新井貴浩 鳥谷敬に関するニュース

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島 ≪開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 2 二 菊池涼介 3 中 丸佳浩 4 三 ルナ 5 左 エルドレッド 6 一 新井貴浩 7 右 下水流昂 8 捕 石原慶幸 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 ◎ 2 二 菊池涼介 ◎ 3 中 丸佳浩 ◎ 4 一 ルナ ◎ 5 左 松山竜平 [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鳥谷敬(阪神) 打率.467 2位:大島洋平(中日) 打率.462 3位:田中広輔(広島) 打率.395 ■本塁打 1位:阿部慎之助(巨人) 4本塁打 2位:糸井嘉男(阪神) 3本塁打 3位:エルドレッド(広島)2本塁打 3位:梶谷隆幸(DeNA) 2本塁打 3位:ロペス(DeNA) 2本塁打 3位:北條史也(神) 2本塁打 ■打点 1位: [全文を読む]

安定感を欠く巨人の6番打者

ベースボールキング / 2017年05月19日11時15分

他球団を見渡すと、首位を走る阪神が鳥谷敬、2位・広島は新井貴浩やエルドレッドといった選手が座り、エルドレッドはリーグトップの11本塁打を記録する。巨人はクリーンナップが好調なだけに、1日も早く“6番打者”を固定したいところだ。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(2)「陰のコーチ」は黒田博樹氏

アサ芸プラス / 2017年04月29日17時56分

新井貴浩(40)は盟友が引退して“黒田ロス”になるのではないかと心配されていたけど、そのぶんだと杞憂に終わりそうだ。<座談会メンバー>A:スポーツ紙デスク/B:スポーツ紙記者/C:民放局スポーツ担当/D:球界OB/E:夕刊紙プロ野球担当記者 [全文を読む]

新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由

NEWSポストセブン / 2017年04月24日11時00分

そうしたなかで、限られたチャンスを掴んだベテランの活躍が目立っている」 その一人が広島・新井貴浩(40)だ。昨季は2000本安打を達成し、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。阪神で出場機会を減らした印象を拭い去るかのような「復活劇」は、今季も続いている。「2つ歳上の黒田博樹が引退し、チームリーダーとしての自覚が強くなった。緒方(孝市)監督には『補強はせずチ [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

■広島:4人 (遊)◎田中広輔(東海大相模) (二)×菊池涼介(武蔵工大二) (中)◎丸佳浩(千葉経大付) (三)ルナ (左)エルドレッド (一)×新井貴浩(広島工) (右)◎下水流昂(横浜) (捕)◎石原慶幸(県岐阜商) (投)ジョンソン 広島は甲子園経験者が日本人選手の6人中4人と、まずまず高い割合だ。ここ最近だと前田健太(PL学園)、佐藤剛士(秋田 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・金本監督が期待するベテラン4選手と”超変革”の行方

デイリーニュースオンライン / 2016年07月11日16時05分

■期待に応えたい藤川球児 「球児の一番いい、高めで勝負して打たれたら仕方ない」 6月24日、広島戦の8回裏、球児は新井貴浩に高めのストレートを右中間に運ばれ、逆転を許した。その一打を受けての、金本監督のコメントだ。 開幕から先発を任されるも、期待に応えることができなかった球児。 ファームでの調整を経て、リリーバーで復帰するも、大事な場面で連打を食らうこと [全文を読む]

【プロ野球】JFK、スーパーカー、100打点…球史に残るあの”名トリオ”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月23日18時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■真弓阪神の得点源 2010年、真弓明信監督時代の阪神からは、鳥谷敬:104打点、新井貴浩:112打点、グレイグ・ブラゼル:117打点という100打点トリオが生まれた。 これは昨季まで阪神に在籍していたマット・マートンと、平野恵一の1・2番コンビが揃って打率3割5分と打ちまくり、それをクリ [全文を読む]

巨人・阿部と村田に赤信号…2000本安打達成可能な4人のバッターは?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月18日09時00分

新井貴浩 1971本(残り29本) 来季38歳 117本(95本) 福留孝介 1933本(残り67本) 来季39歳 139本(86本)※日米通算 福浦和也 1912本(残り88本) 来季40歳 47本(35本) 井端弘和 1912本(残り88本) 来季41歳 63本(60本) 荒木雅博 1890本(残り110本) 来季39歳 53本(78本) 阿部慎之助 [全文を読む]

