新井貴浩 広島カープに関するニュース

広島カープ「新井貴浩記念メダル」を3月8日に限定発売!MVP・2,000本安打・県民栄誉賞受賞記念の純金・純銀メダル

@Press / 2017年03月08日11時00分

グローバル産業株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:東野行恭)は、広島東洋カープの新井貴浩選手のセ・リーグMVP、通算2,000本安打達成、広島県民栄誉賞受賞などの2016年の活躍と栄光・感動を心に深く刻む記念品として、純金・純銀の「新井貴浩記念メダル」を2017年3月8日(水)に発売します。 販売サイト: http://araimedal.com/ [全文を読む]

原爆の壊滅的な被害から復興を目指して作られた広島カープ! “強さ”以上に変わったこと、”カープ出身の選手たち”の貢献力とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月22日15時00分

本書には2016年のリーグ優勝を語るうえで欠かせない黒田博樹投手、新井貴浩選手の入団秘話やカープ復帰、大記録達成の裏のエピソード、カープを初優勝に導いた古葉竹識元監督や初優勝時に主砲として活躍し、前回優勝の1991年に監督を務めた山本浩二元監督が語る練習や采配などを掘り下げたマニアックかつ濃厚なカープ情報が満載だ。 特に、巨額の年俸を蹴ってメジャーリーグ [全文を読む]

なぜ今年カープは神っていたのか? 惜しくも日本一を逃すも、大躍進の原動力とは

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月02日06時30分

■『赤い心』新井貴浩 悩み抜いた広島復帰の決断、ファンやチームへの熱い想い。すべては優勝のために。 開幕戦、頭によぎった大ブーイング。でも僕を迎えてくれたのは、 球場全体に轟くファンの大歓声だった。鳥肌が立ち、足は震え、不覚にも涙がこぼれそうになった……。「優勝」。それだけが、この声に応える唯一の道だ。 8年ぶりに広島カープに復帰し、全力プレーでファンの [全文を読む]

サマンサタバサ×広島カープが夢のコラボ♡新井貴浩選手ら「照れますね」

Woman Insight / 2016年12月28日20時00分

12月27日19時より、サマンサタバサ 表参道GATES ポップアップデジタルストアにて、サマンサタバサと広島東洋カープが夢のコラボレーションをした、「Fashion×カープ」のコラボシリーズが発売開始されました! お店の外観が赤く染まります! それを記念して行われた、サマンサタバサ♥広島東洋「Fashion×カープ」スペシャルコラボ記念イベントに、今シー [全文を読む]

おめでとうございます! 広島カープ25年ぶりの優勝を喜ぶマンガ家や声優たちと、そのコメントをチェックしてみた

おたぽる / 2016年09月12日23時00分

1975年の初優勝、そして“新井さん”こと新井貴浩に触れたインタビューは、さすがしみじみとさせられる内容となっているぞ。アニメ関連クリエーターでは、アニメ『中二病でも恋がしたい』シリーズ、『ラブライブ!』シリーズではシリーズ構成&全話の脚本を担当した花田十輝も、10日は現地観戦していたようで、喜びのコメントをTwitter(@oitan125)で上げている [全文を読む]

広島カープ 新井&黒田「W名球会」で25年ぶり優勝じゃぁ~!(1)新井貴浩がチームにもたらしたもの

アサ芸プラス / 2016年07月04日05時56分

07年オフ、広島カープの黒田博樹(41)はドジャースへ、そして新井貴浩(39)は阪神へ、それぞれFAで移籍。そして両者はそろって15年にカープに復帰した。その年の4月11日、阪神戦。2人は復帰後初めて、同時にスタメンに名を連ねた。迫氏は「主砲論」でこう書いている。〈この試合からだったと思う。黒田がふんばれば、新井が応えるという不思議な関係が生まれた。試合 [全文を読む]

広島カープ 新井貴浩選手 2000安打記念DVD マツダスタジアムで先行発売!

PR TIMES / 2016年06月23日15時53分

株式会社GAORA(本社:大阪市北区、代表取締役社長:東 龍一郎)と株式会社中国放送(本社:広島市中区、代表取締役社長:畑矢 健治)は、6月25日(土)、26日(日)にマツダスタジアム(対阪神タイガース戦)にて、両社が共同で製作する2000安打記念DVD「カープ愛に包まれた男 新井貴浩 2000安打への軌跡」を、一般発売に先がけて先行販売いたします。 [画 [全文を読む]

広島・新井貴浩が江夏豊に語った2000本安打の裏側 「自分自身でも『あの俺がなぁ…』という感じで(笑)」

週プレNEWS / 2016年05月24日06時00分

人一倍の歓声と、時には罵声(ばせい)も浴びてきた新井貴浩氏が、かねて親交のある江夏豊氏に「ファン」と「恩人」への感謝の気持ちを打ち明けた! ■とにかく勝ち試合で達成したかった 江夏 まず、通算2000本安打達成、本当におめでとう。 新井 ありがとうございます。 江夏 現役のあなたにとってはもちろん「通過点」だろうだけど、投手の200勝、打者の2000本は [全文を読む]

祝!通算2000本安打達成! 広島東洋カープ 新井貴浩選手、自身の著書『赤い心』で語る!!

