モデル 鈴木保奈美に関するニュース

阿部寛 3年間のパチプロ生活を経て『あの人は今』で再起

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

中央大学理工学部在学中に、ファッション誌『non-no』主催の第3回ノンノボーイフレンド大賞をきっかけにモデルデビュー。1986年に創刊された『MEN’S NON-NO』の表紙を43号連続で飾り、トップモデルにのし上がった。阿部自身、当時は“王子様扱い”だったと振り返るほどの人気ぶりで、1か月に4000通ものファンレターが届いたこともあったという。 大学 [全文を読む]

河北麻友子の『3代目・白鳥麗子』就任に「やめてくれ!」桐谷美玲ともども、痩せすぎでフランスでは罰金に?

おたぽる / 2015年12月05日12時00分

先月30日、人気コミック『白鳥麗子でございます!』が20年ぶりに映像化されること、さらに主役の白鳥麗子役にはモデルの河北麻友子が抜擢されたことが発表された。同作は今までに2度ドラマ化され、白鳥役はそれぞれ鈴木保奈美、松雪泰子が演じ、河北が3代目となる。この発表と同時に、「河北って、演技ド下手じゃん!」「松雪さんを超えられるはずがない」など、ネット上では原作 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】遠藤憲一 『わろてんか』で夫婦役の鈴木保奈美を「お母はん!と呼びたい気分」

TechinsightJapan / 2017年10月04日14時50分

吉本興業の創業者・吉本せいをモデルとするヒロイン・藤岡てんの厳格な父親・藤岡儀兵衛を演じるのが遠藤憲一だ。その彼が10月3日、『遠藤憲一公式(enken_enstower)ツイッター』で妻役を務める鈴木保奈美の印象をつぶやいた。 藤岡てんの幼少期を新井美羽、成長してからはアート引っ越しセンターのCMでもフィーチャーされる女優・葵わかなが演じる。ドラマは明治 [全文を読む]

【おすすめ恋愛ドラマ5選】トヨエツにキムタク、ブッキーも!

恋学 / 2017年03月14日10時30分

ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」がこのドラマの主題歌だったことはご存知でしたか? 【ロングバケーション】(1996)<あらすじ>落ち目のモデル、葉山南(山口智子)は結婚式当日に婚約者に失踪され、そのルームメイトだった冴えないピアニスト、瀬名秀俊(木村拓哉)と同居するハメに。落ち込む南に瀬名は人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えよう [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木希は末っ子気質「天真爛漫で甘え上手」

TechinsightJapan / 2016年09月14日20時48分

モデルだけでなく女優としてもドラマ・映画に活躍している佐々木希(28)が14日、都内で開催された出演映画の完成披露試写会に登壇した。劇中でも実生活でも3人きょうだいの末っ子の佐々木を、共演した女優・比嘉愛未(30)がズバリ分析した。 佐々木希が出席したのは、映画『カノン』(10月1日公開)完成披露試写会。共演の女優・比嘉愛未、ミムラ(32)、鈴木保奈美(5 [全文を読む]

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

1つは繊維メーカーによる「新作水着のプロモーション」のためのモデルである。 後の大女優を数多く輩出したのがユニチカのスイムウェアキャンペーンモデル。内田有紀(1993年)、本上まなみ(1995年)、米倉涼子(1996年)が代表的だ。同社はマスコットガールというキャンペーンも展開(2000年にスイムウェアと統合)。こちらからは風吹ジュン(1974年。スイムウ [全文を読む]

やっぱり倉科カナの“カナパイ”は最強! はしゃぎすぎ西内まりやに「ちょっとウザいかも」の声

メンズサイゾー / 2014年04月15日15時15分

モデル出身の若手女優として、今や飛ぶ鳥を落とす勢いを見せているが、14日に出演した『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で空気が読めない言動を繰り返し、ネット上では「ちょっとウザいかも」との声が見え始めている。 この日、西内は、前記したドラマの宣伝をかねて、共演する倉科カナ(26)や鈴木保奈美(47)らと『スマスマ』に出演。人気コーナー「ビストロSMAP」 [全文を読む]

今度はバニーガール姿!! 西内まりや、またまた「エロ可愛い」と話題に

メンズサイゾー / 2014年04月10日20時15分

2007年から、新垣結衣や川口春奈などを輩出したローティーン向けのファッション雑誌「ニコラ」(新潮社)の専属モデルとして活動を開始した西内。08年には『正義の味方』(日本テレビ系)でドラマデビューを果たし、現在はティーン向け雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルを務めている。昨年8月には『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ系)で地上波ドラマ初主 [全文を読む]

石橋貴明“舞台降板”長女・穂のかと妻・鈴木保奈美の板挟み

NEWSポストセブン / 2013年08月22日16時00分

それどころか、“二世タレント”であることさえ、彼女にとっては複雑な思いがあるんですから…」(舞台関係者) 1988年、穂のかの母である元モデルのA子さんと結婚した石橋。翌年に穂のかが生まれたが、1998年10月、石橋の度重なる女性問題が引き金となり、離婚。当時、穂のかはまだ小学3年生だった。 「彼女はお父さんのことも大好きでしたが、幼いなりに、離婚の事情を [全文を読む]

“朝ドラ”感満載の『わろてんか』、初週は明るく正攻法 今後の「陰」に期待

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年10月10日11時30分

これは、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしたと思われる「女性の一代記」。そして、『澪つくし』(85)で明石家さんまがラッパの弥太郎を演じて以来、芸人たちが朝ドラの世界に華を添えてきた流れの「集大成」にあたるような作品である。 第1話冒頭では、いきなり桂南光による落語の「ちりとてちん」をかけるサービスぶりに、まず驚かされる。『ちりとてちん』といえば、ご存 [全文を読む]

