子役 鈴木福に関するニュース

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

この作品には、かつて"子ども店長"として一世を風靡した加藤清史郎くんも出演するほか"子役オールスター"と銘打ち4兄弟の共演が話題になっています。 さて、芦田愛菜さんの活躍で子役ブームが巻き起こったのが2011年頃。鈴木福くん、谷花音さん、小林星蘭さん、本田望結さんら次々と人気子役が登場しました。 それから約5年。上記の5人はいずれも小学6年生になりましたが [全文を読む]

プレゼントは福くんのパンツ?鈴木福バスツアーがカオスと話題

しらべぇ / 2017年04月06日16時00分

(画像は1周回って知らない話公式サイトからのスクリーンショット)りゅうちぇるの結婚観や相撲界の常識など、視聴者が感じた疑問を当事者にぶつけていくなか、子役業界の疑問に芸歴11年の人気子役・鈴木福(12)が回答。お小遣い、進学、日常など子役事情を語った福くん。なかでも、小学校卒業に合わせて開催された「鈴木福ファンツアー」に視聴者は困惑している。■鈴木福ファン [全文を読む]

『直虎』新井美羽、 『日暮旅人』住田萌乃、『下克上受験』 山田美紅羽… 1月ドラマは美少女子役が大豊作!

日本タレント名鑑 / 2017年01月31日10時35分

1月スタートのドラマでは、この新井さんをはじめ、美少女子役がキーパーソンとしてフィーチャーされるドラマが目立ちます。 『直虎』での弾けるような笑顔ではやくも国民のアイドル!?『直虎』のおとわ役で注目の新井美羽さん。2010年ごろから活動を開始し、これまでドラマを中心に、子役として『医龍4』、『HERO』、『マネーの天使』、『家政婦のミタゾノ』などの人気ド [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

人気子役の大橋のぞみ(12)が、3月いっぱいで引退することが明らかになったが、彼女はどうして芸能界を去る決断をしたのか? その背景には、子役ブームの光と影が…。 「昨年秋ごろから本人を交えて、両親、事務所が何度も話し合いを重ねてきたようです。その結果、出た結論が今回の引退だった。4月に中学校に入学するこのタイミングで、学業に専念すると決めたそうです」(スポ [全文を読む]

鈴木福君は劣化する!? 人気子役たちの末路が2パターンに分かれる理由とは?

tocana / 2013年12月29日21時00分

アメリカの超がつく人気子役の今をみると、子役の末路には2つのパターンがあるようだ。 1つ目は、『ホーム・アローン』に10歳の時に出演したマコーレー・カルキンのパターン。 14歳でギャラは6億円と言われ、そのギャラを巡って両親が対立してしまう。これは、よくあることのようで『ワイドナショー』(フジテレビ)でも、「家族のうちから1人、物凄く稼ぐのが出てくると、仕 [全文を読む]

芦田愛菜 ライバル子役をみずから“共演NG”に指定した!「大人にも『芦田さんと呼ぶように』と強制」

アサ芸プラス / 2012年07月19日11時00分

子役人気を独り占めする芦田愛菜ちゃん(8)。向かうところ敵なしの子役女王がまさかの強権行使で物議を醸しているという。 * 7月ドラマ「ビューティフルレイン」(フジテレビ系)では、2人家族の父親が若年性アルツハイマーの病魔に冒されてしまう幼い娘役で、涙が枯渇しそうと話題を呼んでいる。 愛菜ちゃんの異常人気について芸能デスクが語る。 「今回のドラマで愛菜ちゃん [全文を読む]

わが子を芦田愛菜ちゃんみたいな人気子役にするには、どうすればいい?