PR TIMES / 2016年04月27日16時33分

2000本安打を達成した広島東洋カープの新井貴浩選手。3月に発売となった自身の著書『赤い心』(発売:KADOKAWA)の中でチームへの想いや2000本安打について、そして「優勝」への道・・・すべてを語っています。「ただ、カープに復帰した時にも少し言われたが、この記録のために移籍したわけではないし、現役を続けているわけではない。優勝できるのであれば、記録を達 [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

ブーイングが起きたFA宣言から7年 広島復帰の新井貴浩をファン79.8%が歓迎

しらべぇ / 2014年11月15日15時00分

阪神タイガースを退団し広島カープに再入団を果たした新井貴浩選手(34)だ。 新井とカープファンの関係はまさに「愛憎」という言葉が相応しい。ドラフト6位入団だった新井はカープがまさに育て上げた選手で、打てない守れない時期もチームは我慢強く使い続け、やがて本塁打王を獲得するなど不動の4番にまでに成長した。 ところが一時は生涯広島を宣言した新井が2007年オフに [全文を読む]

37年ぶりV2の広島カープ、今年も勝てた理由 前田、黒田が去っても連覇できたのはなぜか

東洋経済オンライン / 2017年09月21日13時40分

40歳の新井貴浩に代わって4月11日の巨人戦(東京ドーム)から広島68代目の4番に座り、打率3割ちょうど、26本塁打、90打点をマークした。8月23日のDeNA戦(横浜)で右中間の飛球をジャンプして捕り、着地した際に右足首を痛めた。右脛骨内果剥離骨折、三角靱帯損傷で全治3カ月の重傷。その穴は32歳の松山竜平がしっかり埋めた。17試合4番に座り、62打数27 [全文を読む]

好調・広島ファンが抱える「FAトラウマ」 【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年07月17日06時35分

主なところでは03年に金本知憲、08年には新井貴浩がタテジマに袖を通した。 その一方で、FA権を行使して広島にやってきた選手はひとりもいない。広島ファンが「FA」の2文字に敏感になるのも無理はない。しかし、以前とは状況が変わりつつある。04年に63億円だった売上高は、新球場効果もあり15年には148億にまで伸びた。黒田に単年でポンと6億出した際には他球団を [全文を読む]

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

日刊大衆 / 2017年04月10日07時35分

「僕が4番でにらみをきかせていなかったら、ランディはあれだけ勝負してもらえなかった」 連覇を狙う広島の4番は、言うまでもなく昨季のMVP新井貴浩である。40歳になった今も意気軒高だ。「いずれは鈴木誠也を4番に」という声がチームにはある。 入団4年目の昨季、打率3割3分5厘、29本塁打、95打点と大ブレークした。しかし、4番はまだ早い。今季は5番という打順で [全文を読む]

広島、日ハムに見る「Vの条件」【二宮清純スポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年03月06日07時35分

俊足の選手だけでなく、ベテランの新井貴浩さんまで妥協しない」 では広島と日本ハムは、なぜ走る意識が高いのか。広島・緒方孝市、日本ハム・栗山英樹。監督が2人とも俊足の外野手だったことに起因してはいまいか。緒方は95年から3年連続で盗塁王に輝いた。栗山は主に控えだったが、代走で起用されるなど、足には光るものがあった。 野村克也の語録にこうある。「外野手出身監督 [全文を読む]

25年に1度の「神っている」最強カープを元監督2人が語る!テレビでは言えない徹底カープ分析。第二次黄金時代をカープコンビが切る!『広島カープの血脈』9/21発売!

PR TIMES / 2016年09月23日09時19分

新井貴浩選手、菊池涼介選手、丸佳浩選手、鈴木誠也選手、野村祐輔選手といった主力選手の分析をはじめ、緒方監督の采配まで細かく分析。この1冊で広島カープの“伝統”と“今”その全てがわかる!【目次】はじめに 野村謙二郎Part1 強いチームのつくりかた 第1章 監督~その理念とマネジメント 第2章 組織~「広島カープ」のつくりかた 第3章 戦略~優勝に向けての問 [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりブッちぎりV」神ってる全裏話(2)MVP争いは新井が一歩リード?

アサ芸プラス / 2016年09月17日17時56分

打点王確実の新井貴浩か、守備貢献も含めた菊池涼介か、「神ってる」の鈴木誠也か、はたまたエースとなった野村祐輔か。野村謙二郎前監督は菊池を推している。MVPは野球担当経験5年以上の記者による投票ですが、関西の記者票を集めているのが、元阪神の新井。トラ番記者たちがこぞって入れるみたいです。A 各社のトラ番記者は、新井の豹変ぶりに驚いているよ。B だって戦力外に [全文を読む]

祝・広島東洋カープリーグ優勝!ホットリンク、SNS上の「広島カープ」に関するクチコミ分析を発表

PR TIMES / 2016年09月12日13時32分

またこの日、新井貴浩内野手がプロ野球史上42人目となる300号本塁打に到達した記念の日でもありました。 [全文を読む]

【速報】広島カープが25年ぶりリーグ優勝!32年ぶりの日本一へ

しらべぇ / 2016年09月10日21時40分

そして大ベテランの新井貴浩が勝負強さをみせ、エルドレッドも高打率をマークした。走攻守すべてにおいて隙のない、かつての「広島野球」が復活したのだ。■メークドラマから20年後の歓喜今回の優勝をとくに感慨深く思っているのは、1996年のメークドラマを体験したカープファンだろう。当時野村謙二郎、緒方孝市、前田智徳、江藤智、金本知憲が揃った打線は「ビックレッドマシー [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりV」へのイケイケベンチ裏肉声!(2)ムードメーカーはキクマル

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時56分

キクマルは大ベテランの新井貴浩(39)にも容赦しません。シーズン中盤にはこんなこともあった。試合開始前のベンチで菊池が『新井さん、いつもオイシイところで打ったあとの“ドヤ顔”がすごいですよね』と言うと、すかさず丸も『そうそう!』。これに新井が『やかましいわ!!』とキレるフリをしたのですが、すぐに『こんな顔か?』と言ってスイングしながら“ドヤ顔”をその場で実 [全文を読む]

フォーカス