかではない!」と、自身への評価に満更でもない様子だった。 キスハプニングにスタジオ騒 [全文を読む]

山羊座にギャップ萌え!蟹座男子と12星座女子相関図【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年06月24日10時15分

) 蟹座は一般的に「愛情深く家庭的なタイプ」が多いと言われています。有名人でいうと、明石家さんまさんや藤木直人さん、谷原章介さんなど、家族を大事にするイメージの方が多い印象がありますね。他にも、草なぎ剛さん(SMAP)や三宅健さん(V6)、最近話題の藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)などジャニーズにも蟹座の方が多くいるようで、いずれも恋の噂で世間を賑わ [全文を読む]

リリー・フランキーと柴咲コウが路上で舌を絡めるキス!?

messy / 2014年07月23日10時00分

40代で濃厚な色気を放つイケメン独身俳優が増えたこの頃だが、リリーはそのタイプでもない(そもそも俳優ではない)。頭髪は薄めで体型も貧相、下ネタばっかり口にする中年オヤジであるはずなのだが、なぜか好感度が高く大手企業のテレビコマーシャル出演も多い。そしてきらびやかな芸能界で多くの美青年と知り合ってきたであろう女性タレントからもモテている。 というのも、先ご [全文を読む]

「君のいる場所はここじゃないよね?」V6・三宅健、ファンの浮気に物申す!

サイゾーウーマン / 2013年10月03日09時00分

三宅と同様に「引き留めるのに必死なタイプ」として有名なのは、NEWS・手越祐也。今年8月の仙台でのコンサート中、「もしNEWSファンやめようってなったら、追いかけて髪の毛引っ張って引きずってでも戻します」と、ファンに宣言している。一方で、「容認タイプ」もおり、井ノ原快彦は『あさイチ』(NHK)で「いいのいいの、2番目の男でもいいの。最後に戻ってきてくれれば [全文を読む]

「今回はガチだってバレますよ?」三宅健の熱愛を巡りファンが暴走

サイゾーウーマン / 2012年02月08日08時00分

(画像はこちら)「三宅は昔から女友だちが多く、ツーショットで出かけることも構わないタイプ。もしかしたら男友だちよりも女友だちと過ごす方がラクなのかもしれないですね。変装もせず、ガードも緩いから、仕事がない期間はTwitterやブログで毎日のようにいろんな女性との目撃情報があがっていますよ」(女性週刊誌記者) 結局、そんな彼の自由奔放な行動が、マスコミの格好 [全文を読む]

三宅健、黒柳徹子に“恋”!?「徹子の部屋」に関わる“盟友”ディレクター役に「恐れ多い」

CinemaCafe.net / 2017年10月23日05時00分

「久松は“カタブツ”というか、自分の思いにまっしぐらになってしまうタイプの人物。そんな彼が徹子さんと出会うことで、少しずつ変わっていくところを表現したいと思っています。久松が徹子さんに恋したのは…やはり徹子さんはすごい美人ですから! そして何より、チャーミングで個性的な一面にも惹かれたのだと思います」と、久松の“男心”についてもコメントした。■「テレビの底 [全文を読む]

安室奈美恵、引退後の再婚はある? 男性遍歴を振り返ると……最も再婚に近かったのは三宅健か

日刊サイゾー / 2017年09月25日11時00分

「もともとメンタルが強いほうではなく、愛想がいいタイプでもないので、ここ数年は制作活動とツアーに専念し、メディアにはほとんど登場しなかった。その一方で、2014年には事務所独立騒動があり、精神的にもキツかったのではないかという声もあります」(音楽業界関係者) 来年5月には長男が20歳を迎えるが、これもひとつの区切りになったのではないかという声もある。 「 [全文を読む]

超遊び人・片岡愛之助が藤原紀香との結婚で「宗旨替え」!? “男性関係”を心配する声が……

日刊サイゾー / 2017年08月14日11時00分

そもそも愛之助さんは高岡さんのタイプじゃないですし、紀香さんも楽屋に来て見張ってましたから」(舞台関係者) 先日まで上演されていた舞台『デストラップ』で共演していた片岡愛之助と高岡早紀。 「『女性セブン』(小学館)に、中打ち上げのときの写真を撮られたわけですから、当然2人っきりじゃなかったし、愛之助さんは紀香さんと結婚してからは、女性関係は極めてクリーンだ [全文を読む]

