深津絵里 妻夫木聡に関するニュース

妻夫木聡から「愛している」のメールが!満島ひかりの爆弾発言に報道陣が騒然

アサ芸プラス / 2017年01月24日17時59分

「優香、柴咲コウ、深津絵里ら女優キラーだった妻夫木も結婚してようやく落ち着いた。尻に敷かれているともっぱらで、賢妻の目を盗んでの不貞はまず無理でしょうね」(スポーツ紙記者) 報道陣はすわ不貞か、と色めきたったものの、どうやらこの2人、色っぽい関係ではなさそうだ。(塩勢知央) [全文を読む]

妻夫木聡の「真剣交際」はやっぱり主演ドラマ低迷のテコ入れ?

messy / 2014年08月12日17時00分

妻夫木は女運がないのか? その後は比嘉愛美や深津絵里、北川景子との噂が報じられたものの、どれも決定的なものではなかった。 ネット上では今回の熱愛報道について「マイコって誰かと思って調べたら、あのハーフの人ね」「お幸せに〜」など、そこそこの盛り上がりを見せているが、冒頭にも書いたように妻夫木は主演の『若者たち2014』が放送中という大切な時期だ。だが、妻夫木 [全文を読む]

“女優キラー”妻夫木聡 ドラマ「若者たち2014」で新たな熱愛は生まれるか!?

アサ芸プラス / 2014年07月14日09時59分

「同じ事務所の優香や、柴咲コウ、そして深津絵里と将来有望な女優、タレントたちと付き合ってきた妻夫木。今回のドラマにも多くの女優が共演しています。そのうち誰と噂になるか、スタッフの間でも話題になっていますよ」(前出・番組関係者) 今回の共演者で可能性がある女優といえば… 「まずは、妹役で恋多き女優といわれる満島ひかりですね。『舟を編む』でメジャーデビューし [全文を読む]

妻夫木聡の嘆きに蒼井優ファンが安堵 マイコとの結婚から1年足らずで「浮気の虫がうずき始めた?」の声も

おたぽる / 2017年06月03日12時00分

また、妻夫木はかつて、優香や深津絵里、柴咲コウなどといった数々の女優との熱愛が報じられていただけに、『浮気の虫がうずき始めた?』『ゲス不倫いっちゃう?』などと揶揄する声も寄せられているようです」(同) 蒼井とのキスシーンは実現しなかったものの、9月に公開予定の映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』では水原希子とのキスシーンを披露して [全文を読む]

【おすすめ恋愛ドラマ5選】トヨエツにキムタク、ブッキーも!

恋学 / 2017年03月14日10時30分

【恋ノチカラ】(2002)<あらすじ>本宮籐子(深津絵里)は、大手広告代理店に勤めるものの、結婚も恋愛もできず、仕事も楽しくない日々を過ごしていた。そんなある日、人気クリエイターの貫井功太郎(堤真一)が独立し、その会社にどういうわけか籐子が引き抜かれる。だがそれは人違いだったのだ。仕方なく、貫井企画に居座り続ける籐子。仕事バカの貫井から仕事への信念や生き [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

広告の世界を舞台に、堤サン演ずる有名クリエイターと、深津絵里演ずる独身アラサーOLとのラブストーリー。お仕事ドラマではあるけど、恋愛要素も入ってて、今もこの作品をベスト連ドラに挙げる女性は多い。ちなみに同ドラマのスタッフは、あの『やまとなでしこ』(フジ系/2000年)と同じ。そりゃ面白いはず。■試行錯誤の時代そんな次第で、21世紀はお仕事ドラマの時代になる [全文を読む]

映画『怒り』高評価も、映画界から不満の声「吉田修一さん原作の作品は、もう……」

日刊サイゾー / 2016年10月24日21時00分

『悪人』も、妻夫木に深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明と錚々たる面々だったのですが、それ以上を要求したそうです。実際問題、原作者の人でキャスティングにそこまで口を出す人はいないので、映画会社は『予算のことを無視していろいろ言う面倒な人だな』ってあきれてましたよ」(芸能事務所関係者) 昨今の作品と違って、CGを使うことがなかったので、製作費のほとんどがキ [全文を読む]

