視聴率 毒島ゆり子に関するニュース

前田敦子、ラブホMVの衝撃! 女優として生き残る道は“エロ売り”だけの現況

サイゾーウーマン / 2016年06月13日12時45分

2012年8月にAKB48を卒業した前田は、女優に転身したが、出演するドラマの視聴率はパッとせず、いつしか“低視聴率女優”と呼ばれるようになった。昨年7月期にヒロイン役を務めた『ど根性ガエル』(日本テレビ系/松山ケンイチ主演)も、全話平均8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と爆死してしまった。 前田にとって、『毒島ゆり子』は、NHK木曜時代劇 [全文を読む]

前田敦子が芦田愛菜より格上に?主演ドラマが「OUR HOUSE」を蹴散らす好調ぶり

アサ芸プラス / 2016年05月16日09時59分

5月11日深夜放送の第4話では視聴率3.4%をマーク。2.1%発進だった初回から大きな伸びを見せており、事前の予想を裏切るヒットとなっている。その好調ぶりについてテレビ誌のライターが解説する。「本作品が放送スタートする0時12分は、本来なら視聴率がガタ落ちする時間帯です。TBSで言えば『NEWS23』を見終わった時点でテレビを消す人が多く、24時台の視聴率 [全文を読む]

トホホ……前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』濡れ場&セクシーシーン満載も、爆死スタートの悲劇

日刊サイゾー / 2016年04月24日09時00分

元AKB48の前田敦子が民放で連ドラ初主演を務めるTBS系の深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』が4月20日にスタートし、初回視聴率は2.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と散々な発進となった。 同枠「てっぺん!水ドラ!!」は、昨年10月期にスタート。同期の『おかしの家』(オダギリジョー主演)は初回2.8%、今年1月期『悪党たちは千里を走る』( [全文を読む]

ゴリ押し女優にも負けた前田敦子の主演ドラマが意外に高評価なワケとは?

アサ芸プラス / 2016年06月28日14時15分

前田敦子が濃厚キスなどの過激シーンに挑戦したドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)が6月22日に最終回を迎え、全話を通しての平均視聴率は2.57%に終わった。24時10分スタートの深夜ドラマとは言え、前田の知名度やドラマの話題性から考えると期待を下回る結果と言えそうだ。 同じく深夜ドラマの「ドクターカー」(日本テレビ系)は3.45%をマークしており [全文を読む]

主演ドラマ『毒島ゆり子』好評の前田敦子に暗雲?「大成しない」の声

しらべぇ / 2016年04月30日17時30分

もっとも、「誰も大成はしない」と答えたのが7割もいたことはかなり寂しい結果でもあるが、これはおそらく「アカデミー主演女優賞」や「主演ドラマが視聴率20%の大ヒット」などを想像した影響もあるだろう。また、現代はテレビ離れが進み、活躍が数字の結びつきにくいのも影響したのかも。■なるか、アイドル下刻上!なお、現クールのドラマでは川栄が『とと姉ちゃん』(NHK)と [全文を読む]

前田敦子が「魔性の女」を怪演 元アンチも思わず「ゴクリ」

しらべぇ / 2016年05月15日07時00分

■おじさんほど魔性の女がお好き?深夜ドラマにもかかわらず、なかなかの視聴率を記録している同ドラマ。熱心にみている視聴者は、どのような人なのだろう?ここに、ひとつ興味深いデータがある。しらべぇ編集部が全国の男性679名に調査した結果、「魔性の女に恋をしたことがある」と答えた人が、40代以降の男性で2割程度と高かったのである。一般に、ドラマは「F1層」などと形 [全文を読む]

【ウラ芸能】前田敦子、「祭」は無理…

NewsCafe / 2016年05月01日18時09分

深夜枠ならではの色っぽいシーンに体当たりしてますが、視聴率は初回2・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と散々でした」デスク「『深夜の昼ドラ』というキャッチコピーらしく、生唾ごっくんモードだから見てるけど、演技的にはどうなのって感じ」記者「残念な結果ですが、相変わらず本人的には『売れてる女優』モードが冷笑されています」デスク「一部メディアのインタビューで、 [全文を読む]

フォーカス