舞台 深津絵里に関するニュース

深津絵里、ビートたけし、西村まさ彦…実は“改名していた”有名俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月27日07時00分

アニメ映画『この世界の片隅に』(2016年)で主人公の声を演じ、ついに表舞台に復活なるかと期待されました。 しかし、その後はあまり大々的な活動は行っておらず、主にSNSにて自身の活動を発信するに留まっています。ちなみに、前所属事務所からは、退所の正式発表は行われていません。未だにホームページにも、能年玲奈の名前は残ったままとなっています。 50歳を機に、名 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに『HERO』が高視聴率を獲得したからなんですね。なんと、11話全て30%超え。これは日本の連ドラ史上、今もって唯一の快挙である。脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フ [全文を読む]

結婚の条件1位はコレ!アツイ男20人にガチンコアンケート調査【ハダカの劇プレ】

Woman Insight / 2015年07月23日21時00分

舞台の本番前は必ず食べます。 【3】目、首筋のホクロ 【4】ネガティブだけど、無理やりポジティブにとらえるようにしてます。 【5】モーニング娘。 【6】高2のとき。先輩、後輩、違う学校の子からモテました。 【7】脚フェチ。太くもなく細くもなく、ちょうどいい脚があります。 【8】浴衣。これは髪をアップしているのも含めて好き。 【9】長い間一緒にいても、ずっと [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

舞台は岩手の三陸海岸。そう、この時点で視聴者は物語の未来を予見する。3年後にやってくる「3.11」――東日本大震災を。それは日本人にとって、戦争と同じくらいの歴史的インパクトを持つ。そして、『あまちゃん』の物語は進んでいく。そこには平凡で、何気ない、ほのぼのとした日常が描かれている。だが、お茶の間はその先に「3.11」が来ることを知っている。だからこそ、そ [全文を読む]

ムロツヨシ 東京理科大をやめて俳優の道志した理由

WEB女性自身 / 2014年10月31日10時00分

今回は、舞台で経験を積み重ね、映画やドラマで活躍し始めた個性派実力俳優・ムロツヨシ(38)。中山も「気になっていた」というネクストブレーク俳優がじっくりと語る。中山「改めてムロさんの経歴を拝見したのですが、東京理科大に通っていたんですよね?」ムロ「そうなんです。僕は第2次ベビーブーム世代の子どもなので、『偏差値の高い大学に行き、いい会社に就職する』という価 [全文を読む]

公開迎えた『サバイバルファミリー』宣伝に四苦八苦「深津絵里さんと連絡が取れない……」

日刊サイゾー / 2017年02月13日11時00分

たとえば、一度映画や舞台の宣伝をした人は、1年間はほかの番宣で出られないとか。今回も小日向さんがいくつかそういった制約に引っかかって、代わりに深津さんサイドにお願いをしたのですが、担当者レベルで無下に断られたそうです」(テレビ局関係者) 焦ったフジテレビは、深津と懇意のプロデューサーが直接連絡を取ろうと試みたという。 「すると、深津さんが所属するアミューズ [全文を読む]

小日向文世、妻・深津絵里から「一生可愛い人でいて。ずっと大好き」

Movie Walker / 2017年02月11日14時16分

『ウォーターボーイズ』(01)の矢口史靖監督最新作『サバイバルファミリー』の初日舞台挨拶が2月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。小日向文世、深津絵里ら豪華キャストと矢口史靖監督が登壇した。深津は撮影から宣伝まで大奮闘してきた小日向について「こんなにキュートな63歳はどこにもいません。一生可愛い人でいてください。ずっと大好きです」と笑顔で語った。 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(2月9日付)

ガジェット通信 / 2017年02月10日17時00分

電気が消滅し人々の生活が危機を迎えた世界を舞台に、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿を描く。 ■関連映像:サバイバルファミリー 特報(http://yahoo.jp/Eh4x_W) サバイバルファミリー 劇場予告編(http://yahoo.jp/Kr6Wfa) 2位 『マリアンヌ』(http://yahoo.jp/NliS2t) ■公開日 :201 [全文を読む]

小日向文世、深津絵里から巨大スプーンでファーストバイト!

Movie Walker / 2017年01月22日20時35分

小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかなが舞台挨拶に登壇した。1月23日に63歳の誕生日を迎える小日向にサプライズの似顔絵バースデーケーキが用意され、45cmほどの巨大スプーンで妻役の深津絵里によるファーストバイトが行われた。 小日向は本作について「全員が体を張って作品に挑みました。サバイバルを乗り越えなきゃいけない家族が絆をさらに強めていく。家族あっての [全文を読む]

稲森いずみ他、四十路美女たちが独身を貫くワケ

日刊大衆 / 2017年01月03日20時00分

2000年頃から活躍の場を舞台やミュージカルにしており、テレビドラマでは『ショムニ』(フジテレビ系)での暗いOL役や『めぞん一刻』(テレビ朝日系)でのネグリジェの朱美さん役など、“濃い”キャラも堂にいってきた。実は、2001年に発売された週刊誌で、過去に不倫をしていたことを高橋自身が告白している。相手はコンサートのスタッフで、1991年から96年まで関係は [全文を読む]

