伝説 三宅健に関するニュース

森田剛「V6は単に仕事仲間」冷めきったキャラが炸裂

日刊大衆 / 2017年07月21日16時05分

有吉弘行(43)も当時の剛健の写真を見て「かわいい〜!」と絶賛し、3つの“剛健伝説”を発表した。 1つ目は、“剛健人気で初めてジャニーズJr.コンサートを開催”という伝説。櫻井は「そもそもジャニーズJr.というものに光が当たった一番最初が、このお二方だった」とし、その貢献度の高さを語った。2つ目は、“岡田准一(36)をジャニーズに入れたのは剛健”という伝説 [全文を読む]

電撃再婚はあるのか? 安室奈美恵が「山口百恵」となる日

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月22日09時26分

百恵さんの武道館でのラストコンサート、白いマイクをステージセンターに置いてのラストシーンは日本芸能史に燦然と輝き、いまだに語り継がれていますが、その21世紀版として、伝説となっていくと思います。そして百恵さんと同じく、引退イコール結婚という道筋を行かれるのかどうか、要注目です」 安室は人気絶頂の1997年にダンサーのSAM(55)と結婚するも、約5年で離婚 [全文を読む]

V6と光GENJIの「ある共通点」

日刊大衆 / 2017年08月29日07時05分

ただ、伝説となった光GENJIと同様、V6もジャニーズの伝説となるに違いない。ブリュレ [全文を読む]

スターの父・ジャニーズ社長の「すごい才能」

日刊大衆 / 2017年08月08日07時05分

日本のアイドル界で、SMAPはもはや“伝説”といっていい存在になった。解散後もメンバーそれぞれの動向に、日本中が注目している。ポストSMAPの最有力といえば、ここ数年最も勢いのある嵐だろう。一方でTOKIOも相変わらず、安定した人気を保っている。このようにジャニーズ事務所には、国民的ともいえるグループやタレントたちが多く在籍している。そのすべてが、社長であ [全文を読む]

イノッチが「超一流MC」になれた理由

日刊大衆 / 2017年04月03日15時05分

ジャニーズ伝説のアイドルグループ、光GENJIとは同期にあたる長野、今年46歳となる最年長の坂本というベテランがいる中、グループでの仕切り役は井ノ原が務めている。 『あさイチ』(NHK)や『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)への出演で、今でこそMCのイメージが強い井ノ原だが、昔はけっしてそうではなかった。V6のメンバーは、みんな話すことがあまり得意では [全文を読む]

宮沢りえもビックリ?V6森田剛、大物司会者のオシリにかました「ヤンチャ伝説」

アサジョ / 2017年01月23日10時15分

「2人が中学生にしてハイレグのブリーフをはいていたというのは、Jr.の中では有名な伝説。大阪から上京したばかりの岡田は、『東京、こわ~ッ!』とビビったらしいです。でも、中身は子どもで、『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系)に出演したときは、司会の今田耕司さんにまさかの浣腸。ただのガキがそろって爆笑する姿に、今田さんは注意できなかったと聞きました」 役者 [全文を読む]

「マッチの葬式」を語る井ノ原快彦、「自撮りがヘタすぎ」坂本昌行! 平家派の年納め

サイゾーウーマン / 2017年01月15日15時00分

2008年の『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)で、TOKIO・城島茂、山口達也、国分太一、V6(20th Century)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によって再結成された伝説のグループだ。今回もそんな6人に関する12月の動向・話題を振り返りたい。★城島、AKB48メンバーに「嫌われてる」? 城島がAKB48・小嶋真子やタレント・河北麻友子らとレ [全文を読む]

9/4(木)放送『アメトーーク』の東野幸治の持ち込み企画「帰ろか...千鳥」は必見

AOLニュース / 2014年08月30日23時35分

サンドウィッチマン伊達、千原ジュニア、博多大吉、劇団ひとり、濱口優、ロンブー淳、そして松本人志らが、面白い映像を紹介していくという内容らしく、その中には知る人ぞ知るあの伝説のコウメ太夫の"ドブ"も! 神回の予感。 9/5(金)には3週連続で放送していた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のラストに地上波初放送となる『Q』が放送されます。さらに、この放送内には同時上 [全文を読む]

片や解体、片や“干され→復活”……Sexy ZoneとHey!Say!JUMP、ジャニーズ若手の悲喜こもごも

日刊サイゾー / 2014年07月23日13時00分

ところが、これまで一応の良識は持っていたジャニーさんが、佐藤勝利をセンターに推し続けるSexy Zoneからおかしくなってしまった気がします」 佐藤勝利初出演ドラマ『ハングリー!』(関西テレビ)での「ヤサイドロボーガイルヨ」の伝説的棒ゼリフから、少々成長はしたものの、舞台の座長をやらせたり、声量のないウィスパーボイスでソロライブをさせたりと、確かにジャニー [全文を読む]

フォーカス