週プレNEWS / 2012年04月24日15時00分

ポニョの大橋のぞみちゃん、“こども店長”の加藤清史郎くん、マルモリコンビの鈴木福くんと芦田愛菜(まな)ちゃん、そして『家政婦のミタ』の本田望結(みゆ)ちゃんと、まだまだ終わらない「子役」ブーム。若いお父さん、お母さんのなかには、「自分の子供も人気子役に!」と夢見ている人も多いはず。 でも、いったい何から始めればいいの? 福くんや望結ちゃんなど天才子役を輩出 [全文を読む]

子役ブーム終焉!? 芦田愛菜と本田望結の視聴率対決が、お粗末な結果に

サイゾーウーマン / 2012年09月30日13時00分

なぜなら、前者は芦田愛菜、後者は本田望結が出演し、共演NGもウワサされる子役対決が話題となったからだ。しかしフタを開けてみれば、それぞれの平均視聴率は『ビューティフルレイン』10.14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『サマーレスキュー』10.05%と、ギリギリ2桁という盛り上がらない結果に終わった。 2人はほんの数カ月前まで、“視聴率の神様”的 [全文を読む]

「美人ママたちの枕営業は当たり前」子役ブームの危ないウラ側

メンズサイゾー / 2012年05月09日20時00分

芦田愛菜ちゃん(7)や鈴木福くん(7)に代表される子役たちの活躍が目覚ましい。なかでも愛菜ちゃんは別格で、ブレークのきっかけになったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の頃は「1本20~30万円」(テレビ関係者)だったギャラも、今では10倍以上に高騰。大手企業10数社と契約しているCMも、一社あたりの契約金は数千万円にまで跳ね上がっており、今年の推定年 [全文を読む]

イケメンに成長した加藤清史郎くん、濱田龍臣くんが話題に!気になる人気子役たちの「その後」

日本タレント名鑑 / 2016年05月26日12時55分

ここでは、以前一世を風靡していた子役たちの近況を探ります。 久しぶりの連ドラ出演で“こども店長”時代とのギャップで驚かせた加藤くん加藤くんは現在14歳。2009年、大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続の幼少期を演じ一躍注目され。“こども店長”のCMで一世を風靡したあとも、映画『忍たま乱太郎』シリーズで主演するなど俳優として活躍しました。小学校を卒業する時 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山里亮太が驚いた、天才子役のテクニック。「食レポで醤油を指さし…」「同じ場面を再現」

TechinsightJapan / 2015年03月13日21時25分

芦田愛菜ちゃん、鈴木福君…昨今ドラマやCMで活躍する“天才子役”たちの演技力は驚くべきものである。時として大人にも勝るほどの実力を見せる彼らだが、その技術はバラエティでも輝きを放つようだ。今人気の子役2人と旅ロケをしたという南海キャンディーズ・山里亮太が、その驚愕のテクニックについて語った。 3月10日に放送されたTBSラジオ『たまむすび』のオープニングト [全文を読む]

芦田愛菜、鈴木福は1億超え!? てんちむ「年収500万円」発言に見る、子役界“年収格差”事情

日刊サイゾー / 2014年08月11日11時00分

モデルで女優の「てんちむ」こと、橋本甜歌がテレビ番組内で子役時代の年収を暴露した。6日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、かつて『天才てれびくんMAX』(NHK教育)で活躍した元人気子役のてんちむは、子役時代の年収を「500万とか、そのぐらいしかもらえなかった」と明かしたのに対し、司会のSMAP・中居正広は「いやいやいや。“しか”じゃない、全然!」と、 [全文を読む]

元人気子役 芦田愛菜・鈴木福に「TVにいくら映っても…」

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

「ケンちゃん」として絶大なる人気を誇った元子役の宮脇健氏(51)。現在は芦田愛菜や鈴木福といった子役が人気だが、子役の先輩としてどんなアドバイスをするのか。宮脇氏に話を聞いた。 * * * 子役時代は、何でも手に入れることができましたよ。平気で50万、100万の買い物をしちゃってね。車はムスタングを買いました。免許がないから運転手付きです。大人買いといえば [全文を読む]

鈴木福の特上カルビ注文に「子どもをディスるな!」との声が飛んだワケ

アサジョ / 2017年05月31日18時15分

中学生になった子役の鈴木福が豪華な焼肉にテンションあがりまくり! 5月29日放送の「有吉ゼミ 2時間SP」(日本テレビ系)にて、福くんの食事風景が映された。 焼肉店に入った福くんは特上カルビと特上ハラミをオーダー。これには妹で子役の夢ちゃんも「遠慮とかをあまりしなくて、いいお肉を選びすぎなんですよ」と苦言を呈していた。ここで番組側は「福くんは着実に大物芸能 [全文を読む]

「あざとさすら演技」「唯一無二」寺田心は「名子役か迷子役か」を100名に大調査!

