血管 徳永英明に関するニュース

徳永英明も受けた「もやもや病」はどのような手術か?

tocana / 2016年03月08日08時00分

つまり、細くなっていく脳の血管を止めることができないのだ。そのため、代わりに頭の皮膚にある動脈と脳の表面にある動脈を直接つなぐバイパス手術(血行再建術)によって脳への血流を増やす処置が取られる。徳永英明が先月受けた手術も「左複合バイパス手術」だった。 YouTube上に公開されている手術映像では、「もやもや病」のバイパス手術の一部始終をじっくり観察すること [全文を読む]

難病・もやもや病で緊急手術の徳永英明 4月に活動再開予定

NEWSポストセブン / 2016年03月07日07時00分

脳に酸素と栄養を送る太い動脈(内頸動脈)が詰まり、不足した血液を補うために細い血管が発達する。この微細な血管をレントゲンで撮影するともやもやっとしたタバコの煙のように写るので、もやもや病と名付けられた。 歌を歌ったり、ラーメンをフーフーしながら食べたりすると、呂律が回らなくなり虚脱状態になったりする。最悪の場合、この細い血管が破れて脳出血を引き起こし、死 [全文を読む]

芳根京子、博多大吉も「難病」に襲われていた!?

日刊大衆 / 2017年05月02日18時05分

シンガーソングライターの徳永英明(56)は、2001年に脳の中の血管が詰まり、脳の血液不足が起こりやすくなる“もやもや病”(ウィリス動脈輪閉塞症)にかかり、手術後、約1年8か月の間、休養していた。発症率は10万人あたり6人から10人で、脳血管の造影画像が煙のようにモヤモヤして見えることから、“もやもや病”と呼ばれている。さらに徳永は2016年2月に、腕の [全文を読む]

徳永英明は「もやもや病」で清水富美加は「ぺふぺふ病」? 有名精神科医にネット民が嘲笑

ヘルスプレス / 2017年02月18日21時36分

徳永さんは昨年2月、脳血管を繋ぐ開頭手術を受けて2カ月間のリハビリ療養後に、4月のイベントで復帰。6月から前掲ツアーに臨んだが、7月に喉の不調を訴えて、やむなく福岡と愛知の公演を延期した経緯があった。それゆえ、短い謝意に込めた彼の想いは、画面越しにも伝わってきた。 その延期公表の際、レコード会社側からは「今回は『もやもや病』ではございません」との説明がな [全文を読む]

堺雅人、ブラピも…有名人が抱える「耳慣れない病気」

WEB女性自身 / 2015年04月24日10時00分

【もやもや病】徳永英明(歌手)脳の血管が細くなり、検査写真が もやもや して見えることから名づけられた。言葉をうまく話せなくなったり、手足のしびれや脱力感、色彩感覚が鈍くなるなどの症状が出る。 【ナルコレプシー】色川武大(作家)昼間の激しい眠気や、時と場所を選ばずに急に耐え難いレベルで眠くなる睡眠障害。近年、眠気をとる治療薬が開発されて、症状を軽減させる [全文を読む]

フォーカス