作品 杉本彩に関するニュース

美元 ドロ沼離婚裁判最中の「映画主演話」顚末 「製作幹部が『彼女は全身整形』とためらった」

アサ芸プラス / 2012年08月23日10時58分

「かつては杉本彩、最近ではあの小向美奈子の全裸熱演で話題を呼んだ故・団鬼六作品に美元をひっぱりだそうという動きがある。作品は、『花と蛇』シリーズではなく、『花と狼』という原作。もちろん、団作品ですから、濡れ場はかなり淫猥で、3人の女性が激しくみずからのセックスを競い合う場面もあるそうです」 07年には、「ヴァイブレータ」の廣木隆一監督作品、「M」で心なら [全文を読む]

ワイド ニッポンの積乱雲(2)香椎由宇

アサ芸プラス / 2012年07月11日10時57分

ところが、そんなやさきに水を差したのが、「ある作品のパクリではないか」との指摘だ。さる映画ライターが指摘する。「You Tube上でも観ることができる『走馬灯屋の退屈』という作品です。タイトルと設定が酷似しているんです」 さっそく、検索すると、〈人は死の間際、自らの一生を走馬燈の様に見ると言う。この世とあの世の狭間にある、死んだ人間達の全記憶を見せる映画 [全文を読む]

“杉本彩さんがトークショーゲスト”「第12回新開地映画祭」を10月23日(金)~25日(日)に開催

@Press / 2015年09月25日12時30分

【開催概要】◆日程:2015年10月23日(金)~25日(日)◆会場:神戸アートビレッジセンター 兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14◆企画内容(1) 上映企画「Love & Eros」をテーマに、女性スタッフがセレクトした上質な映画8作品を上映。ゲスト招待上映作品には主演女優をお招きし、撮影秘話や男と女、魅力づくりの秘訣など、女性限定ならではのトークショ [全文を読む]

「第2のゴクミ」と呼ばれた元アイドル・坂上香織の“背徳のエロス”と“掘り出し物的美乳”

messy / 2015年04月12日15時00分

あの“剥き海老転がし”を世に知らしめた佳作であり、昭和のゴージャスバブリー美人・杉本彩(敬省略)が現代のエロス神として大復活を遂げた作品でもあります。次から次へと、あらゆるタイプの鬼畜や変態や“縛り方”が出てくる団先生の原作と、隙のない美を体現した彩エロス神の限界点を超え、もはや臨界点まで達した挑戦が見事に融合し、結果的に平成の世を席巻した『花と蛇』。撮影 [全文を読む]

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

『脱ぐことは落ち目』という安易な決めつけをしないし、作品における役の意味を理解でき、脱ぐだけが自分の全てじゃないとわかっている。女優が覚悟を持ち、制作者は女優の価値を落とさないように全力を尽くす。すると、良い作品になる」(映画プロデューサー・岡田裕氏) 1990年代になると、一時代を築いたアイドルが新境地を求めてヌードになることも増えていく。『クイズダービ [全文を読む]

加藤鷹だけじゃない! 実は読みたい「○○セックス」本

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月30日18時00分

本屋で平積みの本を物色していると、思わず息をのむタイトルを目にした経験はないだろうか? たとえば、一時期流行した『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)や『ポリネシアン・セックス』(ベスト新書)など、表紙に大きく“セックス”と書かれた書籍など、内容が気になっても手に取るには躊躇してしまう作品と出会ったことがあるはず。そこで今回は、性の神 [全文を読む]

「撮影初日の自慰シーンで、逆に開き直れた」初SMプレイに挑んだ天乃舞衣子が出会った、新たな“快感”とは?

