市役所 足立区に関するニュース

足立区の団地に派手な血痕 暴力団排除の実態には盲点あり

NEWSポストセブン / 2016年03月14日07時00分

同日の午後9時頃には埼玉県八潮市市役所から1.5キロの住宅街にある山健組幹部宅の壁や屋根に数発の銃弾が撃ち込まれた。拳銃を使った事件は、暴力団にとって特別の意味を持つ。捕まれば銃刀法はもちろん発射罪や器物損壊が加算される重罪だが、誰でも入手できる日用品を使わず、あえて拳銃を使用したほうが、暴力のプロとして玄人受けし、実行犯の虚栄心も満たされるのだ。車両を [全文を読む]

住むならどっち!? 多摩と湾岸で迷ったバブル時代と80年代雑誌の“ユルさ”

日刊サイゾー / 2017年09月12日23時30分

記事は、それぞれの市役所に話を聞いたりして、オススメポイントを提示していくのである。 でも、そうしたデータと共に記されるオススメポイントは、狙っているかのような無軌道ぶり。もんじゃ焼きの本場を「江東区の月島」なんて記していたりする。これが、ネタなのか本気なのか判然とし難いが(月島は中央区です、念のため)、後者だとすれば、今では人気スポットの月島が、いかに [全文を読む]

あの綾瀬が「ロケの名所」にのし上がった理由 伊豆急&河津にも学びたい「町おこし」のワザ

東洋経済オンライン / 2017年09月01日08時00分

そんな思いを知る市役所職員が相談したのは、前回のコラム「『あまちゃん』ロケ地観光のいまだ根強い人気」(8月23日配信)でも紹介した東京・虎ノ門の『地域活性プランニング』。全国各地の地域活性化を手がけるプロ集団です。観光目的のない綾瀬にとって、どんなことが地域活性化につながるのか。その答えは、「テレビ番組や映画のロケを誘致すること」でした。このプランなら「タ [全文を読む]

暴力から逃げ、貧困と闘う― 夜の少女たちから今の沖縄が見えてくる

J-CASTトレンド / 2017年08月03日11時31分

「キャバ嬢になること」に登場する市役所の生活保護の担当部署の担当者など、残念ながら登場する公的な立場の者はほぼ役に立たない。きちんと向き合うことの難しさと、それぞれの幸せのために何ができるのか、と深く考えさせられる。この夏に必読の1冊だ。 また、これは、沖縄だけの問題ではない。栃木県の地元紙下野新聞の子どもの希望取材班の連載記事が新書化した1冊が、「貧困 [全文を読む]

被災地の子育て家族に、育児の情報誌miku(ミク)最新号をお送りします

DreamNews / 2016年04月20日17時00分

※被災地でmikuを配布いただけるNPO、ボランティア団体ほか 市役所や役場で配布いただける場合も御連絡ください。 必要部数を手配します。 提供物:育児の情報誌miku春号 A4サイズオールカラー36p 費用:無料 お申し込み方法:WEBサイト専用ページより(スマホ対応) http://www.kosodate.co.jp/miku/kumamoto.h [全文を読む]

“取材型ロックバンド”が現代に描く、戦争が生んだ悲劇のメロディー 特攻隊を見送った人を歌った『春になりました』のPVが公開

@Press / 2014年02月17日13時30分

NOBは知覧に行く際、「特攻桜が咲く季節に訪れたら良いでしょう」館長さん、市役所の担当の方からそう聞き出向いた。PVに使用した桜はその時に撮影した「特攻桜」。館内の中にあった二人の若い男女の絵が忘れられない。若い男女が特攻を見送る側、見送られる側とも取れる絵でした。それはまさに自分の曲とリンクしている、そんな気分と同時にこの悲しい歴史を風化させてはいけない [全文を読む]

フォーカス