新朝ドラ『わろてんか』、王道パターン展開でまずは父親役遠藤憲一の存在感

THE PAGE / 2017年10月02日12時10分

「あさが来た」を思わせる近年の王道パターン 吉本興業創業者の半生をモデルにしているということで、時代設定は明治後期から。衣装といい、照明といい、やはり時代ものはさすがNHKとしか言いようがないが、何しろ朝ドラは半年と長丁場。時代的にも、明治後期から第2次世界大戦終了直後の大阪を舞台に描くというから、先は長い。 初回はヒロインも子役で、真のヒロインである葵 [全文を読む]

葵わかなヒロイン朝ドラ「わろてんか」スタート<第1週あらすじ>

モデルプレス / 2017年09月30日17時00分

【わろてんか/モデルプレス=9月30日】女優の葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)が10月2日、スタート。第1週(2日~7日)は「わろたらアカン」を放送する。◆新・朝ドラ「わろてんか」 “笑い”をテーマにした本作の舞台は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪。タイトルの「わろてんか」は大阪弁で“笑 [全文を読む]

千葉雄大「わろてんか」現場の印象明かす ヒロイン・葵わかなとのやりとりも<インタビュー>

モデルプレス / 2017年09月30日05時00分

【千葉雄大/モデルプレス=9月30日】10月2日からスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」。同作に出演する俳優・千葉雄大が、放送開始を前に出演が決まったときの思いや、現場に入ってからの印象を語った。 ◆「わろてんか」出演 千葉雄大の役どころ 平成29年度後期第97作連続テレビ小説「わろてんか」は、“笑い”をテーマに、舞台は、明治の後半から第二次世界 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】葵わかな、朝ドラ『わろてんか』撮影で「“笑い”の先には愛がある!」

TechinsightJapan / 2017年08月18日12時08分

吉本興業の創業者・吉本せいをモデルに、大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵わかなが演じる。その他、藤岡てんの夫役を松坂桃李(28)、父親役を遠藤憲一(56)、母親役を鈴木保奈美(51)、祖母役を竹下景子(63)が務める。 「主題歌」と題して更新されたブログでは、「わろてんかの主題歌を松たか子さんが歌われる事が発表さ [全文を読む]

葵わかな、「わろてんか」劇中衣装でピースショット

Entame Plex / 2017年08月18日11時30分

吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしている。大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵が演じる。その他、藤岡てんの夫役に松坂桃李、父親役に遠藤憲一、母親役に鈴木保奈美、祖母役に竹下景子を起用することも発表されている。「主題歌」と題して更新されたブログでは、「わろてんかの主題歌を松たか子さんが歌われる事が発表されましたね [全文を読む]

葵わかな 劇中衣装でピース「笑い」について心境が変化

dwango.jp news / 2017年08月18日11時17分

吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしている。大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵わかなが演じる。その他、藤岡てんの夫役に松坂桃李(28)、父親役に遠藤憲一(56)、母親役に鈴木保奈美(51)、祖母役に竹下景子(63)を起用することも発表されている。「主題歌」と題して更新されたアメブロでは、「わろてんかの主題歌を松 [全文を読む]

石橋貴明と鈴木保奈美の長女が芸能界に興味 穂乃香に相談か

NEWSポストセブン / 2017年07月28日16時00分

「母親譲りのスタイルの良さを生かし、学生時代からアパレルブランドのモデルを務めていました。今後は海外留学を考えているそうです」(石橋家の知人) 接点も交流もなかったはずの“姉妹”――この2人が連絡を取るようになったのはなぜか。 「保奈美さんの長女は、今芸能界へ強く興味を持っているようです。最近保奈美さんは連ドラやファッション誌、コラムの連載など仕事がます [全文を読む]

鈴木保奈美、和久井映見…「月9ドラマ」30年間の知られざる秘話を公開!

アサ芸プラス / 2017年06月05日17時58分

実はこの優香、モデルはジミー大西なんです。なんでも栗原美和子プロデューサーが、芸人だった彼を見て発案したとか。ジミーちゃんは後に本当に芸術家になります。ドラマはそれを暗示していたと評判になりました」(テレビ誌ライター) 多くの名作を世に送り出してきた月9。このほかにも驚くような秘話がいくつも生まれている。 6月5日発売の「アサ芸シークレットVol.46」で [全文を読む]

葵わかな、「わろてんか」クランクイン! 稽古中ショットも公開

Smartザテレビジョン / 2017年05月24日15時26分

モデルは吉本興業の創業者・吉本せい。大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵が演じ、てんの夫役で松坂桃李、父親役で遠藤憲一、母親役で鈴木保奈美、祖母役で竹下景子が出演する。 「クランクイン」と題して更新された投稿で葵は、「そう言えばというか、実はというか笑 19日に『わろてんか』クランクインでした。」と、すでにクランク [全文を読む]

葵わかな、NHK朝ドラ『わろてんか』クランクイン報告!

Entame Plex / 2017年05月24日11時00分

同ドラマは、明治から昭和初期の大阪を舞台に、主人公・藤岡てん(葵)が小さな寄席の経営を夫婦で始め、日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性と言われるまでになる姿を描き、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしている。 大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵が演じる。そのほか、藤岡てんの夫役に松坂桃李、父親役に遠藤憲一 [全文を読む]

フォーカス