「俳優陣の演技力、ズバ抜けています。こんなに辛い気持ちになるとは…」渡辺謙、綾野剛、森山未來ら実力派キャストが集結した映画『怒り』に絶賛の嵐

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月28日11時00分

同作は読者の大きな反響に応じるように映画が製作され、祐一役を妻夫木聡が演じ、光代役を深津絵里が務めた。地方の寂れた風景やそこに住む人々の感情を巧みに映し出した同作に観客は「原作で描かれた空気感をここまで如実に表現するとは…圧巻でした!」「妻夫木の衝動的な殺意、深津の孤独感の表現に鳥肌が立った」「物語も役者も文句なしに素晴らしい! 温度が伝わってくる大作だ [全文を読む]

祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つの魅力

TABIZINE / 2016年09月23日12時00分

深津絵里さん、妻夫木聡さん出演の映画「悪人」のロケ地にもなったのだそう。 干潮時だけ現れる前島のトンボロ (C) 五島市観光協会 海で隔てられた陸地と島が、干潮時のみ砂州によって繋がるトンボロ現象。前島のトンボロは普段は海の中にありますが、干潮時には2つの島を結ぶ浜となり末津島へ渡ることが可能。澄みわたる海を眺めながらゆっくりと歩いてみたいものです。 ■あ [全文を読む]

『君の名は。』の次は“えぐられる娯楽”『怒り』。川村元気プロデューサーを直撃

Movie Walker / 2016年09月15日14時35分

「『悪人』はキネマ旬報で1位をいただいたり、モントリオール世界映画祭で賞をとったり(深津絵里の最優秀女優賞)、ありがたいことに、これ以上評価を得るのは難しいと思えるくらいでした。再び李監督や吉田さんと組むということで、お互いに6年間の成長をどう見せられるのだろうかと考えたんです。それで日本映画として映像や俳優さんのレベルを高めたり、坂本龍一さんに音楽を作っ [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

「カワイイ大人」の代表格、深津絵里さん。そばかすがキュートでとても可愛いです。実は13歳でデビューしており、来年で芸歴30年になります。15歳の時に出演したJRのクリスマスCMが話題となり一躍スターとなりました。 今のお姿は「若い!」と評判の深津さんですが、このCMでは逆に15歳にはとても見えない大人っぽさ。真っ赤な口紅がセクシーでした。 そんな深津さん [全文を読む]

ロバート・ゼメキス監督作で第53回NY映画祭開幕!

Movie Walker / 2015年09月28日18時28分

まず、グランプリを受賞したラズロ・ネメス監督作『SON OF SAUL(英題)』、台湾の巨匠ホウ・シャオシェン監督8年ぶりの最新作で、監督賞を受賞し妻夫木聡も出演している『黒衣の刺客』(日本公開中)、ルーニー・マーラが女優賞を受賞したトッド・ヘインズ監督作『キャロル(原題)』(日本16年新春公開)、ヴァンサン・ランドンが男優賞を受賞したステファヌ・ブリゼ監 [全文を読む]

【ウラ芸能】マイコ、内助の功の先に待つのは?

NewsCafe / 2015年06月16日15時00分

舞台がハネた後、妻夫木親子がいる和食店にマイコがかけつけ、"家族"のように食事をしていた…とか」デスク「事実上2人は同棲していて、両親公認ってだってな」記者「過去には同じ所属事務所(ホリプロ)の優香(34)と結婚目前とも言われ、柴咲コウ(33)や比嘉愛未(28)さらに年上の深津絵里(42)とも親密交際をキャッチされるなどしたモテ男でしたが、両親公認の上に事 [全文を読む]

【ムービープラス】「海街diary」「あん」など日本映画 多数出品! 第68回カンヌ映画祭授賞式 5月24日深夜からムービープラスで日本独占生中継

PR TIMES / 2015年05月15日11時09分

また、昨年の「2つ目の窓」から同映画祭へ連続出品となる河瀬直美監督作「あん」がある視点部門オープニング上映作品に選ばれ、黒沢清監督作で深津絵里と浅野忠信が夫婦を演じた「岸辺の旅」も同部門に出品が決定。さらに、三池崇史監督の「極道大戦争」が監督週間出品作に選ばれるなど、日本関連作品が多数出品されるとあって、例年以上に注目を集めている今年のカンヌ映画祭。この流 [全文を読む]

フォーカス