イノッチが「超一流MC」になれた理由

日刊大衆 / 2017年04月03日15時05分

昔は“熱血先生みたいなタイプ”で、人一倍熱く意見をぶつけていた井ノ原快彦。しかし、最近は意見を聞かれても「俺はねぇ、なんでもいいかな」「楽しかったらそれでよくない?」と、すっかり丸くなったそうだ。MC力は抜群で、メンバー同士の意見調整も担う“折衷井ノ原”は、グループとって必要不可欠な人物のようだ。ブリュレ [全文を読む]

安室奈美恵、京都移住計画の裏に事務所独立と再婚願望

NEWSポストセブン / 2016年12月01日07時00分

人づきあいがうまいタイプではありませんので交際、再婚のハードルは高かった。でも、息子さんも大きいし、そろそろ新パートナーとの生活を視野に入れていい頃。最近、“再婚したい”ともらしていました。もう心に決めた人がいるのかもしれません」(前出・音楽関係者) 前述の通り京都のマンションでは、安室の隣に1人の男性の姿があった。風光明媚な古都の町並みを、ゆっくりと眺め [全文を読む]

V6井ノ原の空気を読まない「元気の押し売り」に森田・三宅がイラッ!

アサジョ / 2016年06月16日17時59分

「テレビで見たまんま、いい人だと思うけど」という声もある一方で、「孤独を好む人間にとってはもっとも苦手なタイプ」「周りに無理やり元気を出させるのが好感度という考え方は間違ってる」といった否定的な声も多く聞かれた。 しかしグループが続く秘訣が、お互いの個性のケミストリーだとしたら、井ノ原には今後もうっとうしさを貫いてほしいものだ。(本多ヒロシ) [全文を読む]

奇跡の36歳グラドル・森崎まみ。若さの秘訣は性欲と食欲!「誰か助けてくれる男性が欲しいです」【動画付き】

週プレNEWS / 2015年09月22日15時00分

大人とはいえ、そこまであけっぴろげすぎです! ちなみに2年半ほど彼氏がいないらしく、男性のタイプを聞かれると「普段は年下が好きなんですよ、お姉さんに抱かれたいっていう人がいたら、もう、ふぉっふぉっふぉ~、性欲のある年下は来い! カモンって感じですね~」と抱かれる!? いや、抱く宣言をした。鼻息荒くても、キレイなおネエさんの明るい下ネタっていいですね~。 そ [全文を読む]

柴咲コウ&中田英寿氏に熱愛報道も...中田氏サイドの反応がビミョーな理由

メンズサイゾー / 2014年11月13日15時15分

「三宅とはすぐに別れてしまったのですが、柴咲はオトコがいないとダメなタイプ。破局後、その時期にちょうどフリーだった中田氏との仲が急激に深まったようです。今回の報道以前から、京都の嵐山でデートしている姿が目撃されるなど交際のウワサがあって芸能マスコミが動いていた。しかし、ハッキリとした証拠はどこもつかんでいないはず。にもかかわらず、複数のメディアで同時に断定 [全文を読む]

健は最高のタレント、剛は存在感が圧倒的…井ノ原が語るV6

WEB女性自身 / 2014年11月08日07時00分

長野(博・42)くんは、前に出るようなタイプじゃなかったのに、最近は、パーティの挨拶もしたり。しかも笑いまでとっちゃう。ここにきて、新たな発見ですね。 (森田)剛(35)は、存在感が圧倒的。本当に舞台での主役が似合うなって思う。義理で物を言う人じゃないから「森田が心配してた」って聞くと、剛の優しさを感じます。 (三宅)健(35)は、あんな感じに見えて、実 [全文を読む]

“隠れジャニーズキラー”の柴咲コウ、熱愛相手はV6の三宅健だった!?

メンズサイゾー / 2013年06月13日14時00分

どちらも一途というタイプではなく、いつまで持つか…というのが正直なところですね」(前同) 肉食系同士の遊びで終わるのか、真剣交際に発展するのか。今後の成り行きから目が離せなさそうだ。 (文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops) [全文を読む]

フォーカス