芸能界「絶対共演NG」最新リストを禁断公開!(1)あの高畑淳子と因縁がある人物とは…

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時57分

今年8月に息子の高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕されるも、女優・高畑淳子(61)は自身の芸能活動を自粛するつもりはなく主演する舞台を務め上げることが「贖罪」と説明した。 とはいえ、高畑と同じ舞台ならお断り、という声が聞こえてくるのも事実なのだ。内情を知る舞台演出の関係者が明かす。「実力派によくありがちですが、高畑さんは居丈高で有名な女優さんの一人です。今回の [全文を読む]

『君の名は。』の次は“えぐられる娯楽”『怒り』。川村元気プロデューサーを直撃

Movie Walker / 2016年09月15日14時35分

』では新海監督を大舞台に引っ張りあげた目利きにもうなった。とにかくこの方、打率が高い。そんな川村でも『怒り』を手掛けるにあたってかなりのプレッシャーがあったようだ。「『悪人』はキネマ旬報で1位をいただいたり、モントリオール世界映画祭で賞をとったり(深津絵里の最優秀女優賞)、ありがたいことに、これ以上評価を得るのは難しいと思えるくらいでした。再び李監督や吉田 [全文を読む]

中村七之助 舞台打ち上げで深津絵里を紳士的にエスコート

NEWSポストセブン / 2016年03月30日16時00分

あまりにいい雰囲気のふたりは周囲の注目を集めたが、この夜同店で行われていたのは、ふたりがW主演した舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』の打ち上げパーティーだった。 近松門左衛門の代表作『心中天網島』をベースにした同作。止むに止まれぬ事情から売春婦になったハル(深津)は、妻子持ちながら足繁く通ってくるジロウに心ひかれる。売春婦と客の“15分だけの恋” [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中村七之助「公開処刑はやめて!」深津絵里らの賛辞に叫ぶ

TechinsightJapan / 2016年01月27日17時58分

27日、都内にて舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」—近松門左衛門「心中天網島」より—』の制作発表が行われ、ダブル主演で初共演となる深津絵里、中村七之助らが登壇した。 本作は近松門左衛門の代表作、遊女・小春と治兵衛、その妻・おさんの三角関係を描いた『心中天網島』に現代の世界を融合させた意欲作。故・中村勘三郎氏と友人でもある演出家デヴィッド・ルヴォ [全文を読む]

『岸辺の旅』黒沢清監督が語る深津絵里と浅野忠信

Movie Walker / 2015年09月28日19時00分

舞台をけっこうやられているというのも大きいと思いますが」。 [全文を読む]

あのドラマのお店はここだった!?実は結構使われていた気軽に行けるあのお店

日本タレント名鑑 / 2015年09月16日09時55分

近隣の神楽坂が舞台の『拝啓、父上様』では頻繁に出ていましたし、『クロサギ』『First Love』など数えきれないほどドラマの舞台となっています。 郊外で有名なのは、石神井のレストランロニオン。『警視庁捜査一課9係』の主人公の娘、倫子の働くパティスリーです。東映撮影所の近くのため、仮面ライダーや戦隊シリーズでも「喫茶店」「レストラン」というと定番のお店。残 [全文を読む]

お天気お姉さん・窪真理、ビキニ姿でムチムチのグラマラスボディを公開!

メンズサイゾー / 2015年07月02日10時00分

学生時代から演劇に取り組んでいた彼女は、端役ながらこれまでに4本の舞台に出演しており、将来的には深津絵里さん(42)のような女優になりたいと語っています。かなりの勉強家でも知られ、学生時代に女優を志してからは年間100本近くの舞台やミュージカルを鑑賞しているそうです。そのため『PON!』で披露している中岡さんとのコントも女優業の一環として捉えており、ブロ [全文を読む]

【ウラ芸能】マイコ、内助の功の先に待つのは?

NewsCafe / 2015年06月16日15時00分

デスク「俳優、妻夫木聡(34)と女優、マイコ(30)の結婚はほぼ確定って感じだな」記者「昨年8月に熱愛が報じられてから、水面下で順調に進んでいるとは聞いていましたが、6月に入ってマイコの出演舞台を妻夫木が両親とともに観劇。舞台がハネた後、妻夫木親子がいる和食店にマイコがかけつけ、"家族"のように食事をしていた…とか」デスク「事実上2人は同棲していて、両親公 [全文を読む]

住友生命の新CM完成!深津絵里さんがライフデザイナーに扮し、昔話の“あの人”の未来を診断!

@Press / 2014年05月22日13時00分

住友生命Youtube公式チャンネル: 30秒編: https://www.youtube.com/watch?v=Z5NfFR4FQ4g 15秒編: https://www.youtube.com/watch?v=MO_SQRqK0RY 住友生命公式Facebookページ: URL: http://www.facebook.com/sumitomoli [全文を読む]

大泉洋が語る、三谷幸喜との因縁 「三谷さんは、面倒くさい方ですよ(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月10日11時30分

でも、ほかの役者さんが“さん”付けなのに対し、なぜか僕だけ“大泉”と呼び捨てで書かれている(笑)」 舞台『ベッジ・パードン』でタッグを組んで以来、『ドレッサー』『清須会議』と三谷作品には欠かせない存在となった大泉洋。「初めて会った時から、三谷さんは僕の取り扱い説明書を熟読しているかのようでした」と話すほど、三谷への信頼は厚い。 一方の三谷も『新たなる希望』 [全文を読む]

フォーカス