日刊サイゾー / 2014年05月13日18時00分

『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一監督がメガホンを取り、よりエンタテインメント性が高まった作品になっている。 主人公3人は、夫の借金のカタとして闇サイトで陵辱される遠山静子(濱田のり子)。その闇サイトを見て自ら緊縛の世界に飛び込んでいく、専業主婦の瑠璃(桜木梨奈)。そして、闇サイトの真相を暴くため、妹を助けるために陵辱されることを決意する女刑事の雨宮美 [全文を読む]

料理の味付けに悩む主婦を杉本彩率いる謎の組織「お料理対策昆布」が解決!ヤマサ醤油が、「ヤマサ 昆布つゆ」の新提案で、テレビCMとWEBサイトを展開

@Press / 2012年04月16日10時00分

悩める主婦を助ける抜群の演技で作品を盛り上げています。 スペシャルサイト「お料理対策昆布」 http://www.yamasa.com/konbutsuyu/honbu は、関西エリア限定のテレビCMを視聴することが出来る他、“昆布員”が主婦のお悩みを解決したレシピをご紹介しています。 ■テレビCM ヤマサ 昆布つゆ 「対策昆布」篇 料理の味付けに悩める主 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】紀里谷監督による“毛皮反対”映像が完成。きっと「リアルファーは着ない」と思いたくなる。

TechinsightJapan / 2014年10月28日15時35分

映画監督の紀里谷和明氏による映像作品『毛皮反対プロジェクト』が完成し、YouTubeでの公開が開始された。紀里谷氏がクラウドファンディングにより始動した、自由な映像制作に取り組むプロジェクトの第1弾として「“毛皮”をテーマに、多くの人に毛皮製品生産の実態を知ってもらう」ことを目指して制作したものだ。海外ではハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーなど毛皮( [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(4)「あげ濡れ場」「さげ濡れ場」吉高由里子「潔い脱ぎ」

アサ芸プラス / 2012年01月27日11時00分

日本アカデミー賞最優秀主演女優賞も獲りましたし、女優としての可能性が大きく広がりましたね」 国際派女優の菊地凛子(31)が一躍脚光を浴びるキッカケとなった「バベル」(ギャガ・コミュニケーションズ)も、もし濡れ場がなければ、作品の価値も半減したであろう傑作だ。ノーパン・ミニスカ姿で男を挑発するシーンでは、ソファに腰掛け、ゆっくり開いた脚の間からヘアも割れ目も [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

映画、写真集と、作品ごとに衝撃をもたらした。6位・深野晴美 深夜番組から生まれた「オナッターズ」の一員だが、人気はハニーこと深野晴美がピカイチ。攻めまくりなグラビアで輝きを放った。7位・青山知可子 どちらかと言えば知る人ぞ知る女優の部類になるが、上品な顔立ちと、彫刻のように美しくも巨大な“房”は、国宝に指定したいほどだ。8位・高岡早紀 アイドル時代から爆裂 [全文を読む]

熊田曜子と磯山さやかが語るグラビアのリアル「ファンタジーの世界の住人でいるのは水着の時だけ(笑)」

週プレNEWS / 2016年12月27日06時00分

前編に続き、ふたりにグラビア愛や週プレの思い出などを語ってもらった! * * * ―おふたりは現役グラドルとして10年以上のキャリアがありますが、ひとつの転機としてヌードの依頼はこないですか? 磯山 作品として撮らせてもらえないかというお話は一度ありました。若い時の記録でもあるし、悩みましたけどお断りしました。 熊田 私は、杉本彩さんが出た映画『花と蛇』 [全文を読む]

イレズミと性の関係とは? 外国人観光客のタトゥーへの対応はどうすべきか? 【『イレズミと日本人』著者インタビュー 後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月16日06時30分

もちろんアウトローで入れている人も多くいると思いますが、今やスーツを着たビジネスマン風の『経済ヤクザ』もいる時代ですから、イレズミのありなしでは判断しきれないと思います」 同書には市川雷蔵から北野武作品に始まり、実際にイレズミを入れてしまった五社英雄監督のエピソードまで、日本映画とイレズミの関係について詳しく描かれている。そして山本さんは本の中で、「イレズ [全文を読む]

