徳永英明 もやもや病に関するニュース

徳永英明も受けた「もやもや病」はどのような手術か?

tocana / 2016年03月08日08時00分

今月3日、シンガーソングライターの徳永英明(55)が公式サイト上に「徳永英明に関するご報告」と題したメッセージを掲載。「もやもや病」と診断され、脳梗塞発症を予防するために先月手術を受けたこと、術後の経過は良好だが今月いっぱいは療養に専念することを発表した。徳永は2001年にも「もやもや病」と診断され、1年以上にわたり活動を休止しているが、今回不幸にも再発し [全文を読む]

徳永英明は「もやもや病」で清水富美加は「ぺふぺふ病」? 有名精神科医にネット民が嘲笑

ヘルスプレス / 2017年02月18日21時36分

過日、『徳永英明コンサートツアー2016 ALL TIME BEST Presence』(昨年12月15日、名古屋・センチュリーホール公演)の模様が、WOWWOWで独占放送された。終盤、聴衆と一緒に『壊れかけのRadio』を歌い終えた徳永さんは「最高です」と笑顔でひと言――。 徳永さんは昨年2月、脳血管を繋ぐ開頭手術を受けて2カ月間のリハビリ療養後に、4月 [全文を読む]

難病・もやもや病で緊急手術の徳永英明 4月に活動再開予定

NEWSポストセブン / 2016年03月07日07時00分

手術に関しては、もやもや病による脳梗塞発症予防の為、2016年2月22日に左複合バイパス手術を行い、無事成功致しました〉 3月3日、歌手・徳永英明(55)が手術を受けていたことを発表した。これは本誌が徳永の所属レコード会社に「入院」について問い合わせたわずか数時間後のことだった。 “無事成功”は何よりだったが、この間、徳永の関係者たちはずっと青ざめていたと [全文を読む]

芳根京子、博多大吉も「難病」に襲われていた!?

日刊大衆 / 2017年05月02日18時05分

シンガーソングライターの徳永英明(56)は、2001年に脳の中の血管が詰まり、脳の血液不足が起こりやすくなる“もやもや病”(ウィリス動脈輪閉塞症)にかかり、手術後、約1年8か月の間、休養していた。発症率は10万人あたり6人から10人で、脳血管の造影画像が煙のようにモヤモヤして見えることから、“もやもや病”と呼ばれている。さらに徳永は2016年2月に、腕の [全文を読む]

堺雅人、ブラピも…有名人が抱える「耳慣れない病気」

WEB女性自身 / 2015年04月24日10時00分

【もやもや病】徳永英明(歌手)脳の血管が細くなり、検査写真が もやもや して見えることから名づけられた。言葉をうまく話せなくなったり、手足のしびれや脱力感、色彩感覚が鈍くなるなどの症状が出る。 【ナルコレプシー】色川武大(作家)昼間の激しい眠気や、時と場所を選ばずに急に耐え難いレベルで眠くなる睡眠障害。近年、眠気をとる治療薬が開発されて、症状を軽減させる [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

近年では、数度の脳梗塞から立ち上がった西城秀樹や、もやもや病を克服した徳永英明など、40~50代のベテランの“復活劇”にも注目が集まっている。 なぜミュージシャンには脳疾患が多いのか。バンドマンや歌手の死因に詳しい音楽ライターは次のように述べる。 「1980年くらいまでは、ミュージシャンの突然死といえば大方がドラッグによる中毒死だっため、それを脳疾患が原因 [全文を読む]

フォーカス