北別府学氏「新井貴浩復帰など得点力アップ」と広島優勝予測

NEWSポストセブン / 2015年02月28日07時00分

それが今年は新井貴浩の復帰に加え、ドラフト1位の野間峻祥が入団。新外国人のグスマンなど、いい補強をして得点力は上がった。投手陣も、昨年のメンバーに黒田博樹が復帰加入するだけで大きな力になる。トップを争うチームであることは間違いありません。 対抗馬となるのは巨人です。何といっても地力はピカイチ。しかし今年は補強らしい補強をしておらず、阿部慎之助をはじめ高年齢 [全文を読む]

ちょっと早い「セ・パ12球団」ペナント大予想!(2)黒田復帰で“広島V”の可能性は?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時54分

「黒田と新井貴浩(37)、この2人の功労者が戻ってくることで、ファンは盛り上がる。新井は性格上、乗せられるとそのまま乗ってしまうようなタイプですから復調する可能性がある。ただ、新井の復帰で奮起するのは、(三塁を争う)堂林翔太(23)。新井に声援が集まるほど堂林に火がつくと思います。それが起爆剤になるのではないでしょうか。広島が優勝候補筆頭だと思っています [全文を読む]

2014プロ野球“ワーストナイン”勝手に表彰式!(2)ちょっとのケガで休む選手が多すぎて…

アサ芸プラス / 2014年10月22日09時57分

高額な年俸をもらっている選手には、144試合出場できるだけのコンディションを整えておく義務があるんです」 同じポジションに生きのいい若手が現れ、出場機会を奪われる格好となったのがヤクルトの田中浩康(32)=年俸1億2500万円=と阪神の新井貴浩(37)=年俸2億円=だ。両者とも今季はベンチを温めることが多く、すっかり影が薄くなってしまった。江本氏は新天地へ [全文を読む]

阪神、なぜタイトル獲得選手続出でも優勝できない?人件費高騰必至で財政事情に懸念?

Business Journal / 2014年10月14日18時00分

3年契約の最終年を終える新井貴浩以外、阪神選手は軒並み昇給対象といっていい。 これだけの選手がタイトルを獲得しても優勝戦線から脱落するあたり、トラは“我が道を行く”といったところか。 (文=編集部) [全文を読む]

掛布雅之 育成から復帰した狩野に期待

アサ芸プラス / 2014年03月19日09時57分

前回の沖縄遠征で私が見るかぎり、鳥谷敬や福留孝介、新井貴浩に新井良太も調整は順調。ペナントレースに向けて着実に準備をしている印象を受けます。 [全文を読む]

掛布雅之、阪神メッタ斬り「4番の“顔”が見えなかった」

アサ芸プラス / 2013年03月29日09時59分

昨年のオープン戦は新井貴浩、マートン、金本知憲、鳥谷敬ら、何人もが4番を打ち、打線の核が見えぬままに開幕を迎えてしまった。4番の「顔」が見えなかったんです。結果、東京ドームでの本塁打は1本のみ。チーム打率は2割3分台で、1試合平均3点にも届いていない。どう考えても異常事態だったんです。 金本が右肩の故障でまともに守備ができないのに、それでもなお使わざるをえ [全文を読む]

何やっとんねん阪神、ポンコツかき集めて「アホちゃうかッ」

アサ芸プラス / 2012年12月06日09時59分

新井貴浩(35)らベテラン勢の失速に加え、鳥谷敬(31)や平野恵一(33)など中堅どころの不振が続き、チーム打率はここ10年でワーストの2割3分台だった。本塁打にいたっては58本と、今年のホームラン王であるヤクルト・バレンティンの2人分にも届いていない。結果、宿敵巨人に31・5ゲームも離されての5位。ライバルの背中すら見えない体たらくだった。 来季こそはと [全文を読む]

ポジション別守備下手選手に金本、新井、鳥谷――MLB指標

NEWSポストセブン / 2012年05月26日16時00分

以下同) 最下位:畠山和洋(ヤクルト)8.71 【二塁】 1位:井端弘和(中日)6.12 最下位:東出輝裕(広島)5.52 【三塁】 1位:森野将彦(中日)2.75 最下位:新井貴浩(阪神)2.33 【遊撃】 1位:坂本勇人(巨人)4.92 最下位:鳥谷敬(阪神)4.43 【左翼】 1位:スレッジ(横浜)1.82 最下位:金本知憲(阪神)1.13 【中堅】 [全文を読む]

フォーカス