藤原紀香の禁断のタブー…熊切あさ美が暴露!「陣内智則は他人な気がしない」の意味

Business Journal / 2015年11月29日17時00分

ラブとエロスをテーマにし、濡れ場にも挑戦するという体当たり作品。映画業界関係者は語る。 「はっきりいってB級映画です。それに元アイドルが“脱ぐ”といえば、この業界では落ち目と解釈されるのが通常です。しかし、かつて『花と蛇』(2004年)で激しい濡れ場を見せ一躍女優としても認められた杉本彩のようなケースもあります。これで一気に名誉挽回ということも不可能ではな [全文を読む]

批判殺到のリアルファー 「欲しい」と言うだけで糾弾される

NEWSポストセブン / 2015年11月26日07時00分

オルセン姉妹がリアルファーを使った作品を発表したときや、歌姫ビヨンセ(34才)がファーをまとってビーガンレストランに行ったときには、動物愛護団体らが彼女たちを強く非難している。 ※女性セブン2015年12月10日号 [全文を読む]

関西初出店!3月29日(日)開催「京都ネコ市ネコ座」に「フェリシモ猫部」ショップが一日限定で登場。

DreamNews / 2015年03月25日17時30分

■京都ネコ市ネコ座のプログラム ・ネコ市 「さくらねこ」をテーマにした作品や、雑貨、お菓子など、日本中のネコ作家やネコ雑貨販売をされている方々のネコ商店街です。 ・ネコ座 杉本彩さんによる動物愛護活動のトークショー、「HAPPY MUSIC FESTA番外編ニャー!」と題した一般社団法人&PETSによるチャリティーライブやアクロバットパフォーマンス(参加 [全文を読む]

映画『サード・パーソン』、杉本彩、余貴美子ら著名人からコメントが続々到着

Entame Plex / 2014年06月07日15時45分

一見、何の接点もないようなそれぞれの愛のエピソードが並行して描かれ、クライマックスに向けて物語が衝撃的な形で交差していく様は、ハギスが以前手掛けた『クラッシュ』を彷彿とさせ、彼の脚本家としての圧倒的な手腕が光る作品となっている。公開に先駆け一足早く鑑賞した各界の著名人からコメントが到着した。※敬称略/順不同——行定勲(映画監督)「映画でしかできない魔法を使 [全文を読む]

テリー伊藤×中島知子(1)いつか演歌にも挑戦してみたい

アサ芸プラス / 2013年07月25日09時58分

それはちょっとお話にならないということで、いつかきちんと作品を出したいです。 テリー しばらく歌に力を入れてやっていくの? 中島 1カ月に1回、月1でやっていきます。 テリー ジャズのライブ衣装は、セクシーなファッションで歌うわけだろ。 中島 そうですね。 テリー 阿川泰子さんとか、真梨邑ケイさんみたいな、大人っぽい、ちょっとけだるい感じで。 中島 はい。 [全文を読む]

美元、起死回生のヌードは実らず!? 『花と蛇』への出演を高嶋家が阻止

サイゾーウーマン / 2012年11月10日13時00分

しかし、こちらは高嶋側からの物言いでお蔵入りすることになってしまいました」(週刊誌記者) 『花と蛇』といえば、杉本彩や小向美奈子が濡れ場を披露して話題になった故・団鬼六氏原作のSM作品。杉本は同作への出演で、女優として高評価を得ただけに、美元もその路線を狙っていたという。 「しかし高嶋の父親である高島忠夫は、団氏とは学生時代から懇意の関係。オファーの動きを [全文を読む]

団鬼六賞の女性作家「ネット動画等簡単に得られる快楽浅い」

NEWSポストセブン / 2012年08月22日16時00分

美しい容姿の著者・うかみ綾乃さんはこの作品で官能小説界で権威ある「団鬼六賞」の今年度の大賞を受賞、奇才の称号を得たのである。 物語の主人公は、伝統ある生田流箏の家に生まれ育ち、両親の跡を継いだ美しく可憐な姉妹。その姉妹への姦計が、筝の世界で権力を握ろうとする2人の男によって謀られていた。卑劣な罠にかけられ、その玩弄の中で姉妹の性の本能が剥きだされていく―─ [全文を読む]

フォーカス