サイゾーウーマン / 2016年03月05日16時00分

古くは『パパと呼ばないで』(日本テレビ系)の杉田かおるや『おしん』(NHK)の小林綾子、『家なき子』(日本テレビ系)の安達祐実、近年では『マルモのおきて』(フジテレビ系)の芦田愛菜&鈴木福など、高視聴率をマークしたドラマで、主演ないしは主演に準ずる子役たちは“天才子役”と称されてきた。 現在、天才子役とメディアに持てはやされている子役といえば、平均視聴率1 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子、福くん愛菜ちゃんと並んでも「顔ちっさい」

TechinsightJapan / 2015年11月18日13時25分

映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』のスペシャルイベントが11月17日に開催され、吹替えでチャーリー・ブラウン役の鈴木福やチャーリー・ブラウンが恋する赤毛の女の子役の芦田愛菜も登壇した。前田敦子がその時のオフショットを『前田敦子(Atsuko_100)ツイッター』に投稿。「可愛いみんなにスヌーピーに癒されたー」と嬉し泣きの [全文を読む]

美少女化が進む芦田愛菜は、すでに安達祐実を超えている? 将来は日本を捨て、ハリウッドで活躍か

おたぽる / 2015年10月20日09時00分

人気子役の芦田愛菜と鈴木福が13日、映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』公開アフレコイベントに出席。同席した人気お笑い芸人・ピスタチオの白目ネタを披露するなど、会場を大いに沸かせたのだが、それ以上に話題になったのが2人の成長ぶり。「2人とも、ブレークした頃に比べると、かなり身長が伸びたな」「この2人は間違いなく、成長してから [全文を読む]

礼儀正しすぎる子役は異常か? 伊集院光ラジオで「イラッとした」発言が孕む“子供かくあるべし”論の矛盾

messy / 2015年10月03日12時00分

子役タレントはCMや映画、ドラマがきっかけで大ブレイクし、瞬間的に消費されまくるが、“子どもであること”が最大の売りであるためか、成長を遂げるにつれ、人気や露出もゆるやかに減っていく傾向にある。 古くは昭和、アジア全域の人々を涙させたという大ヒットドラマ『おしん』の小林綾子(43)や、70~80年代に天才子役と呼ばれた坂上忍(48)など、子役出身の役者は少 [全文を読む]

さくらまや「別人になった」と視聴者あ然! 子役ビジネスのシビアなウラ側

サイゾーウーマン / 2013年11月05日09時00分

2011年頃から火が付いた“子役ブーム”も、近年では確実に下火になっている。 「最近でも、NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演した鈴木梨央といった実力派は活躍していますが、やはり芦田愛菜と鈴木福の“マルモリ”から始まったブームの勢いは、完全に消えてしまいました。現在芦田は露出を控えていて、映画やCMといった仕事以外は一切受けない状態に。また鈴木も現在『夫の [全文を読む]

究極のライバル対決「生き残るのはどっち」だ(2) 子役「マルモリ」芦田愛菜×「家政婦のミタ」本田望結

アサ芸プラス / 2012年01月15日11時00分

子役と呼ぶのは失礼ですね。もうプロの女優さんです。いろいろ勉強になりました。ありがとうございました」 昨年12月、アニメ映画の記者会見で、共演した18歳も年下の小学1年生に頭をペコリと下げたのは北川景子(25)だった。 ワイドショースタッフが言う。 「あの愛くるしさで演技も歌も抜群、それに加えて周囲のスタッフへの気遣いも大人以上にできるんですから並の子 [全文を読む]

フォーカス