葬儀 世田谷区に関するニュース

「在宅医療」「介護施設」「終活」の3領域を 高齢者ご本人とその家族に向けて1冊にまとめた 「これからハンドブック」を無料配布スタート

DreamNews / 2017年04月27日11時00分

ポータルサイト「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」を運営する(株)鎌倉新書と、在宅医療、訪問診療クリニックの検索サイト『いしくる』を運営するエムスリードクターサポート(株)、全国の有料老人ホームや民間の高齢者施設を紹介する『有料老人ホーム情報館』を運営する(株)ケアプロデュースの3社が業務提携し、高齢者とその家族が知りたい情報を1冊にまとめた『これからハン [全文を読む]

仏壇にもお墓にもなる、ピンクやブルーの納骨仏壇『花供養墓』テンマック、「エンディング産業展2017」に8月23日から展示

@Press / 2017年08月21日16時00分

株式会社テンマック(本社:東京都世田谷区、代表取締役:一家 明成、以下 テンマック)は、2017年8月23日(水)から東京ビッグサイトで開催されるフューネラルビジネス・エンディング・終活・葬儀・埋葬・仏壇・供養・終末関連のための展示会イベント「エンディング産業展2017」にて、仏壇にもお墓にもなるハイブリッド納骨仏壇『花供養墓 - MUSUBI(むすび) [全文を読む]

橋口靖正が虚血性心疾患により逝去

okmusic UP's / 2016年12月11日15時00分

葬儀は遺族の意思により、生まれ故郷の宮崎県で行われる予定とのこと。■GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトより訃報 GOING UNDER GROUND サポートキーボーディストであり共同プロデューサーを務めてくれていたシンガーソングライターの橋口靖正が12月8日未明、虚血性心疾患の為、永眠致しました。 12月3日、4日に行われた下北沢 [全文を読む]

風間杜夫 脳梗塞で倒れてから12年に及んだ父の看病、死を語る

NEWSポストセブン / 2015年01月27日07時00分

一度しかない親の葬儀にどう向き合うか。NHK連続テレビ小説『マッサン』で、主人公夫妻を人情深く支えるニシン漁師の網元・森野熊虎役を演じる風間杜夫さん(65才)が、亡き父を語る。 * * *「おれはな、どこかで潔くポックリ死んでやる」 そう言っていた親父が脳梗塞で倒れたのは、25才でぼくが所帯を持った翌年だった。親父が倒れた頃からぼくの仕事は忙しくなった。も [全文を読む]

「ゆうパック」で骨を送る? 弔いの軽視か新時代の埋葬の形か

ZUU online / 2017年07月01日18時40分

弔いの軽視と批判する声もあるが、葬儀を取り巻く環境は大きく変わろうとしている。■ゆうパックで届いた遺骨を合葬墓で永代供養大阪府河内長野市滝畑の河内長野中央霊園は2014年から送られてきた遺骨を供養している。受け付け開始からこれまでに受け取った遺骨は約250人分。霊園内に設けられた合葬墓で永代供養している。申し込みは、お布施として3万円を支払ったうえ、専用の [全文を読む]

「在宅医療」「介護施設入居」「終活領域」の3領域を、高齢者ご本人とその家族に向けて1冊にまとめた「これからハンドブック」を無料配布スタート

PR TIMES / 2017年04月27日17時32分

在宅医療、訪問診療クリニックの検索サイト『いしくる』を運営するエムスリードクターサポート株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 濵口慶太)と、全国の有料老人ホームや民間の高齢者施設を紹介する『有料老人ホーム情報館』を運営する株式会社ケアプロデュース(東京都世田谷区、代表取締役社長 安藤滉邦)、葬儀・お墓・仏壇・遺産相続など終活関連のポータルサイトを運営する [全文を読む]

高齢者の終活相談サービス「おひとりさまコンシェルジュ」 自由が丘に相談室を4月1日開設

@Press / 2017年04月05日11時00分

実績のある高齢者の住まい探しの他、身元保証、成年後見、相続、遺言作成、葬儀・お墓、引越しや片付け、自宅の売却など高齢者ひとりだけでは難しい問題を各分野の専門家が連携し、ワンストップでスムーズに解決に導くサービスで、施設紹介を行う中でお客様の要望から生まれました。振り込め詐欺や、認知症関連の問題、孤独死、最近では空き家などが社会問題化する世の中において、おひ [全文を読む]

高倉健さん 三回忌前に進められていた「4億円豪邸」極秘改築

WEB女性自身 / 2016年11月04日12時00分

また葬儀を実妹や親族に知らせず、仕事関係者5人だけの密葬にしています。さらに戒名もつけず、遺骨は散骨されました」(映画関係者) 健さんが生前に取得していた鎌倉霊園の墓地には納骨されず、昨年の一周忌法要もなかった。それらはすべて、故人の遺言書どおりに進められたものだったという。養女の貴さんは、週刊文春15年2月12日号にこう胸中を綴っている。 《(健さんは) [全文を読む]

緩和医療医・大津秀一氏の新刊『死ぬまでに決断しておきたいこと20』のご案内

DreamNews / 2015年02月23日12時00分

◆目次 1 自分の病気について知るべきか、否か2 耳に心地よい話を信じるか、否か3 家で死ぬのか、病院で死ぬか4 かかりたいのは遠くの名医か、近くのヤブ医者か5 財産を残して逝くのか、文無しで身軽に旅立つか6 身の回りのものをいかに処分するか7 葬儀をするのかしないのか、海に位牌を撒くのか8 成功例の真似をするのか、否か9 今しかないとやるのか、後回しにす [全文を読む]

日本初 老いへの支度を応援する大学『敬老義塾』を開講 過去7年で5千件超の相談実績に基づき、老い支度の必須テーマを20講座に凝縮

@Press / 2014年08月25日10時30分

URL: http://www.24i.jp/ ■開講の背景 医療・介護・終の棲家・遺言・相続・葬儀等は、誰しもが通る道でありながら専門性が高く抵抗を感じやすいテーマです。「老いる世間は鬼ばかり」。いざ問題が生じたときにも無用な不利益を被らずに済むよう、知らなくては怖い話、知らなければ損をする話を、楽しく、面白く、わかりやすく、元気なうちから学んでいただ [全文を読む]

森稔・森ビル会長 食事中も東京地図を離さない仕事人だった

NEWSポストセブン / 2012年04月02日16時00分

その死は、葬儀を済ませた4日後に公表された。 湘南学園中から県立湘南高校、東京大学と同窓・同級生だった、大正大学名誉教授の鈴木健次氏が語る。 「森くんは、昨年10月の湘南高校創立90年記念式典に出席していました。『もう大丈夫。先日はゴルフもやった』と元気だったのに」 森氏は、大学留年中に父・泰吉郎氏のひと言で、家業の不動産業を手伝うことになった。1959年 [全文を読む]

フォーカス