参議院選挙 山本太郎に関するニュース

2016年安倍政権とどう戦うか、山本太郎は「僕たちは、ひとりじゃない」「できる範囲で戦い続けろ」と言った

リテラ / 2016年01月01日16時00分

こんな状態だと、来年7月の参議院選挙でねじれを生み出せなかったとき、もしかしてその先の衆議院選挙だって、いままでのような普通選挙さえ行えなくなるんじゃないかって、そういう危機感すらもっています。──普通選挙じゃなくなる、とは? 山本 いまの状況は戦前・戦中によく似ていますよね。関東大震災以後、治安維持法が定められ、国家総動員法ができ、そのあとは翼賛選挙でひ [全文を読む]

山本太郎が安倍政権に抗する人達を鼓舞「僕たちはひとりじゃない」「できる範囲で闘い続けろ」...でも「リテラはデッドボール(笑)」

リテラ / 2015年10月02日20時00分

こんな状態だと、来年7月の参議院選挙でねじれを生み出せなかったとき、もしかしてその先の衆議院選挙だって、いままでのような普通選挙さえ行えなくなるんじゃないかって、そういう危機感すらもっています。 ──普通選挙じゃなくなる、とは? 山本 いまの状況は戦前・戦中によく似ていますよね。関東大震災以後、治安維持法が定められ、国家総動員法ができ、そのあとは翼賛選挙で [全文を読む]

「アノ映画に出演したから……」離婚告白の山本太郎、すべての災いは呪いが原因!?

ハピズム / 2013年08月08日19時00分

さらに、山本太郎氏に至っては参議院選挙で当選する快挙。あの映画に出た人には“不屈な魂が宿っている”といっても過言ではありません。『“ムーンパワー”で逆境に打ち勝つ力がついたのでは?』なんていわれていますよ」 たしかに、今回の山本太郎氏の離婚騒動に関しても、事前に報告しなかった理由として「DVから守るため」「彼女は家庭が複雑で小さいころ虐待を受けていた。守ら [全文を読む]

山本太郎 原発事故前から「自分の精子を冷凍保存」のワケ

WEB女性自身 / 2013年07月02日00時00分

都民の皆さんは今までどおりの生活をしていますが、都内の汚染状況をはっきりさせないといけないんです」 21日に行われる参議院選挙で東京選挙区から、無所属で立候補を表明した山本太郎(38)。彼はその出馬会見でそう主張した。今回の参院選に山本は、脱原発の市民運動家を中心にボランティアを募って選挙戦に挑むつもりだという。山本は昨年12月の衆院選で、東京8区から出馬 [全文を読む]

参院選・東京 丸川珠代氏、舛添要一氏、山本太郎氏らに注目

NEWSポストセブン / 2013年01月05日16時00分

総選挙での圧勝を受けて誕生した安倍晋三政権だが、今夏の参議院選挙で過半数を獲得してこそ、はじめて安定した政権運営ができる。そこで参議選挙の注目選挙区の状況をいち早く分析した。ここでは東京の情勢を見てみよう。 定数5を争う首都決戦。全国から注目されるだけに、政党名だけではなく候補者の知名度が獲得票数に大きく影響する。 総選挙の得票率順なら自民党の改選組・丸川 [全文を読む]

【新党結成】アントニオ猪木は政界再編の台風の目になるか

デイリーニュースオンライン / 2015年01月11日07時50分

アントニオ猪木は、1995年の参議院選挙で落選して以降は政界と距離を置いていた。そんな彼を永田町に再び呼び戻したのが、維新の会の共同代表だった石原慎太郎だ。 “闘魂注入”が毛嫌いされることも 2013年の参議院議員選挙で日本維新の会から出馬して国政に復帰したものの、維新の会の共同代表である橋下徹大阪市長とは仲が悪いことは周知の事実として知られていた。週刊 [全文を読む]

今後はもっと一般化するかも!? 「認知」ってどんな制度?

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月10日21時15分

7月下旬の参議院選挙の直後に離婚が発覚した山本太郎参院議員だが、今度は、当選した日に長男が誕生していたことが判明した。報道によると、子どもの母親は、元妻とは別の女性。山本議員は子どもを「認知」しているが、結婚はしていないという。 この「認知」、有名人に婚外子がいたことが発覚すると必ず話題となるが、産まれてきた子供を「認知する」のとしないのでは、何が違うのだ [全文を読む]

「円形脱毛症アピールしてた」66万票当選の山本太郎に、育毛剤メーカーからタイアップオファーが!

日刊サイゾー / 2013年08月06日11時00分

「反原発」の一点で、参議院選挙に66万票も集めて当選した山本太郎に、毛髪育成剤の有名メーカーが接触したとの話が聞かれる。 週刊誌記者によると「山本さんの円形脱毛症に効果がある商品のタイアップ話があった様子」だという。 「実際に契約に至ったかどうかは分からないのですが、最近やたら円形脱毛をアピールしていましたから、もしかすると“当選したら”という条件付きで、 [全文を読む]

初めての「ネット選挙」消極的に参加してみた。

NewsCafe / 2013年07月24日19時00分

初めての「ネット選挙」となった参議院選挙が終わりました。結果は、各メディアの事前の世論調査通りに、自民党の圧勝で、公明党との議席を合わせて与党は過半数を超えました。これにより、自民党が言っていた「衆議院とのねじれの解消」が実現することになりました。 私はこの「ネット選挙」に消極的なスタンスを取りました。周囲のメディア関係者がこぞって「ネット選挙」に乗っかり [全文を読む]

夏の参院選 愛知は河村たかし・名古屋市長の動向が鍵を握る

NEWSポストセブン / 2013年01月11日07時00分

総選挙での圧勝を受けて誕生した安倍晋三政権だが、今夏の参議院選挙で過半数を獲得しなければ安定政権とはいえない。そこで参議選挙の注目選挙区の状況をいち早く分析した。ここでは東海の情勢を見てみよう。 岐阜(定数1)は定数削減選挙区で自民優位は揺るがない。細野豪志・民主幹事長の地元の静岡(定数2)は前回、民主が議席独占を狙って候補者を2人擁立(1人当選)したほど [全文を読む]

夏の参院選 大阪では橋下市長参戦も全国比例への出馬が濃厚

NEWSポストセブン / 2013年01月07日16時00分

衆議院選挙での圧勝を受けて安倍晋三政権だが、今夏の参議院選挙で過半数を獲得して始めて安定した政権運営ができる。そこで参議選挙の注目選挙区の状況を分析した。ここでは近畿の情勢を見てみよう。 滋賀(定数1)は自民と維新が互角の戦いとなりそうだが、未来代表の嘉田由紀子・知事の参院選転出があれば大波乱。嘉田氏が全国比例で出馬し、公明が自民と選挙協力せず、第3極政党 [全文を読む]

今夏の参院選 新潟は森ゆうこ氏の刺客に田中真紀子氏出馬か

NEWSポストセブン / 2013年01月06日16時00分

衆議院で3分の2を占める議席をバックに誕生した安倍晋三政権だが、今夏の参議院選挙で過半数を獲得して始めて安定した政権運営ができる。そこで参議選挙の注目選挙区の状況をいち早く分析した。ここでは北陸・信越地区を見てみる。 新潟(定数2)は民主から生活の党に転じた森ゆうこ氏への刺客に、総選挙で落選した田中真紀子氏が出馬するかが注目される。順当なら自民、民主が議席 [全文を読む]

フォーカス