大野智 三宅健に関するニュース

表紙&巻頭は大野智!「テレビライフプレミアム17」が3月26日(土)発売!松本潤&相葉雅紀グラビアほか嵐だけで49Pの超ボリューム!

PR TIMES / 2016年03月25日12時50分

[画像: http://prtimes.jp/i/7512/387/resize/d7512-387-659066-1.jpg ]表紙&巻頭グラビアは、『世界一難しい恋』主演の大野智が登場! 若社長役に挑戦する大野のクール&色気たっぷりなグラビアが満載。さらに収録にも完全密着し、グラビアと合わせトータル20Pの大ボリュームでお届けする。また、嵐関係では、『 [全文を読む]

格闘技の師匠、食の達人…V6メンバーの隠れた才能を明かす

アサジョ / 2017年04月04日10時14分

共演俳優やジャニーズの仲間が彼の門下生になっており、生田斗真や山下智久、嵐・大野智、榮倉奈々、福士蒼汰、田中圭などが師匠とあおいでいる。 一風変わった才能を発揮しているのは三宅健だ。「以前、V6でイベントをしたとき、ファンのなかにろう唖者がいたんですが、彼は対話できず、悔しかったそう。そこで手話を独学で学びました。マスターしたあと、『みんなの手話』(NHK [全文を読む]

「ユー、バレーボールできる?」嵐・大野智にV6入りの話があった!

アサジョ / 2017年02月01日10時15分

7月に主演映画「忍びの国」の公開を控える嵐のリーダー・大野智。グループの中では群を抜いて芸術的な才能にあふれ、嵐に欠かせないメンバーとなっているが、実はV6としてデビューしていた可能性もあったという。映像制作会社に勤めるアートディレクターが明かす。「V6は95年、『MUSIC FOR THE PEOPLE』でデビューしたんですが、当時のカップリングソングは [全文を読む]

指原も! 芸能人は「通信制高校出身」が多かった

日刊大衆 / 2016年11月14日15時00分

さらに同校は、嵐の大野智(35)、V6の井ノ原快彦(40)、三宅健(37)、TOKIOの長瀬智也(37)らも通ったといわれるが、こちらのジャニーズ組はいずれも中退しているようだ。とくに大野に至っては、同校に籍を置いたのはわずか3日に過ぎなかったと本人が語っている。 パソコンやスマホでやり取りすることにより、さらに利便性が高まっている現在の通信制高校。今後、 [全文を読む]

ジャニーズ50人がシャッフル! 夏ソングをメドレーで

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日22時22分

「明日へのYELL」('14年、Hey! Say! JUMP)を、長瀬智也、大野智、安田章大、増田貴久、小瀧望。 「LOVE YOU ONLY」('94年、TOKIO)を、堂本光一、三宅健、渋谷すばる、中間淳太、高木雄也。 「オモイダマ」('14年、関ジャニ∞)を、松岡昌宏、森田剛、堂本剛、加藤シゲアキ、八乙女光、松島総。 「太陽がいっぱい」('89年、 [全文を読む]

嵐・大野や生田斗真も弟子入り、V6岡田准一がマッチョ化しているワケは?

アサ芸プラス / 2015年11月17日17時58分

かなり本格的で、とくにフィリピンの伝統武術のカリとジークンドー、修斗ではインストラクターの資格を持つほどの腕前だそうです」(前出・芸能プロマネージャー) 最近では、プライベートでも親しい事務所の後輩・生田斗真や嵐・大野智などが岡田に弟子入りし、武道を習おうとしているそうで、ジャニーズ内で武道サークルが結成されるなんて話も出ているというから要注目である。(し [全文を読む]

「24時間テレビ」でV6×嵐×HSJが男子会!

Smartザテレビジョン / 2015年08月23日08時10分

また、大野智や相葉雅紀は井ノ原快彦に理不尽な扱いをされたことをアピール。「覚えてない」と絶叫する井ノ原に、大野は「井ノ原くんめちゃくちゃだったんだよ」とこぼし嵐のメンバーは爆笑していた。 さらに、知念侑李が櫻井をまねたラップを披露したり、相葉と森田が“メル友”だと発覚したり、有岡大貴が二宮へ送ったメールの文言が発表されたりと、貴重なエピソードが続々と登場 [全文を読む]

「ノリ寒い」「学芸会か」関ジャニ∞、『THE MUSIC DAY』のパフォーマンスが不評の嵐

サイゾーウーマン / 2015年07月07日09時00分

「また、NEWSの『チャンカパーナ』は、TOKIO・松岡昌宏、嵐・大野智、関ジャニ∞・横山裕、KAT‐TUN・上田竜也、Hey!Say!JUMP・知念侑李、ジャニーズWEST・重岡大毅が披露。『チャンカパーナを松岡が踊ってるだけで面白かった』などと好評でしたが、一方で昨年は江頭2:50がやる『取って、入れて、出す』の動作を繰り返すなどの“悪ふざけ”がジャニ [全文を読む]

フォーカス